それだけじゃダメ!換金業者に期待するべき3つの項目と実践テクニック

換金業者の基準

換金率の高さ、手数料の安さ、現金化までの早さ

クレジットカードの現金化には、優良店を見つけ出し、より高い換金率で現金化してくれることを重要視しなければなりません。

何においても同じことが言えますが、「最初の一歩」というのは、誰しも期待と不安で胸が高鳴るものです。

クレジットカードの現金化も1度無事成功したならば、2回目以降は比較的スムーズに手続き出来るはずです。

最初に現金化した業者を引き続き利用するのも良し、新たな業者を開拓するのも良しといった具合に選択肢も膨んで行くことでしょう。

なので、2回目以降の利用となれば、ユーザーとしてもある程度の慣れも出てきて、平常心でより良い取引が出来そうです。

では、2回目以降の取引がスムーズに運ぶ具体的な説明をします。

最初にクレジットカードを現金化したサイトには、登録した時の情報が残っているので、2回目以降の取引もスムーズに進むといえます。

なかには「最短即日5分でお振込み!」などといった、クイックな現金化をうたい文句にしている業者もありますが、これは当然の事ながら、一度個人情報を登録したサイトならばそれらの手間が省けるので、即日に振り込んでくれる場合もあるという事です。

換金率に関しても、クレジットカードの現金化にはとても重要なことではありますが、その他の手数料などの関係で、実質的な換金率はそれほどでもなかったということにもなりかねませんので、ユーザーサイドも常日頃から、カード換金業者のサイトを定期的にのぞいてみる習慣をつけて、しっかりとした情報と知識を得る努力をしましょう。

カード換金業者といえども、ライバル店との激しい競争に勝ち抜かなければならないので、新たなサービスを提供するなど、ユーザーにとっては、さらに利用しやすくなる可能性もあるといえます。

ユーザーにとって換金業者に期待することは、換金率の高さや、手数料の安さ、または現金化までのスピーディーさです。

これらの情報を正確にキャッチするために、換金業者のランキングや口コミ情報を大いに活用しましょう。

ユーザーは出来る限り高く買い取ってもらいたいし、逆に換金業者は利ざやを少しでも多く稼ぎたいという、お互いの期待が交錯しているので、換金率98パーセントなどという極端に換金率が高い業者は何か裏があると疑ってかかる必要もあります。

早く現金を調達したいという過度の期待から、冷静な判断が出来ずに、思惑はずれの取引をしないよう、普段から換金業者の情報をチェックしておきましょう。

クレジットカードを短時間で現金化する為の事前準備のテクニック

短時間テクニック
クレジットカード現金化のサイトを見ていると、「即日即金!」や、「5分以内にお振込み!」などというキーワードが盛んに踊っています。

このように、クレジットカード換金業者は各社競い合って、いかに振り込みまでの時間を短縮できるかというポイントで、自社の優位性をユーザーに強調しているのです。

クレジットカードの現金化というのは、仕組みからして、消費者金融などと同じ金融会社から現金をキャッシングするのによく似ています。

クレジットカードのショッピング機能を利用して、それを業者に換金してもらい、その商品の元値の8割程度のお金を受け取るわけなので、最初に利息を払っていると考えれば良いでしょう。

「今すぐにお金を借りたい!」、または「早急に現金化したい!」という人は一刻一秒を争うほど、切羽詰った状況に追い込まれている可能性が考えられます。

銀行は基本的に、朝の9時から午後の3時までが営業時間なので、「それまでに入金しなければならない!」と、時間に追われている人が現実問題としてたくさんいるからです。

実際クレジットカードを現金化して、今日中に指定銀行口座に入金してもらいたいと思うならば、逆算して午後3時までにすべての手続きを終えなければなりません。

ただし、クレジットカード換金業者のサイトのうたい文句である「5分以内にお振込み!」なるキャッチフレーズが利用可能なのは、その業者で2回目以降の取引であることが前提となります。

最初の利用では、個人情報の登録や審査があるので、どうしても時間を要してしまい、なかなか即日振込みとはならない可能性があるのです。

カード換金業者としても、商品を現金化して渡す相手が「信用に値する」と判断して初めて、即日振り込みも可能となるのを理解しておかなければなりません。

一般の銀行に対して、時間に対する圧倒的優位性を持っているのが、店舗を持たない、インターネットバンクと呼ばれるものです。

ここでいうところのインターネットバンクというのは、都市銀行や地方銀行がネットで入出金できるようなサービスを行うものではなく、インターネット上にしか存在しない、完全なネットのみで運営している銀行という意味です。

クレジットカード換金業者は、このネットバンクを通じて取引をしてきます。

なので、クレジットカード換金業者が通常使用しているのと同じネットバンクに口座を作ることが、即日に現金化して振り込んでもらえる前提条件となるわけです。

換金業者を利用した際のキャッシュバックに対する注意すべき点とは?

キャッシュバック注意
ここでは、クレジットカード現金化に際する注意すべき点を考えます。

クレジットカードのショッピング枠を利用しての現金化は、非常にスピーディーに資金が調達できて便利なものです。

2回目以降の取引となると、要領も徐々に得てきて、より機敏に取引を行うことが可能となります。

しかし、時と場合により、クレジットカードの使用をカード会社から停止されてしまうというケースもあるので十分注意しなければなりません。

これはいったい何故なのでしょうか。

クレジットカードとはあくまでも、ショッピングをするために発行、使用されるものです。

時に現金を借りるために利用することもありますが、それはクレジットカードのキャッシング機能を利用することが前提となります。

なので、クレジットカードのショッピング機能を使って現金化することは、そもそも禁止されているのです。

ただし、最近のクレジットカードの現金化というのは、なにもクレジットカードで買い物をしたものを、自分の足でわざわざ金券ショップなどに売りに行けと薦められるものではありません。

インターネットに広告を上げているクレジットカード換金業者のほとんどは、クレジットカードのキャッシュバックシステムを利用して、現金化を行っているからなのです。

クレジットカード現金化には、買い取り式とキャッシュバック式が存在します。

買い取り式はシンプルで、カードでショッピングしたものを買い取ってもらうのですが、キャッシュバック式は換金業者指定の商品をショッピングして、その商品をキャッシュバックした形で現金を受け取ります。

ネットショッピングなので、当然商品は後日届くことになりますが、それは次回のカードの決済日の時点で、銀行口座にお金があれば、自動的に引き落とされるので、それで問題はなくなります。

ただし、クレジットカード会社としては、常に不正使用がないかと買い物履歴はチェックしているといわれています。

それまで、高額なショッピングなどしたことがなかった人が突然頻繁にブランド物を買い出すと、当然カード会社は「不正使用ではないか?」と疑いの目を向けるのも無理もありません。

クレジットカードの現金化はとても便利ではありますが、早急に現金がいる場合の「その場しのぎ」の手法とも言えるので、あまり頻繁に行うと資金ショートになってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

CMではありませんが、「ご利用は計画的に」ということを肝に銘じた、クレジットカードの活用を忘れないことが大切です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする