クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

クレジットカードの現金化は新宿で行う必要性があるのか

新宿で現金化

「新宿」と言えば東京でも屈指の繁華街を持つことで知られています。

毎日数え切れないほどの人が行き交うこの町では、飲食店を始めとするサービス業の店舗に加えて、金融関連のオフィスや事務所も数多く営業しており、その中にはクレジットカード現金化を手掛ける業者もあります。


では、新宿でクレジットカード現金化業者を探す時に覚えておきたいポイントを整理しておきましょう。


1つ目は「新宿の現金化業者は玉石混交である」という点です。

新宿には非常に多くのクレジットカード現金化業者が存在しており、その中には非常に評判が良い業者もあれば、「悪質な業者」という悪評が立っている業者もたくさんあります。

特に、新宿で営業している業者の中には、以前ヤミ金をしていたというケースが多く見られています。

こうした業者は、「現金がなくて困っている」という人の弱みに付け込んで、できるだけ多くの手数料を徴収しようとしており、換金率がわずか50%から60%程度という事例も報告されています。


また、現金化業者から「お金がないなら、貸してくれる人を紹介しますよ」と言われて、ヤミ金業者のオフィスに連れて行かれそうになった、というケースも少なからず見られています。

ですから、「新宿でクレジットカード現金化業者を利用するのはかなりリスクが高い行為である」ということを覚えておきましょう。


2つ目のポイントは「店舗型は換金率が低いことが多い」という点です。

新宿は都内でも有数の繁華街ですから、そこに現金化業者が事務所やオフィスを構えるとなると、相当の維持費がかかります。

それを捻出するためには、利用者1人1人から徴収する手数料の割合を引き上げるしかありません。

そのため、新宿の店舗型現金化業者が提示する換金率は、他の規模がより小さい町で営業をしている店舗型の現金化業者と比べると、総じて低いと言われています。

ですから、「新宿で換金率の良いクレジットカード現金化を見つけたい」と考えているのであれば、実店舗を持って営業している業者を探すよりも、インターネットサイトのみで営業を行なっている業者を集中的に検索することをおすすめします。


インターネット店舗の業者は、維持費や人件費など業務運営にかかるコストをできるだけ抑えて、その分換金率を上げることで集客を図っています。

そのため、お得にクレジットカードを現金化できる可能性が非常に高い、ということを覚えておきましょう。

新宿の店舗型クレジットカード現金化業者は多くあるが優良の割合は?

新宿の店舗型優良店

新宿は東京だけでなく日本全体の経済にも大きな影響を持つエリアとして認知されています。

毎日300万人以上が行き交う新宿駅周辺には金融業者が数多く軒を連ねており、その中には消費者金融やクレジットカード現金化業者のオフィスもあります。


では、「新宿のクレジットカード現金化業者は優良なのか」という点をご一緒に調べてみましょう。


新宿で店舗を構えている現金化業者は「総じて支払いが遅い」という特徴があります。

インターネット経由の現金化業者はネットバンクを介して支払いをしているため、早ければ30分以内に振込までの作業が完了します。


一方、昔ながらの方式でクレジットカード現金化をしている業者は、お客のことを気にせずのんびりと作業することが多いようです。

持ち込まれたギフト券のチェックや手数料の算出などでかなりの時間がかかります。

中には、受付の前で2時間近く待たされたというケースも報告されています。


「急いで頂けませんか」というと、「換金率が下がってもよいならすぐお支払いします」という返事を受けた人もいるほどです。

ですから、実店舗で現金化をする際にはある程度時間に余裕を持っておくと良いでしょう。


もう1つの特徴は「手数料が高い」という点です。

広告では「85%以上保証」「90%で換金可能」などといった表現を用いているため、インターネット店舗で現金化をしている業者とそれほど差異がないように思えます。

とはいえ、実際に現金化の手続きを始めてみると、額面上は85%で換金をしたとしても、そこから「買い取り手数料」や「事務手数料」などが引かれるので、実質は80%以下になってしまうというケースが多々あります。


ひどいケースになると、窓口で現金を手渡ししているにも関わらず、「振込手数料」を請求されることがあるのです。

こうした業者の大半は、受付に強面の男性を配置してプレッシャーをかけることで、手数料の高さに納得できない場合でも手続きをキャンセルしにくいような状況を作り出しています。

ですから、入店してすぐに「雰囲気があまり良くない」と感じたなら、説明だけを受けてその場を立ち去るのが賢明でしょう。


こうした点を考えると、新宿で実店舗を構えてクレジットカードの現金化を行なっている業者はあまり優良店とよべる業者は少ない、といった感じでしょうか。

確実に現金化ができて、納得できない時にキャンセルしやすい業者を見つけたいなら、インターネット店舗で営業を行なっている現金化業者がおすすめです。

新宿でクレジットカード現金化をするなら店舗型?インターネット?

店舗型かインターネット型か

経済規模の大きさに加えて公共の交通網が非常に発達していることから副都心という名称でも呼ばれている新宿では、多数の「クレジットカード現金化業者」が営業しています。

以前は、「クレジットカード現金化業者」と言えば、街角にある小さな事務所でサービスを提供している、というのが一般的でした。

とはいえ、最近では実店舗を持たない「インターネット店舗」の業者も増えてきています。


では、新宿で現金化をしたいと思う場合、どちらの方がよりメリットが多いかについて検証してみましょう。


店舗型を選ぶメリットは「顔を見ながら手続きができる」という点が挙げられます。

「どのような商品を購入すると換金率が良いのか」「どこで購入すれば良いのか」といった点を詳しく教えてもらうことができるので、初めてクレジットカード現金化を利用するという人にとってはとても分かりやすいことでしょう。

不明な点があれば逐一その場で担当者に確認することが可能、というのも店舗型のメリットです。


加えて、新宿で長年営業している店舗であれば、地元ならではの安心感があるという利点も挙げられるでしょう。

一方で、「担当者の顔を見てしまうと断りにくくなる」というデメリットもあります。

換金率などにそれほど納得していない場合でも、「ここまで教えてもらったから」という理由で最後まで手続きをしてしまう、という人は少なくありません。

ですから、「ノーというのが苦手」という人は、店舗型を利用しない方が無難です。


インターネットサイトで受付をしている現金化業者を選ぶメリットは「対応の早さ」です。

本人確認書類の送付や、クレジットカード番号の確認などの手続きはすべてマニュアル化されているので、指示された通りに進めていけば比較的短時間で申し込みは完了します。

購入金額の一部をキャッシュバックとして金融機関の口座へ振り込む方式なので、利用者は振込が完了するまで家から出る必要がまったくありません。


店舗型の場合は申し込み者本人が特定のお店や駅などへ行って購入手続きをする必要がありますから、それと比較するとインターネットを介した現金化はとても簡単である、ということができるでしょう。

夜間や祝祭日にお金が緊急に必要になったという場合でも、迅速に対応してもらうことが可能です。


ただし、直接現金を手渡しで受け取ることはできないので、金融機関などへ行って「引き出し」をする必要があります。

とはいえ、新宿にはコンビニATMが各所にありますから、引き出しにかかる手間をデメリットと感じることはほとんどないでしょう。

クレジットカードの現金化に男性ならではお得なメリットはあるのか

新宿なら男性にもメリット

クレジットカードの現金化は、男性でも女性でも性別を問わず誰もが利用できるサービスです。

したがって、男性だからという理由で、特別メリットやデメリットがあるわけではありませんが、利用するにあたっての心理的ハードルや、現金化業者の用意するプランなどの面で、男性か女性かによって違いがある部分も少しはあるというふうに言うことはできるでしょう。


男性の場合、お金を借りに行くことに対する心理的ハードルは女性に比べて低い傾向にあります。

親せきや友人からお金を借りられない場合でも、「消費者金融から借りればいいか」と気軽に考えることができると言ってもよいでしょう。


女性の場合、消費者金融の門をくぐることに非常に抵抗を覚えるという人が多いですし、主婦などの場合、勇気をもって門を叩いても、借入の厳しい現在では貸してもらえない場合もあります。

男性であればそんな心配はあまりないので、クレジットカードの現金化という消費者金融よりも聞き慣れないサービスについて知った場合、女性より気軽に利用しようと思える人が多いのではないでしょうか。


クレジットカードの現金化は、最近ではだいぶ浸透してきたイメージがありますが、社会的にネガティブなイメージがあることも否めず、闇金のような怖いところだと思っている人も多いようです。

しかし、実際はどの業者も接遇には気を使っており、いきなり怖いお兄さんが出てくるというようなことはありません。

ですから、実際は男性でも女性でも気軽に利用できるという意味では性差はないということになります。


クレジットカードの現金化は、男性にとっては、むしろお得に利用できる機会が女性より少ないという意味で、特有のデメリットがあるということは言えるかもしれません。

現金化業者の多くは、女性の顧客を増やすためさまざまなサービスを展開しています。

上に書いたように、お金を借りることの心理的ハードルは女性の方が高いので、各業者はもっと気軽に女性に利用してもらうために、換金率が男性より高い女性専用プランを設けるようなところも多いです。

また、女性なら1万円の少額から利用可能など、さまざまな優遇措置があります。

男性だから不利益を被るということはありませんが、女性の方がさらにお得にクレジットカードを現金化できる機会が多いとは言えそうです。


ただ、なかには男性の利用者がお得になるようにメンズプランを用意しているような業者もあります。

各現金化業者のサービス内容をじっくり検討すれば、男性のメリットが多い業者を見つけることも不可能ではありません。

 

現金化業者が女性や個人事業主を優遇する理由とは

優遇がある理由

基本的には手数料、換金率を比較した上で現金化業者を選ぶのですが、業者によってはもう1つチェックしたいポイントがあります。

これは新宿に限った事ではないのですが現金化業者の数は多く、それぞれが集客のために差別化を図っており、そのためか特定の条件に当てはまっていると優遇措置を受けられるケースがあるのです。


代表的な優遇措置は女性に対するもので、レディースプランが用意されているところも珍しくはありません。

また、法人カードを持っている個人事業主への優遇措置もあり、このような優遇措置が受けられるかどうかも重要なポイントです。


どうして特定の性別、職業の優遇措置を実施しているかというと、それはお金に困りやすい傾向があるからです。

働いている女性でもお金に困っている人は多いですが、それ以上に専業主婦を意識しています。


かつて消費者金融による被害が社会問題化して、貸金業法改正による2010年から総量規制が施行されました。

貸金業者が融資する場合、年収の1/3以内に収める必要があり、たとえ配偶者が稼いでいても収入がない専業主婦は消費者金融を利用できなくなっています。

しかし、専業主婦であってもクレジットカードを持っているなら、現金化を利用してショッピング枠をお金に替えられます。

お金を借りるのが難しくなった専業主婦に利用してもらいたい、そのような意図で女性に対する優遇措置があるのです。


個人事業主も基本的な理屈は専業主婦と一緒で、「普通に働いている人」つまりサラリーマンと比べるとお金を借りるのが難しくなります。

給与の支払いが約束されているサラリーマンと違って、個人事業主の場合は収入が安定しておらず、貸し倒れのリスクも高いと評価されます。

無名の芸能人だとクレジットカードを持てないなんて話もあるように、安定したサラリーマンほど金融業界では高く評価されるのです。


しかし、個人事業主でも個人のクレジットカード、法人カードを持っている人は多く、現金化業者が優遇措置を実施しています。

このような優遇措置があるので、現金化を考えているなら優遇措置の有無について調べるのがよいでしょう。


ただ、優遇措置があるからその業者を利用すると決めるのではなく、優遇措置ありで最終的な換金率はどうなるのかを見るのが重要です。

よくよく調べてみれば優遇措置がない業者の方が換金率が高かった、このようなケースも多くあります。

優遇措置があると聞くとつい利用したくなるものですが、すぐに飛びつかずに冷静に判断をしましょう。

 
お役立ち特集

↑ PAGE TOP