商品って何なの?現金化で使われている商品と相場の重要な関係性とは

商品のバランス

重要なのは「商品」「時間」「金額」のバランス

クレジットカード現金化の基本は、まずカードのショッピング枠で商品を購入し、それを業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れることです。

この「購入~買取で現金化」までの方法にはいくつかの選択肢があり、どの商品を購入することになるのか、どの商品を購入すればいいのかに違いが出てくるのです。

まず現在クレジットカード現金化を扱っている業者によく見られるのがキャッシュバック方式です。

ネット完結型の業者に多く、手軽に利用できるのことから利用者が増えています。

この方法の特徴は業者がキャッシュバックが行われる特定の商品を購入させ、その代わりに現金を支払う点にあります。

最初から現金を支払うことを前提にしているので商品の購入はあくまで名目的なものに過ぎず、ほとんど価値がないようなものがほとんどです。

よくある商品としては情報商材、安い装飾品など。

手軽さでは一番ですが、「購入した商品の価値に基づいて買い取って現金を支払う」という現金化の基本から離れた方法なので違法の疑いがあり、悪質業者もよく見られるといった注意点もあります。

一方古くからクレジットカード現金化の方法として用いられ、実店舗を持っている業者では主流となっているのが買取方式です。

これも指定の商品をカードで購入する点ではキャッシュバック方式と共通していますが、ブランド品や新幹線の回数券など、その商品が現金化するだけの価値を持っている点が大きく異なります。

こちらは違法性が少ないですし、ちゃんと価値のあるものを売買する形なので安心して利用できる業者が多いです。

なお購入した商品を店頭で買い取ってもらうか、インターネットで郵送して買い取ってもらうことができる業者もありますが、その場合には1000円程度の郵送料がかかることが多く実質的な換金率が低くなってしまう点がネックになります。

もうひとつ、買取方式をすべて自分で行う方法もあります。

商品を購入したうえでカード現金化を扱っている業者ではなく、普通の金券ショップやブランド品を扱っている業者に買い取ってもらうというものです。

新幹線の回数券のように安定した価値を持つものや、ブランド品のように鑑定にある程度の知識が必要な商品の場合はこちらの方が手数料などのコストが少なくメリットが大きい面もあります。

目利きに自信があれば価値の高い商品に目を付けて高値で買い取ってもらうこともできますし、限定商品などをいち早く購入すれば定価以上の価格で売却することで換金率100パーセントを超えるチャンスもあります。

手間と知識が求められる方法ですが安全・確実な方法です。

金策方法や換金手段に役立つ商品はあるの?

役立つ商品
商品をカードで購入したうえで業者に買い取ってもらい現金に換える。

このクレジットカード現金化を実際に行う際にはどの商品を購入するかがひとつのポイントとなります。

カード現金化を扱っている業者を利用する場合にはあらかじめ指定した商品の購入を求められることも多く、キャッシュバック方式のようにまったく価値のない商品を購入することになるケースもありますが、どんな商品を購入すれば現金化に役立つのか、自分である程度知識を持っておくのは重要です。

商品に関する知識を持っておけばカード現金化の業者を利用しなくても自分で現金化を行うことも可能です。

高い価格がしそうな商品を購入し、その商品の価値をしっかり鑑定してくれる業者に買い取ってもらえれば高い換金率での現金化もできるのです。

カード現金化の業者を利用する場合、宣伝では「換金率95パーセント以上」などと高い数字を掲げていても実際には各種手数料などにより実質70~80パーセント程度になってしまうことが多いですし、換金率の高さに惑わされてしまうと悪質な業者に引っかかってしまいかねないというリスクもあります。

その点正しい知識で自分の判断から買取業者を利用すれば安全・確実にカードを現金化していくことができます。

ではクレジットカード現金化に役立つ商品にはどのようなものがあるか?ということになるわけですが、ポイントは2つ「価値が下がらない」「カードで購入ができる」ことです。

たとえば図書券やギフト券などの金券は買取価格が高いうえに価値が下がらない優れた選択肢ですがカードでの購入ができません。

購入してすぐに買い取ってもらうことが前提ですが、購入後どんどん価値が下がってしまうような商品は適さないわけです。

この条件を満たしていることで人気が高いのが新幹線回数券です。

東京~京都間など人気の高い区間なら金券ショップで価格の90パーセントを超える価格で買い取ってもらうことができます。

3ヵ月の有効期限があり、残り1ヵ月を切ってしまうと急速に価値が下がってしまう難点はありますが、換金率の高さでは一番とも言われています。

それからブランド物の装飾品。

地金はカードでは購入できないため、貴金属を使った装飾品、それも有名ブランドの商品が適しています。

中古のブランド品は安定した需要があるため高い買取額がつきますし、買取金額の情報が入手しやすいのでどの業者に持ち込むと高く買い取ってもらえるのか確認しやすい点も魅力です。

こうした商品の中から、換金率はもちろん、購入しやすく自分がどれだけ知識を持って商品のよしあしを判断できるか、なども考慮した上で選び現金化に利用してみましょう。

クレジットカードからの利用にによく使われている商品と使用時の注意点

よく使われる商品
クレジットカード現金化でもっとも注意したいのがカード会社に疑われてしまう点です。

カード会社は利用履歴をチェックしていますから、「これは現金化のために使っているんじゃないか」と疑われてしまうと確認のための連絡がきたり、最悪の場合利用を停止されてしまうこともあるのです。

疑われないようにするにはいくつか注意しておくべきポイントがあります。

まず換金性の高い、つまり現金化によく利用されるような商品ばかりを連続して購入しないことです。

日常生活に使うものにはほとんど使っておらず、転売目的しか思えない購入履歴ばかりだとどうしても疑われてしまいます。

この日常生活とかけ離れていないかどうかが非常に重要なポイントです。

換金率が高い選択肢として人気の高い新幹線回数券の場合、自分が住んでいるエリアと関係がない区間ばかりを購入していると明らかに不自然です。

名古屋に住んでいるのに東京~京都間など買取価格が高い区間を購入していれば、カード会社から「おかしい」と思われてしまうのも当然でしょう。

家電やゲーム機を不自然に何度も購入するのも問題です。

一家に同じ家電はそれほど必要ないですから、頻繁に購入していると疑われてしまいます。

日常のカードの使い道とかけ離れた商品を購入するのも要注意です。

日ごろブランド品など高価なものをカードで購入していない人が突然高級品を買いあさったり、一定の間隔を置いて高級品を買う時期がある使い方をしていると怪しまれてしまう恐れがあるのです。

同じ商品を立て続けに購入するのも疑われてしまう典型的なケースです。

クレジットカード現金化は一度手を染めてしまうとついつい何度も繰り返してしまう傾向が見られます。

高い換金率の商品を見つけた場合はとくにその傾向が強く、まわりが見えなくなって同じ商品を何度も繰り返し購入してしまいがちなのです。

同じ区間の新幹線の回数券をまとめて購入する、同じ時計やゲーム機を大量に購入するといったカード会社でなくても首を傾げてしまうような使い方は絶対に避けましょう。

換金率に目がくらんでしまうと陥ってしまいがちな部分です。

こうした不自然な使い方を避けるためにも複数の商品の選択肢を用意しておき、連続・大量購入を避けつついろいろな商品で現金化していく工夫が求められるのです。

そのためにもどんな商品が現金化に適しているのか、どれだけの換金率が期待できるのかなど、幅広い知識を身に付けておくことも必要になるでしょう。

それだったらクレジットカードを業者を通さず、個人売買で現金化してみたらどうか

個人売買
クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、現金化業者を通して行うのが普通です。

ですが、カード現金化の業者は商売でやっているため、一定の手数料が取られます。

ですので、可能であれば、こういった業者を通さずに、カードを現金化するほうが手元に残るお金が多くなるのは間違いありません。

業者を通さないで現金化するとなると難しいように思えますが、今はインターネットもあるので、スムーズにやりやすい環境が整いつつあります。

個人でできる現金化の有力候補は新幹線のチケットです。

新幹線のチケットはそれなりの金額がしますし、購入も売却も簡単なので、個人売買の方法としては一番手軽と言えるでしょう。

金券ショップに持っていけば、かなりの換金率で買い取ってもらえます。

普通に、現金化業者で現金化するよりも、よっぽど割が良いということができます。

ただ、買取金額はチケットの区間によっても違いがあります。

一番人気があるのは、需要が高い東京~大阪間となっています。

東京~仙台間の区間も人気が高いと言えるでしょう。

業者によって値段が高い区間というのが設定されているため、利用を考えている金券ショップのホームページなどで、どういった区間が高いのか調べておくと良いでしょう。

どの区間が高くなるかは、金券ショップのチケット在庫状況によっても変動するので、直前に見ておく必要があります。

また、人気の高いゲーム機本体も個人売買には向いているものの一つです。

ゲーム機本体は値段が高く、人気も高いですので、そういったものを家電量販店などで新品で購入し、売却をすれば現金化の手段として使うことができます。

以前はこういったゲーム機の売却は、ゲームショップなどに持ち込まなければなりませんでしたが、今はインターネットがあるので個人売買が可能です。

できるだけ高く売れる場所を探して、売却を考えましょう。

ただ、ゲーム機の個人売買は、現金を得るまでに手間と時間がかかります。

ゲーム機自体がかなり大きいので、たくさん買うというのは結構大変です。

それにいつ売れるかもわかりません。

ゲーム機というのは故障したり、家族や知り合いの分も購入するケースもあるため、複数購入しても、カードの利用停止にはなりづらいと言われています。

ただ、現金が手に入るまでに結構大変な部分がありますので、時間的に余裕がある人でないと、個人売買としてそれほど旨味のある方法ではないと言えるでしょう。

絶対に注意!カードは本人名義のみ!家族の記述があっても難しい

絶対に注意
クレジットカードは本人が使うように契約していますが、ちょっとした買い物であれば、家族のカードを借りて使うといったこともよくあります。

コンビニなど高額な買い物でない限りは、店側も気にすることはありません。

では、カード利用の一つの方法である、クレジットカード現金化はどうなのでしょうか?

カードの現金化では、本人名義のものしか行えないのかどうかは、いろいろと説があるようです。

クレジットカード自体、本来は本人ではないと使えないものですから、多くの業者では本人名義のカードしか受け付けていません。

他人名義のカード利用をOKにすることは、後々のトラブルにつながる確率が極めて高いためです。

カードの現金化にあたって、本人確認書類が必要になるのはそういった理由からです。

カードの場合、盗まれて不正に使われるという可能性もある、非常に貴重なものですので、本人名義でないとダメというのは理にかなっています。

ただ、本人でなくても、ごく親しい間柄の場合、どうなのでしょう。

子供は論外としても、生計を共にしている夫婦であれば、経済的に一心同体も同然なので、カードの現金化もできないか気になるところ。

この点については、カードの名義となっている配偶者の同意を得た旨の記述があれば、現金化できる業者も一部にはあると言われています。

同意の記述以外に、配偶者の身分証明書なども、必要になる可能性があります。

ただ、基本的には、他人名義のカードの現金化については難しいと考えておくほうが良いでしょう。

通常のちょっとした買い物のカード利用でさえ、本来はNGであるわけですから、まして、グレーゾーンであるカードの現金化において、他人のカードを使うというのはできれば避けたいところです。

多くの現金化業者では、本人以外の利用はNGとなっているため、それが業界的には普通なのでしょう。

だから、仮に親しい人のカードを条件付きであっても、現金化してくれる業者というのは、ちょっと怖いという印象がぬぐえません。

そういった業者がすべて悪徳とは言えないでしょうが、利用するのに勇気がいるのは間違いないでしょう。

家族の同意の記述を得て、他人名義のカードを現金化する場面というのは、何かの非常事態である可能性が高いはずです。

カードの持ち主に頼まれて、現金化に行くケースも考えられます。

ただ、よほどの事情がない限り、カードの現金化は、できるだけ自分で行うほうが無難と言えるでしょう。

現金化サイトで換金する際に必要なものとは?

換金に必要
最近になって現金化を利用している人が急増しています。

クレジットカードのキャッシング枠を利用した現金化や携帯電話サービスのキャリア決済を利用した現金化が人気ですが、実際に現金化を申し込む際に必要なものがあります。

お金をやり取りする契約ですから、それなりに必要書類は出てきます。

現金化の場合は金融機関の融資ではないので審査をすることはありません。

ですから収入証明や借金状況などの個人情報を請求されることはないのでご安心ください。

またキャッシングに付きものとされている個人信用情報機関でのチェックもありません。

極端な話をすれば金融ブラックの状態でも、携帯電話のキャリア決済サービスが有効であれば現金化で資金調達が可能です。

そこで現金化申し込みの際に必要なものとしては、まず本人確認のための書類提出が必須となっています。

これはクレジットカードや携帯電話の不正使用を防止する目的で、契約の際は必ず身分が確実に証明できる書類等を要求されます。

写真が付いている運転免許証やパスポートでなければ受け付けてくれない所があるくらいに身分証明は重要な条件となっています。

それから現金化では未成年者の利用を禁止していますので、年齢確認も同時に行います。

身分証明書には必ず生年月日が明記されているので、未成年者はすぐにバレてしまいます。

つまり、基本的に申し込みに必要なものは写真付きの身分証明書です。

そして稀に郵送された公共料金の請求書などの提出を求める場合もありますが、せいぜいそれぐらいですので難しいことではありません。

さて、現金化サイトのなかには詐欺サイトが紛れ込んでいます。

あなたの個人情報を盗もうとする業者やクレジットカードの不正利用を目的にしたサイトもあって、くれぐれもカード情報提出はNGです!

詐欺サイトでは必要書類だといって、不要なはずの個人情報やクレジットカードの詳細な情報とか、携帯電話の詳細な情報を求めてきます。

ですが、決してこれらの重要情報を提示してはいけません。

例えばクレジットカードのショッピング枠現金化では、クレジット決済の行為を利用者本人が行います。

それを業者が暗証番号などを聞いてくるのはあり得ないことです。

またカード裏面に掛かれている3桁の数字も相手に伝えてはいけません。

これに引っかかって、後に多額の支払い請求が来たというケースが非常に多いので要注意です。

携帯電話でも同じことで、メールアドレスもアカウントのパスワードも一切教えないようにしましょう。

絶対に教えてはいけない事
  • カードの暗証番号
  • カード裏面のセキュリティコード
  • それ以外での利用しているパスワードなど

都市部や主要都市に現金化業者が多いわけ

都市部に多い
クレジットカードの現金化について調べていくと、店舗型の現金化業者と無店舗型の業者があることが分かります。

どちらにもメリットとデメリットがあるのですが、都市部に多いと言われるのが店舗型の現金化業者です。

特に東京や大阪といった主要都市には看板を出している現金化業者が数多く見られます。

では都市部にそうした現金が業者が多い理由について考えてみましょう。

まず都市部、特に東京や大阪などの主要都市に現金化業者が多いのは、人口の多さとクレジットカードの需要の高さのためです。

言うまでもなく、東京や大阪などは日本国内でも屈指の人口を誇っています。

人口が多くなればなるほど、クレジットカードの需要も高まっていきます。

地方ではクレジットカードが使えない店舗もまだ多く見られますが、東京や大阪などの主要都市ではほとんどの店舗でクレジットカードの利用ができるようになってきています。

さらに非常に大勢の人がクレジットカードを持つようになっており、現金化を利用する人も年々増加してきているのです。

そのため地方部よりも都市部の方に現金化業者が集中してしまっているという状況です。

地方でも現金化業者はいるのですが、換金率が低いことが多いので、結局少し足をのばして都市部の現金化業者を利用するか、借金をした方が率がいいことがほとんどです。

また都市部に現金化業者が店舗を設置する別の理由は増え続ける利用者の要望もあります。

無店舗型の現金化業者の場合、インターネットやメールですべての手続きが終了するので大変便利です。

しかしスタッフと顔を合わせることがない分不安を感じる利用者も少なくありません。

特にクレジットカードの現金化は詐欺行為や悪徳業者も多いので、すぐにお金が欲しい利用者も慎重にならざるを得ないのです。

利用者の中には対面式の現金化を希望する声は後を絶ちません。

そのため顧客の増加が見込める都市部で店舗型の現金化業者が増えてきたのです。

対面式だからといって悪徳業者がいないわけではないのですが、それでもわからないことを確認したり不安を最小限に抑えたりする上で店舗型の現金化業者には高い需要があります。

人口の多い東京や大阪などの主要都市では年々店舗型の現金化業者も増えてきており、クレジットカードの現金化の人気の高さがうかがえます。

もし今後クレジットカードの利用者が地方でも増えていけば、都市部以外にも現金化業者が増えてくる可能性はあるでしょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする