PayPay残高の現金化が可能になった!?公式にはペイペイマネーのみ対応!

PayPay現金化

PayPayは急激に増加!もう使わないって人も…

コマーシャルでもしばしば宣伝しているPayPay
なんとなく名前は聞いたことがあるという人も多いでしょうね。

またニュースなどで、PayPayで買い物すると全額もしくは20%還元するというキャンペーンが取り上げられていましたよね。

ほかのクレジットカードなどの場合、数%が相場です。

それと比較すると20%という数値はやはり目を引きますね。

家電など高価な商品をキャンペーンを機にPayPayを使って購入するという人も結構増えていたようです。

ところで

このPayPayでキャンペーンも終わってひと段落したので中に入っているお金を現金化したいという話もしばしば聞かれるようになりました。

そもそもPayPay現金化はできるのかという問題があります。

結論から言ってしまうと、現金化はできません。
※一部改訂がありましたので下記にて追記してます。

ほかの電子マネーの場合

nanacoに代表されますが買い物するとポイントが還元して、支払いの時にこのポイントを現金のように使用することも可能です。

このような方法はPayPayでは行っていないので、注意したほうがいいですね。

使わなくても削除はしない方がいい理由

あとPayPayのキャンペーンを利用する際には、ある程度付与されるまでに時間がかかる点も注意したほうがいいと思います。

中には、このボーナスが付与される前にアプリそのものを削除している人もいますね。

しかしもしこれをやってしまうと、せっかく獲得したボーナスが切れてしまう恐れがあります。

そのほかにMNPでほかの携帯キャリアに乗り換えた人はいませんか?

この場合もPayPayアプリが別の端末で認証されている可能性があります。

すると、新しく購入した端末ではキャンペーンのボーナスが残高に反映されないこともあるようです。

ボーナスの付与について多少時間がかかるのは、審査を行っているからです。

PayPayのユーザーの中には
  1. 例えば購入した商品を転売している
  2. 自分以外のクレジットカードで決済している

という悪質なケースもあるかもしれません。

そのような不正が行われなかったか、チェックしているため時間がどうしてもかかるわけです。

普通にキャンペーン中に買い物している分には、時間はかかってもきちんとボーナスポイントは付与されるので大丈夫です。

このように現時点では、いったん入れてしまったPayPayの残高を現金化する方法は原則ありませんね。

しかし裏技的なものを活用すれば、現金がある程度戻ってくる可能性もあるので、どうしても現金化したい場合には、そのような方法を試してみてもいいかもしれませんね。

【2020年8月追記】残高の出金が可能となった!

現行では、PayPayの残高に関しては指定口座にて出金が可能となりました。

ただしデメリットとして
  • ジャパンネット銀行以外の金融機関は手数料が100円以上掛かる
  • 最大で4営業日後に振り込みとなる
  • PayPayマネーライト、PayPayボーナスは出金負荷

などが挙げられます。

PayPayマネーを利用するには、本人確認が必要です。
本人確認の方法は、こちらをご確認ください。

■出金の手順

  1. PayPayアプリ下部の[残高]をタップ
  2. あなたの残高画面の[出金]をタップ
  3. 登録済み口座がある場合、希望の口座を選択
  4. 出金したい金額を入力し、出金するをタップ
  5. 手続きが完了すると振り込み予定日が記載

※公式サイトのPayPay残高を銀行口座に出金(払い出し)したいからの抜粋記事

こちらも公式サイトの一部ですが、ジャパンネット銀行であれば出金手数料が掛からない旨が表記されています。

paypay換金

どの口座でも出金が出来るようになっていますが、振り込まれる営業日や手数料が変わってくるので確認が必要です。

確認する限りでは即日での振り込みはできないようですね。

遅いと4営業日後に振込は遅すぎるような気もしますけどね。

出金口座一覧

残高のみであれば口座に返金してもらうのが得策かもしれません。

現金化も可能なPayPay残高送金機能

PayPay現金化については、原則できないシステムにはなっています。

しかし、PayPayの中に残高があって、自分で使用するつもりがない場合、現金化以外の活用方法があるのはご存じでした?

それはPayPayの残高送金機能を活用する手法です。

残高送金機能

この機能は、自分以外のPayPayユーザーに対して、自分の残高を送金するものです。

残高をみんなでシェアする方法ともいえますね。

家族はもちろんのこと、PayPayを利用している友人や知人ともシェアすることは可能です。

現金化できなくても、家族や友人のほかの誰かに使ってもらえるわけです。

もし現金が欲しければ

PayPayで相手に送金して、もらった人からその分の現金を受け取るといったことで交換できます。

これはよく考えてみると、なかなかおすすめの機能だと思いますね。

例えば朝外出して、電車に乗っているときに財布を忘れた、というケースもあるでしょう。

もし会社であれば、また戻って財布を自宅で受け取ると遅刻してしまいかねません。

しかし家族それぞれがPayPayユーザーであれば、その日必要な額をPayPayで送金してもらいます。

そうすればスマホで買い物ができて、帰宅後忘れた財布から現金を取り出して、借りた人に返却できます。

その他、この送金機能を活用すれば友人同士で飲み会などしたときの割り勘もスムーズにできますね。

居酒屋などで飲んで、会計しようと思ったら

  • 前の学生がお金を出し合ってもたもたしている
  • 一人ずつ分けて会計していて待たされてイライラした

という経験はないですか?

しかしこのPayPayの機能を利用すれば、支払いをする人に自分の支払い分を送金します。

そしてまとめて支払いができるので、会計で手間取ることもなくなりますよね。

後々現金でいろいろとやり取りする必要もないです。

飲み会などの支払いをペイペイで行って、参加者から割り勘分を現金で徴収するのはよくある現金化の方法です。

このようなお金のやり取りをすると、手数料がかかってしまうのではないかと不安に感じるでしょうね。

しかしこのPayPayの送金機能は手数料完全無料となっています。

しかも何度送金を繰り返しても手数料の発生することはないです。

これなら気軽に電子マネーのやり取りも知り合いや家族同士で行えますね。

PayPay現金化は直接的にはできません。

しかしこの送金機能をうまく応用すれば、実質的な現金化もできますね。

現金がどうしても必要になった際、近くにPayPayユーザーがいればこの送金サービスをうまく活用するといいと思います。

現金化が可能になるかもしれない方法とは?

PayPayの残高を現金化するのは登場当初不可能でしたが現在はジャパンネット銀行なら手数料が無料で、以外の口座では手数料が発生するが出金が可能となっております。

少し前までは、PayPay現金化が可能になるのではないかとして、ネットでちょっとした話題になっていたくらいです。

ただし、出し入れができるのはPayPay残高のみとなっているので、多少の不便はかんじるが、ちょっとした銀行口座と思えば十分な機能だと思う。

しかもすでにPayPayでは、友人などでユーザーがいればその人に自分の残高を送金できるサービスを実施しています。

日常でのショッピング、送金、さらに現金化までできるとなれば、かなり利便性はアップしますよね。

これだけの機能が、皆さんのスマホのアプリひとつでできてしまうとしたら電子マネー業界でも革命的な事柄にるのではないでしょうか。

PayPayマネーの種類が知りたい

PayPayのマネーの種類がわかりづらい。

これに尽きる。

もちろん調べれば分かるんだが、使える機能や有効期限があるので注意したいと思っても理解してないので不安しかない、との声を頂いたのでまとめました。

種類 特性 出金 残高送金 わりかん機能
PayPayマネー 本人確認後銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金を利用してチャージした残高
PayPayマネーライト Yahoo! JAPANカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してチャージした残高、本人確認前にチャージした残高はマネーライト
PayPayボーナス 特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高
PayPayボーナスライト 特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高。
有効期間を過ぎると失効します。
Yahoo! JAPANが付与するPayPayボーナスライトを利用する際には、Yahoo! JAPAN IDの連携が必要です。

このようなシステムになっているのでまずは理解しておいた方がよさそうです。

これ、マネーライトだけがクレジットカードからのチャージが認められているので現金化が可能では?と勘違いをしてしまう所なんですが、実はマネーライトでは出金ができません。

ココに注目!

クレジットカードで間接的に現金化できてしまうという事はクレジットカードの規約に違反してしまうことになるので出来ないように設定されているのだと思います。

いま使えるマネーの種類では本人確認後に

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

を利用してチャージした残高のみ出金が可能となっています。

今後は利用者の要望などにより、新機能が増えていく可能性もあるかもしれませんが、この限りでは換金率100%での現金化は不可能となっているようです。

即日で現金化するには
  • クレジットカードでチャージしてamazonギフト券などを購入する
  • ソフトバンク・ワイモバイルのおまとめ払いでチャージして
  • ヤフオクに出品して、知人に落札してもらう方法

などが、一般的ですが時間とリスクが生じます。

\今すぐ高い換金率で現金化したいなら/

どうしても急いで現金化をしなければならない状況ならこちらをおすすめします!

PayPayボーナスでは換金するのは無理!?

キャッシュレス決済での消費税還元で話題になったPayPayを使っていますか?

高還元キャンペーンを行って、ニュースなどでも話題になり、あまり多くの人が一気に利用して、一時システムがダウンしてしまって利用できなくなったこともあるくらいです。

そこで利用されているのがPayPayボーナス。

PayPayボーナス

PayPayを使ってショッピングをすると受けられるキャッシュバックのことをPayPayボーナスといいます。

キャンペーン期間中は20%で10万円まで抽選で全額還元というとんでもないものでしたので記憶にも新しいと思います。

これなら多くの人が食いつきますよね。

通常は

PayPayでショッピングした金額の0.5%が付与されるようになっております。

PayPayボーナスをどのように活用するかですが、支払い対応しているお店で活用するのが一般的です。

大手はもちろんのこと、近年では個人経営しているような小さなお店でも導入しているところが増えているので嬉しい限りです。

実質値引きで買い物できるわけですから、利用すればするほどお得になるわけです。

ただしPayPayボーナスについては、受領することはできても現金として引き出すことはできません。

あくまでもPayPayの加盟店で買い物した時に使用できるだけです。
残念ですがデフォルトの機能だけで現金に換えることは無理です。

この部分を勘違いしている人もいるようですから、もしそのような誤解をしている場合には注意しておいた方がいいでしょう。

また、PayPayボーナスを現金化できずに、使う場面もなくそのまま放置していたとします。

すると「気が付いたときにはボーナスが消滅している」という事は無いです。

下記に種類別にまとめてみましたが有効期限があるのはマネーライトのみです。

種類 有効期限
PayPayマネー 無期限
PayPayマネーライト 無期限
PayPayボーナス 無期限
PayPayボーナスライト 60日間

「早めに使った方がいいよ~」なんて業者に言われたら疑った方がいいです(笑)。

コンスタントにPayPayでショッピングしようと思っているのであれば、もう一つ知っておいた方がいいのがPayPayで支払いした場合、自分がチャージしたものではなくボーナスの方から優先的に消費されるという事です。

PayPay残高での支払い時の優先順位

支払い時に使われる優先順位は以下の通り。

  1. PayPayボーナスライト
  2. PayPayボーナス
  3. PayPayマネーライト
  4. PayPayマネー

キャンペーン中にかなりボーナスをためている人は少し意識したほうがいいと思いますが支障があるわけではないので特別な対応は必要ありません。

特に10万円を上限とした全額還元に当選した人は、数万円ボーナスポイントがたまっていることも考えられますし、これだけのまとまったお金、普通ならそうそう短期間で一気に使い果たすのは難しいと思います。

PayPay現金化はボーナスでは無理…ではどのように使う?

PayPay現金化の方法についてはすでにいろいろなサイトで紹介されているので目にしたことのある人も多いと思います。

現金化の方法はどのPayPayなのかによって変わってきます。

その中でも問題なのは、PayPayボーナスです。

こちらは加盟店でしか使用できない、つまり現金化できません。

ではどうやって消費すればいいのかという話になるのですが現金化できない以上、何かショッピングして消費するより仕方がないということになります。

換金目的ではないというのであれば、家電量販店で家電を購入するときにボーナスを使ってしまう方法が最適です。

そこそこの値段のするものが多いので、一気にボーナスを吐き出せます。

特に冷蔵庫やエアコンなどは、10年も買わないと消費電力がかなりカットされているといいますから、まだ故障していなくても買い換えることで、大幅に電気代を節約できるかもしれません。

その他には、自分のお金ではなかなか購入できないものをボーナスで買い求めるのも一つの方法ですね。

例えばカメラが趣味の方なら一眼レフ、ゲームが趣味ならゲーム機といった具合にです。

自分のお金で購入するのは躊躇しても、実質自分の出費にはならないボーナスならあまり抵抗ありませんよね。

趣味のものを長年買いたいと思っていた人は、これを機に思い切って購入してみるのも一考だと思います。

また、カメラやゲームなどは高値で転売できるというメリットもあるのでおすすめです。

その中でも個人的に最もおすすめしたい方法がギフト券などを購入してしまうのがポテンシャルを最大限発揮した方法です。

ヤフオクでも支払いの利用ができるようになったので十分使えますし、クレジットカードでしかできなかった現金化などもペイペイで簡単に出来るようになっちゃいます。

2019年の2月からYahoo!ショッピングでもPayPayが利用できるようになったのででボーナスを使い果たすのもおすすめだと思います。

というのもネットショッピングでも屈指の大手であるYahoo!ショッピングには、多種多様な商品の取り扱いがあるからです。

おそらく、欲しいものがきっと見つかると思いますし、

  • 高値で転売できる商品
  • プレミア価格で売れる商品

なども入手可能です。

転売や欲しい物が無い人はコレがおすすめ

さらにモノに関しては、今ほとんどの物が自宅にそろってるので購入するものがないという人はいませんか?

その場合には旅行代をPayPayボーナスでねん出する方法もあります。

旅行代理店のHISでは、PayPayの支払いに対応しています。

PayPayが登場した際、購入代金全額10万円を上限として還元するというボーナスキャンペーンに当選してボーナスを持っているのなら、海外旅行の費用をすべてボーナスでねん出するのも決して夢ではありません。

現金化できなくても、ボーナスの活用方法はこのようにいろいろとありますので探してみるのも楽しいかもしれません。

申込む際にわざわざ登録の必要がないのがいい!

登録不要
いやいやPayPayなんてアプリ持ってないし、使ったことがない。

だけど、お金を用意しなくてはならないって方にはクレジットカードの
現金化がおすすめ。

本人確認を行うだけで現金化の利用では登録などの必要性は全くありません。

だから簡単に申込みができて便利なんです。

クレジットカード現金化の申込みって登録の必要が無いんです。
ってクレジットカードで登録してますからね。

当たり前のような事ですがとっても画期的じゃないですか?

だって、お金を借りたくても審査が通らなかった人が、カードで買い物するだけで現金が手に入る。

もともと

支払い能力や仕事が無い人はカードすら持てないので利用することもできませんが、今ではアルバイトなどでもカードが持てる時代です。

もちろん上限はありますが。

さて、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得るってどんな方法なのでしょうか?

大手の消費者金融でお金を借りる場合、初めてのご利用でおおよそ18%の金利が適用されます。
※金利変動があるので参考程度。

しかし、クレジットカードの返済利率なら分割でも15%前後で一括返済なら0%です。

単純な利率だけみれば、消費者金融から借りるよりも、低い金利で現金化することができるようです。

返済の方法が選択できる

また、ショッピング枠で借りたお金を返す場合、自由に返済方法を選べることもメリットです。

キャッシングや消費者金融は、返済方法が指定されていることが多いのですが、クレジットカードなら返済方法も自分で選択することが可能です。

自分のライフスタイルに合わせて、リボ払いや分割払いにすることも可能です。

クレジットカード現金化のやり方って、よく分からないという人がほとんどだと思いますがこうした現金化をお手伝いしてくれる業者を利用すれば簡単に手続きができるようになってます。

業者によって手数料が異なりますが、通常のネットショッピングと同じような感覚で利用できるので、すぐに現金が欲しいという方にはおすすめです。

現金化されたお金は、自分の口座に振り込んでもらえますし、対応が早い業者なら申し込みから30分程度で入金される場合もあります。

ただし、もちろんですがデメリットもあります。

それは、還元率が100%ではないことです。

クレジットカードのショッピング枠で現金化する場合、還元率は85%前後となるのが平均的です。

ショッピング枠の残高や利用する金額によっても還元率が変わるので業者に確認することを忘れないように注意してください。

また、オンライン決算ができるので、窓口に出向く必要もありません。

お手持ちのクレジットカードを使って行うので、審査を待つ手間がないことが、大きなメリットだと言えるでしょう。

誰にも知られずに現金化ができるのも魅力ですね。

返済の金利は経済状況によって左右されることが殆どです。
しかし、換金率は経済状況は関係ありません。

カード会社の返済金利は同じですが、そこだけに注目してみると経済状況が上向いて金利上昇時の方がお得感があります。

自己破産できない噂は本当か?

1
現金化していると自己破産ができない?

クレジットカードの現金化をしたことのある人は、他にも複数からの借り入れがあるケースが多いようです。

銀行やカード会社、消費者金融などに多重債務があり、新しい借り入れが難しくなった場合などは、次の手段としてクレジットカードの現金化を利用するという人が多いです。

自転車操業に陥るとなかなか抜け出せないというのが実情です。

最悪の場合、返済が滞って支払いが困難になることもあり、自己破産を考えるところまで行く人もいるでしょう。

実は、「現金化をしてしまうと自己破産ができなくなる」という噂があります。

真相はどうなのでしょうか。

1
自己破産が許可されないことも

自己破産を申し立てるときに「当初からお金に換える目的でクレジットカードで商品を購入し、換金して現金にしたことがあるか」という質問項目があります。

つまりこれは、「現金化をしたことがありますか?」という意味の質問です。

なぜこのような質問があるかというと、クレジットカード現金化は自己破産の免責不許可事由、つまり、自己破産を許可しない理由となり得るのです。

現金化の事実がある場合は自己破産が許可されない、ということは十分にあり得ます。

1
買取方式のほうが不許可になりやすい?

自己破産が認められないということは、破産を申し立てる人物に何らかの問題があると判断されたことになります。

許可がおりない理由の1つにクレジットカード現金化があるのですが、現金化の中でも買取方式を選択した場合に「不許可」となるケースが多いようです。

買取方式の場合は、購入したものをすぐに買い取ってもらうため、「最初から換金が目的だった」と判断されやすいのかもしれません。

1
キャッシュバック方式なら安心?

自己破産については、本人の証言だけでなく客観的な事実をみて総合的な判断が下されます。

もし本人が「クレジットカード現金化をしたことはありません」と証言したとしても、商品の購入や買い取りの事実を客観的に見て、現金化であると判断される場合もあるのです。

とくにカード会社から目を付けられているような人物の場合は不利かもしれません。

しかし、キャッシュバック方式での現金化を行った場合は、自己破産の手続きに影響がないという説もあります。

キャッシュバック方式では、商品を買い取ってもらうのではなく購入した特典としてキャッシュバックされるという仕組みをとっているから不許可にはならない、というものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする