マスターカードの現金化に関する情報を信用したらひどい結末になる

マスターカードの利用なら成功率が高い

ネットの広告で頻繁に目にするのが、クレジットカード現金化を専門としているサイトの紹介ですよね。

2010年に貸金業法が改正されて以降、消費者金融をはじめとするノンバンク系金融機関が貸出審査のハードルを上げざるを得なくなり、利用者も以前のように簡単にキャッシングができない状況になりましたよね。

そんな中で人気を集め始めたのがクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化です。

現在利用されているクレジットカードの種類はたくさんありますが、現金化で利用しやすいのが国際ブランドのカードですね。私も先日、手持ちのマスターカード(楽天カード)で現金化をしてみましたよ。キャッシュバック式の現金化サイトで、現金91000円が振り込まれてきましたよ。現金化に便利な世界的ブランドとしては、やはりVISAかマスターカードがありますよね。私がマスターカードを利用しているのは審査が通りやすかったからで、一般的にも現金化の成功率が高いとも言われているんですよね。

マスターカードはアメリカのカード会社です。自社ブランドのカード以外に、他の金融機関のカードにクレジット機能を追加させる目的で採用されるのが一般的ですね。他にも国産ブランドのJCBやアメリカ大手のアメックスがありますが、実はこの2社は現金化に厳しいことでも有名で、現金化業者も敬遠する傾向にありますね。その為にクレジットカード現金化では、ほぼVISAかMasterCardが利用されているんですよね。

マスターカードの強みは、先ほども触れた通りに対応している商品・サービスの範囲が非常に広いことですね。特に換金率の高い商品では利便性が高いんですよね。現金化には専門業者を通して行うか、自分で換金率の高いブランドバックや宝飾品やレアグッズなどを購入し、ネットオークションや買取専門店で現金化する方法もありますよね。JCBとアメックスでは、換金率の高い商品購入が連続した場合にすばやく取引停止を掛けてきます。でもマスターカードはその点で寛容だと言えるでしょう。また最近の情報をざっと見ましても、マスターカードはネット上の現金化サイトでも人気が高いとされていますね。

そして先ほど言いましたように、マスターカードは審査に通りやすい傾向にあると言われていますよ。VISAやアメックスで審査落ちした方でもマスターカードを発行してもらったなんて話をよく聞きますね。それは提携している金融会社の審査で差が出るみたいですね。アコムACマスターカードのように、スピード審査の消費者金融などからのカード取得が可能だからかもしれませんね。

マスターカードが実施しているペナルティへの対応とは?

国際クレジットカードといえば、やはりマスターカード(MasterCard)かVISAカードが有名ですよね。国内の金融機関が発行するカードのクレジットブランドは、大概この2つのうちのどちらかが付いているでしょう。他にもジャパンブランドのJCBや米国大手のアメックスなども人気が高いのですが、これらの中でクレジットカード現金化の利便性が高いのが、実はマスターカードだと言われていますね。

具体的にJCBやアメックスでは、換金率の高い商品を定期的に購入しているユーザーを追跡調査していて、現金化をしていると疑われる取引を一時的に停止する措置を取っているんですよね。例えば日頃から庶民的なカード利用をしている方が、急にヴィトンのバッグやシャネルの香水などを購入し始めたとしますね。普段の利用履歴からすると変化が大きいと判断された場合、クレジット会社によってチェックが入ります。そこに現金化の匂いがすれば、安全策として高換金率の商品のクレジット購入を拒否する訳なんです。私の場合も高級ブランド品など買ったことがないため、買取店や質屋などで現金化を試したことがありませんね。専ら現金化サイトを利用していますが、今までチェックを受けた事はありませんね。

そもそもクレジットカードの現金化は、利用者の立場からすると違法性を追求されないのが現行の法律です。つまり購入したモノは、実質的に個人所有とみなされるからなんです。借金返済が終わらないうちはクレジット会社の所有という建前はありますが、それを主張するクレジット会社はありません。マイカーや住宅でもない限りは、返済が終わっていない購入品を捨てようと他人にプレゼントしようと、買取に出そうと犯罪行為とは見なされないのが現状なんですよね。

ですが、これをやられるとクレジット会社は面白くありませんね。キャッシングのニーズが減少する可能性もありますし、返済能力を超える買い物に対して不良債権化のリスクも生じるでしょう。それでクレジット会社の多くが現金化を防止しようと、現金化を禁止する条文を設けている訳なんですよね。罰則は利用停止処分です。現金化を行う方はこの事も知っておくと良いでしょう。

つまり現金化は両刃の剣で、場合によっては頼りにしているカードが使えなくなるリスクがあるということです。マスターカードではそのリスクがちょっと低いということで、比較的クレジット現金化に利用する方が多いんですよね。今のところは、現金化を目的とした利用についてあまりうるさく言わないという感じですね。

アコムACマスターカードは現金化カードに有利!

クレジットカード現金化を利用する方には、既にキャッシング枠がマックスになってしまったケースが多いですよね。私も他にお金を借りる手段が見つからない場合に、つい現金化を利用してしまいますね。消費者金融に走るよりも気軽ですし、支払いはショッピング枠利用の通りですから安心感もありますね。

ただし、一つ押さえておきたいことがありますね。現金化は場合によってはキャッシングよりもお得なケースがありますが、一般的には換金率が80~90%とあまりお得ではありません。実際に1万円の商品を現金化しても、手にできる現金は8~9000円になってしまうということなんですよね。年間利息に換算すると12~25%に相当しますし、キャッシングの利息も数%ついてきますので、普通のキャッシングよりも割高になります。またグレーゾーン利用ということで、クレジットカード自体が利用停止になるリスクもはらんでいるとあれば、話はそれほど簡単ではなくなるでしょうね。

そこで現金化専用のカードを持っておくと良いかもしれませんね。クレジットの国際ブランドはマスターカード(MasterCard)かVISAカードが利用範囲が広いのでお勧めですね。私もマスターカード系のクレジットカードを現金化に利用していますよ。それは、マスターカードが現金化に関して他のクレジットカードよりも対応が緩いとされていて成功率も高いんですよね。

最近人気があるのがアコムACマスターカードで、利便性が良く審査も比較的に通りやすいというメリットがありますね。アコムは大手の消費者金融で、カードを作るのに時間が掛かりません。しかも審査内容がシンプルなため、銀行系のカードよりも手軽に作れてしまいますね。収入面でもハードルが低く、女性のアルバイトの方でもOKになるケースがあると言いますからね。またカードの受け取りが店舗でできるし、利用明細のメールも自宅に送られてきません。周りの人の目を気にせず現金化をするには便利なカードなんですよね。

他にも、マスターカードでギフト券の現金化が可能ですよ。UCカードにはマスターカードクレジットが付いているUCギフトカードがあります。これでギフト券を購入し、換金ショップへ持ち込めば90%前後の高換金率で現金が手に入るでしょう。また三菱UFJニコスギフトカードがありますし、JTBトラベルギフトやamazonギフト券といった金融機関以外のギフト券も狙い目ですね。ただし街の金券ショップでは買取ができない場合が多く、専門店を確保しておくことが大事ですよ。

マスターカード(MasterCard)でも利用停止のリスクあり!

ここ数年間はクレジットカード現金化が評判になっていて、ネットでも現金化専門サイトがたくさん見られるようになりましたよね。実は私もマスターカードブランドのクレジットカードで現金化を行っている1人です。マスターカードは比較的チェックが甘いなどと言われていますが、クレジットカード現金化を行ったと判断された場合は厳しい対応がなされますよ。最終的にはカード利用停止の措置を行っているんですよね。

そもそもクレジットカード会社では、利用規約で現金化を目的とした利用を禁止していることをご存知でしたか?そこで現金化がクレジットカードにどのような影響を与えるかを、ここで具体例を挙げて説明していきますね。

まず、今流行の現金化サイトのキャッシュバックサービスなどを利用した場合ですが、これはカード会社も文句が付け難いんですよね。だって商品を購入した時にキャッシュバックサービスがセットになっている訳ですから、これについて金融機関がどうこう言える権利がないんですよね。今のところ利用者に何らかの罰則がなされたという実例は見られませんね。

では、買取式の現金化サイトはどうでしょうか?これについてはカード会社ごとでマークしているサイトがありますよ。そんなサイトで現金化しようとすれば、取引エラーになることが多いですね。この場合は特にカードユーザーへの告知はないかもしれません。またカードユーザーが、現金化を目的として換金率の高い高額商品を購入していると判断された場合も同様ですね。つまり、初めはその取引だけをエラーにする方法がよく行われていますよ。現金化自体が違法行為ではないので、金融会社としてもいきなり処分することができないとういうのが現状のようですね。

ですが、それにも関わらず複数回の現金化行為が発覚した場合は、カード会社からの警告があるでしょう。また場合によっては、カード自体を強制解約処分にすることもありますよ。もしクレジットカードが利用停止されると、金融信用情報機関に登録されてしまうんですよね。つまりブラックリスト化してしまうということですよ。

それは金融機関との信用関係を壊す行為だとみなされるからなんですよね。基本的にはその他のクレジットカードも停止する可能性がありますし、新規にローンを組めなくなることも知っておくべきですね。なぜなら融資やローンやクレジット決済を行う場合に、かならず信用情報機関へ利用者の身元チェックが入るからなんです。

現時点ではクレジットカードの現金化は違法行為ではありませんので、それで刑事告訴などをされる心配はありません。ただし、金融機関との信用面では十分な注意が必要になるでしょうね。

マスターカードで現金化をするおすすめの方法は?

マスターカード(MasterCard)の現金化がお手軽で、しかも成功率が高いという話を聞いたことがありますか?そんなのは単なる噂話で、どのクレジットカードでも結果は同じだと思っている人は少なくありませんよ。でも、カード会社がクレジットカードの現金化を禁止していることは知っておきましょうね。つまり、クレジット会社は怪しい利用行為に対し拒否権も強制解約権も持っているということなんですね。国内のJCBではかなり厳しくチェックしていて、怪しいと思われる取引をエラーにしたり利用停止にしたりと、実際に対抗措置をとっているんですよね。

そこでマスターカードの有効性が出てきます。マスターカードでは比較的、現金化に寛容な側面があるとされていて、多くの方がこのカードで現金化を行っていると言いますね。主に行われている現金化の方法は次の2つです。

ひとつは自分で換金率の高い商品を購入し、それをオークションや買取専門店・質屋などに転売する方法です。こちらは昔から行われているオーソドックスな手法ですね。ブランドバッグや時計や宝石類、希少価値の高いホビーグッズなどが人気がありますね。私も以前にブランド時計の買取をしたことがあり、その時はカード会社のチェックも受けずに成功しました。ただし、利用履歴は嘘をつきません。もしチェックが入り、疑わしい履歴だと判断されるとマークされますね。実は自分で現金化するのが一番カードの利用停止リスクが大きいんですよね。

おすすめの方法はキャッシュバック方式の現金化サイトを利用することですね。買取式のサイトも数多くありますが、安全性はキャッシュバック式が断然に上ですよ。具体的な手法は簡単で、まずサイトの申し込みフォーマットに記入をします。この時にマスターカードを利用するとよりスムーズにいきやすいので覚えておいてくださいね。そしてサイトが指定する商品を購入します。すると短期間で指定口座に現金が振り込まれてきますよ。最短で数時間のところもありますね。後は宅配で商品を受け取って終了です。

このキャッシュバックは買い取りではありません。ポイント還元と同じで、商品の転売を禁止する利用違反に当たらないんですよね。つまり現金化目的とは見なされず、これで利用停止になったケースは今のところ見当たりませんね。

いかがですか?利用停止を回避する方法を知っておくと安心ですよね。ただし、キャッシュバック率は様々ですので、サイトをしっかりと選ぶものポイントですよ。

現金化の仕方によって商品の取り扱いが変わる

取扱い商品が変わる
クレジットカードを現金化する方法は、大きく分けて買取方式とキャッシュバック方式の2つがあるのはご存知でしょうか。

どちらの方法を利用するかによって、現金化の種類によって、クレジットカードで購入した商品の取り扱い方が異なります。

まず、買取方式について見てみましょう。

買取方式では、金額に応じて換金性の高い商品を購入します。

たとえば10万円欲しい場合、業者の案内に従って10万円以上の高額な商品(カメラやパソコンなど)を購入し、商品と引き換えに10万円を手に入れます。

この時、商品に傷などが付いていると買取価格が下がりますので、新品のまま傷を付けずに持ち込む必要があります。

商品を紛失した場合、当然取引を行うことはできません。

インターネット通販で商品を注文する場合、運送中にトラブルが発生する可能性もありますので、万が一の場合も考えてショッピング保険の付いたクレジットカードを使用することをおすすめします。

このように、買取方式では商品自体が価値を持つため、現金化するまでは慎重に扱わなくてはなりません。

一方、キャッシュバック方式では商品自体に価値のないことが多く、商品の取り扱いはそれほど重要ではありません。

たとえば、キャッシュバック方式で10万円の現金が欲しい場合、現金化業者から指定された商品を購入し、インターネット決済します。

インターネット決済が確認できたら、消費者の指定した銀行口座にお金が振り込まれるため、それで消費者の目的は達成されたことになります。

あとは商品を受け取るだけですが、商品自体には大した価値はありません。

もしも商品に価値があったら、その分送金されるお金が減りますので、消費者もあまり商品自体にこだわりません。

ちなみに、キャッシュバック方式の商品とはCDや本、おもちゃのネックレス、消しゴム、ただの紙切れ一枚ということもあります。

情報を商品とする場合、メールで情報を送信して取引完了ということもあります。

商品の受け取りが面倒という方には、むしろメールなどの方がよいかもしれません。

どの道、商品自体に大した価値はありませんので、受け取った商品はそのまま処分してもよいのです。

このように、現金化の種類によって扱う価値が全然異なります。

現金化=買取方式というイメージのある方は、キャッシュバック方式の業者を利用した時に戸惑われるかもしれません。

どちらもメリット・デメリットのある方法なので、自分に合った方法で取引しましょう。

メールでの商品売買を行う場合

メールの商品
クレジットカードで商品を購入し、その商品を転売したり返品したりすることで現金を得る手法です。

専門のサービス業者があり、その業者を利用することで簡単に現金化することができます。

個人で行う場合、換金性の高い商品を購入することが一般的ですが、業者を利用する場合、どのような商品を売買するかは業者によって異なります。

ほとんどの場合、個人で行う時と同様に換金率の高い電化製品やパソコン、貴金属を売買しますが、その場合は荷物を受け取る必要が発生します。

業者以外から商品を購入する場合も、インターネット通販ですと宅配便で荷物を受け取る必要があります。

商品を受け取ったら、その商品を業者へと発送する必要があり、全体的に少々手と時間がかかります。

しかし、商品をメールで受け取る場合、メールだけで売買が終了するため、荷物の受取・発送が必要ありません。

商品をメールで受け取るとはどういうことかというと、情報が商品の場合、文字(メール)で商品をやり取りできるということです。

情報商材や電子図書、クーポンなどの場合、紙で発行しなくてもメールに添付すれば受け取ることができます。

荷物の受け渡しを行う必要がないことため、現金化までの時間が早く、営業時間内であれば即日振込が可能です。

また、荷物が届かないので家族に知られる心配がありません。

「商品に傷が付いていた」などの難癖を付けられる可能性もなく、ストレスフリーで行えるメリットがあります。

メールでの商品売買は、インターネット上で取引が完結するためキャッシュバック方式のように思われますが、あくまで買取方式ですので、業者が逮捕されて取引が中断されるという心配もありません。

しかし、商品が情報であるがゆえにデメリットも抱えています。

それは、取引を中止しにくいということです。

電化製品やパソコンなどを取引する場合、業者に商品を発送する前であれば、途中でキャンセルしても手元に商品が残ります。

しかし、自作の情報商材や本などは普遍的な価値になりにくく、キャンセルしても損になるため、現金化以外に使い道がありません。

ただし、ギフト券やクーポンなどであれば、メールで届いても使い道があるので安心ですし、キャンセル可能な業者を利用すれば問題ありません。

そもそも、悪徳業者を利用しなければキャンセルしたいと思わないでしょうし、優良業者であればキャンセルに応じてもえることが多いです。

どの方法を採用するにせよ、優良業者を選ぶことが一番大切です。

宅配便で行う場合

宅配便の商品
一般的には宅配便を利用することが多いです。

クレジットカードで購入した商品を現金化業者に売却するためには、業者の店舗に直接行くか、宅配便で商品を送るしかないからです。

商品の「特典」として現金を受け取るキャッシュバック方式であれば、インターネット決済後に商品を受け取るだけでよいですが、キャッシュバック方式を行っている業者は減少しており、今後もクレジットカード現金化のメインとなるのは買取方式ではないでしょうか。

少々手間がかかるとはいえ、宅配便を利用することで全国どこにいてもクレジットカード現金化を行うことができます。

業者に問い合わせるためには、ホームページを確認してインターネットまたは電話で申し込みます。

インターネットの方がデータとして残るため、トラブル防止に役立ちます。

手順については、各業者のホームページを見て確認しましょう。

基本的に、業者から商品を購入し、届いた商品を返品してから、銀行口座に入金するという流れになります。

他の業者から商品を購入した場合は、返品ではなく売却という形になります。

入金のタイミングについては、インターネット決済の直後、消費者に商品が届いた直後、業者が商品を確認した後と、それぞれタイミングが異なります。

しかし、即日振込を希望する旨を伝えておけば、先に入金手続きを済ませてくれることもあります。

即日振込と後日振込では、手数料が変わることもあります。

手数料の負担を少なくしたいなら後日振込がよいですが、商品を発送したのに現金が振り込まれないなどのトラブルを予防するためには、即日振込を選んだ方がよいでしょう。

ほとんどの業者は即日振込に対応していますが、申込時間帯によっては翌営業日に持ち越されることもあります。

すぐにお金が必要な時は、申込時に伝えことが必要です。

宅配便を利用すると、離れた場所にいる業者とも手軽に取引できるというメリットがありますが、宅配代がかかることに加えて、家族に詮索される可能性があるというデメリットがあります。

自宅に荷物が届くと、「何を買ったの?」と聞かれる方が多いと思いますが、あまり人に言いたいことではありませんよね。

そのような時は、宅配業者に連絡して営業所止めにしてもらいましょう。

または、メールだけで商品売買を行える業者を利用しましょう。

情報やクーポンなどを商品にしている業者であれば、メールに添付するだけで商品のやり取りを行うことができます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする