転売や買取りで手放す際のメリットやデメリットについて知っておいた方がいい事

メリットやデメリット知っておいて

amazonギフト券は使い方や使う人によって色々な利用方法がある

まずメリットについてですが、やはりAmazonギフト券を現金に換えられることがあげられるでしょう。

Amazonギフト券はそのままではAmazonアカウントに登録し、Amazonの買い物の商品券としてしか利用することができません。

しかし、現金に換えればAmazonでの買い物も含めてどのような出費にでも充てることができるので、汎用性が高まります。

それから有効期限の問題を解消できるメリットもあります。

Amazonギフト券は発行・購入日から有効期限が始まり、10年で失効してしまいます。

失効してしまえばもうそのAmazonギフト券は1円の価値もありません。

しかし、Amazonギフト券を現金に換えれば、現金には当然有効期限などないので、余裕を持って使うことができるわけです。

他にもクレジットカードの現金化に利用できるメリットがあります。

どういうことかというと、クレジットカードでAmazonギフト券を購入し、そのAmazonギフト券を買取で換金することで、結果的にクレジットカードを現金化する形になるわけです。

この方法を使えばたとえ手元にAmazonギフト券がなくても、Amazonギフト券買取を利用することができます。

次にデメリットについてですが、買取手数料がかかることが挙げられます。

買取業者はビジネスでAmazonギフト券の買取を行っているので、買取手数料を引いた額しか売り主は受け取れません。

どれくらい買取手数料が引かれるかはその買取業者が設定する「買取率」によって異なります。

買取率は大体80%~90%に設定されることが多く、100%になることはありえません。

それから悪質な業者が買取業者の中に存在することもデメリットに挙げられます。

Amazonギフト券の買取手続きはすべてインターネットを通して行うのが普通です。

そのため、お互いに相手の素性がよく分からないまま取引をすることになります。

たとえば、相手の業者を信じて買い取ってもらいたいAmazonギフト券の番号を送ったにもかかわらず、一向に相手からの買取額の支払いが行われないというトラブルも考えられるわけです。

いったんこうなってしまえば、後でいくら相手の業者と連絡を取ろうとしても繋がらず、雲隠れすることは目に見えています。

特にAmazonギフト券の買取を求める時はお金に困っていることも多いので、冷静な判断力を失いがちで騙されやすいです。

amazonギフト券買取につきまとうリスク回避方法はある

前述のように、Amazonギフト券買取にはメリットだけでなく、リスクも存在しますから、リスク回避の方法を知ることが大切です。

最もリスク回避方法として重要なのは優良買取業者を選ぶことです。

優良店と思える店舗の条件とは
  1. 換金率の高さだけでなく手数料なども含めて振込まれる現金が多くなければ意味がありません。
  2. 買取り率だけでなく、手数料の有無なども重要である。
  3. 店舗によっては1万円以上は振込み手数料は業者負担というところもある。
  4. 振込みまでの時間や最終的な金額を問い合わせれば教えてくれるはずです。
  5. メールや電話でのレスポンスが早いのは不手際があった際の対応にも影響するのでポイントが高いです。

信頼性の高い買取業者であれば、少なくとも売却希望者を陥れるようなことはしません。

ただし、優良買取業者だと判断する確実な方法はありません。

インターネット上の口コミで評判を得ていた業者だとしても、その口コミが本当かどうかは実際に自分で利用してみなければ分からないのです。

口コミを扱うサイトによっては買取業者自身が運営しているものもありますし、その場合はますます口コミの意味がなくなります。

それでも優良買取業者を見つけたければ、あらゆる情報を収集することが大切です。

インターネット上の口コミはもちろん、買取業者の公式サイトなどにも行って優良買取業者かどうかを判断していくといいでしょう。

やはり、悪質な買取業者にはいくら上辺を取り繕おうと、売却希望者を陥れようとする気配が漂っているものなので、少しでも怪しいと思ったら買取依頼を出すのをやめるようにしましょう。

さまざまな情報を収集して優良買取業者の可能性が高いと判断したのであれば、まずは少額のAmazonギフト券を買取ってもらうのがいいでしょう。

というのも、いきなり高額のAmazonギフト券を取引に出して詐欺に遭ったとしたら被害額が大きくなってしまうからです。

少額ならばたとえ被害に遭っても金銭的な損失は少なく済みますし、リスク回避しつつ、利用する買取業者が優良かどうかを試すことができます。

一度、利用して優良だと判断できたならば、二回目からは安心してAmazonギフト券を買取ってもらえます。

注意しなければならないのはお金に困っている状況だとしても、冷静な判断力を失わないでいることです。

悪質な買取業者はそういった人間の隙につけこんでくるので、毅然とした態度で買取に臨む必要があります。

冷静な判断力さえ保っていれば、あからさまな詐欺は回避できるはずです。

それからクレジットカードの現金化のためにAmazonギフト券買取を利用する場合は、後にクレジットカードの支払いができるかどうかを確かめておくこともリスク回避方法として重要です。

クレジットカード会社が現金化を規制しているのは、現金化によって支払いができなくなるカード利用者が多いからなのです。

なので、その場しのぎの現金化には利用しないようにしましょう。

買取業者を利用する際の不安を払拭する方法を紹介するよ

不安を払拭する方法

このようなリスク回避対策をしていても、Amazonギフト券買取に対して不安を感じている人も多いでしょう。

そんな不安を払拭するには、初心者に親切な買取業者を見つけるのがいいです。

なぜAmazonギフト券買取に対して不安を感じるかといえば、まだAmazonギフト券買取の経験が浅く、どういう結果になるのか予想がつかないからです。

何度も取引をして問題なく買取に成功していれば、たとえ最初は不安を感じていても払拭されるのは当然です。

初心者に親切な買取業者ならまだAmazonギフト券買取に慣れていない人に対する理解があるので、比較的安心して利用することができるメリットがあります。

たとえば、公式サイトに情報が豊富に載っている買取業者は初心者に親切な業者といえるでしょう。

初心者のうちは分からないことが多くありますし、情報が豊富にある方が知識を身につけやすく、不安も払拭しやすいというわけです。

それから、公式サイトから電話やメールフォームなどで問い合わせができる買取業者は多いですが、そういった買取業者に興味を持った場合は、気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

問い合わせてみて相手の対応が丁寧であったならば、いくらか不安の払拭ができるはずです。

何かAmazonギフト券買取における疑問や不安がある時は、正直にその思いを打ち明けてみましょう。

ただし、対応が親切というだけで相手を全面的に信用するのも危険です。

詐欺はターゲットを信用させてから行うものなので、問い合わせでの対応が親切な悪質業者も存在する可能性があります。

問い合わせをする時は相手の対応が丁寧かどうかを見つつも、言っている内容が信用できるものであるか注意しておくといいでしょう。

買取業者の公式サイト内の情報で特に確認しておきたいのは「買取業者の会社情報」です。

Amazonギフト券買取は、インターネットという顔も見えない媒体を通じて取引するわけなので、会社情報を載せて自分たちが何者であるかを明らかにすることは当然の義務といえます。

会社情報というと会社名や住所などが挙げられますが、一番重要なのは古物商営業認可を受けているかどうかです。

買取業務を事業として行う場合は東京都公安委員会からこの認可を受けなければならないという決まりがあります。

そのため、古物商営業認可を受けていることを示す番号が公式サイトに載っているのであれば、少なくとも法律に従った取引を行っている買取業者であることがわかります。

カード決済からの買取は何歳から利用できるのでしょうか?

何歳から利用OK?

不要なamazonギフト券を持ち続けていると、有効期限が来てしまって利用できなくなります。

もし当面amazonギフト券を利用するつもりがなければ、買取サービスを利用するといいでしょう。

基本的には、amazonギフト券の買取サービスはギフト券を持っている人であれば、いつでも活用できます。

ただし何歳から利用できるかについては注意しましょう。

amazonギフト券の買取サービスには年齢制限の設けられているのが一般的だからです。

amazonギフト券の買取サービスを利用できるのは、20歳からとなります。

未成年者はサービス利用できないと思ったほうがいいでしょう。

もし未成年者がamazonギフト券の買取サービスを利用しようとしても、業者から買取不可と言われてしまいます。

また買取業者の中には自前のホームページなどであらかじめ未成年者の買取はできない旨を明記しているはずです。

amazonギフト券の買取サービスだけでなく、電子マネーのマッチングサイトなども未成年者によるサービスの利用は禁じられています。

これは法律にも絡んでくるからです。

amazonギフト券の現金化は貸金業ではないですが、古物の買取業務に該当します。

この場合、未成年者の場合は親権者の同意が必要になり、未成年者にサービスを提供した場合は古物営業法違反に該当する可能性があります。

また民法の部分でみても引っかかるところが出てきます。

民法では「未成年取引の取り消し」というものがあります。

20歳未満の人を未成年者とし(民法4条)、未成年者が法律行為(契約など)をするには、その法定代理人(親権者、未成年後見人)の同意を得なければならず、同意を得ないでした契約は未成年者本人や法定代理人が取り消すことができます(民法5条)。一般的に知識、経験、判断能力が未熟と思われる未成年者を、契約などでもたらされる不利益から保護するためです。

参考サイト

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/s_faq/kiso/k_miseinen.html
東京都の情報サイトの「未成年者契約の取消し」に関する解説

これは20歳未満の未成年者が取引・契約を行った場合でも、親権者や後見人が認めなかった場合、その取引・契約は無効になってしまうというものです。

未成年者は人間的に見て未熟であり、正しい判断ができないので、単独での契約を認められないという考え方があります。

つまり未成年者からamazonギフト券を購入したとしても、それが無効になる可能性が高いです。

そうなるくらいであれば、最初から買取しないほうがいいという判断になるわけです。

何歳からamazonギフト券の買取ができるかは、手続きをする上で重要なポイントになります。

普通の買取サイトであれば、買取の前に身分証明書を提示するように求めてきます。

この段階で年齢がばれてしまうので、未成年であることを隠してamazonギフト券を売却することはまず無理です。

たとえ身分証明書の提示なしで買取してくれるところがあっても、それは悪徳業者の可能性が高く、いずれにせよ成人するまでサービスは利用できないと思うべきです。

amazonギフト券の買取サービスは学生でも利用可能?

日本の法律では成人は20歳以上になります。

未成年者には一部成人が利用できるサービスが利用できないケースもあります。

例えば飲酒・喫煙・消費者金融の借り入れは成人だとOKですが、未成年者は法律違反になります。

前にも紹介しましがamazonギフト券の買取サービスについても、20歳以上の成人であることが利用可能にするための条件です。

未成年者はamazonギフト券の買取サービスは利用できないので注意しましょう。

通常amazonギフト券の買取サービスでは、身分証明書の提示を行います。

そこで年齢は知られてしまうので、未成年者の利用は不可能といっていいでしょう。

未成年者の場合、一般的に責任能力が備わっていないという解釈が法的になされます。

ですから上で紹介したamazonギフト券の買取サービスのほかにも、消費者金融・クレジットカードのようなお金に関するサービスは利用できません。

もし「未成年者でも利用可能」と謳っているサービスがあれば、それは悪徳業者です。

法律に違反することを承知の上でそのように言っているわけですからまっとうなところではないのははっきりしています。

未成年者とともに問題になるのは、学生でもamazonギフト券の買取サービスは利用可能かという点です。

大学生の場合、20歳以上という方も出てくるでしょう。

学生が利用可能かどうかは、買取業者によって判断の分かれるところです。

大丈夫としているところもあれば、申込み不可としているところもあるようで、

  • 20歳以上であれば学生でも利用できる
  • 20歳以上でも社会人でなければamazonギフト券の換金サービスは利用できない

としているところも見受けられます。

この辺りは業者によって判断が分かれますので、前もって問い合わせたほうがいいでしょう。

ホームページで学生の取り扱いについて説明のある業者もあります。

もしホームページでその点に関して見られないのであれば、メールもしくは電話であらかじめ確認しておくことです。

20歳以上でも、学生の場合は利用できないとしているamazonギフト券の買取サービスが多く見られます。

もし未成年者でamazonギフト券を持っているけれども使用するつもりがなければ、親御さんなど成人の身近の人に買取手続きの代行をお願いする方法があります。

もしくはAmazonで何か商品をギフト券で購入して、リサイクルショップでその商品を買取依頼して、現金化する方法があります。

その際、Amazonで買う商品は換金性の高いものを購入する必要があります。

amazonギフト券の換金サービスを学生が利用するのは危険?

学生は危険

先に紹介したようにamazonギフト券の買取サービスは原則、学生や未成年者は利用できない決まりになっています。

というのも古物営業法に引っかかってしまう可能性があるからです。

加えて未成年者の交わした契約は無効になりますので、せっかくamazonギフト券を買取しても元に戻さないといけない可能性があります。

ちなみに買取手続きの中で、身分確認は必ず行います。

この時に年齢を相手に知られるので、未成年者であることを隠してamazonギフト券を売却するのは難しいです。

amazonギフト券の買取サービスを細かくみていくと、一部年齢確認をせずに買取を行っているところもあるかもしれません。

しかしそのようなところは利用しないほうが賢明です。

というのも、年齢確認していない、未成年者・学生にもサービス対応しているところは危険なサイトである可能性があるためです。

未成年や学生のような、本来売却できない人でも利用できるといっているところは悪徳業者の危険性が高いですから注意しましょう。

学生や未成年などの利用者側の弱みにつけ込んでくる悪質な業者

弱みにつけ込む

amazonギフト券の買取業者の中には、悪質な営業を行っているところも一部あるようです。

具体的に悪徳業者はどのような手口があるかですが、換金率を不当に低くする手法はしばしば用いられています。

悪徳業者の場合、90%を超えるような高い換金率を謳っているところも多いです。

そしていざ買取サービスを利用すると手数料だ何だといろいろな名目でお金をとって、実質の換金率は他と比較してかなり低いというケースがあります。

また換金率について詳しい説明がなく、キャンセルできないところまで話を進めていって、そこで何かとケチをつけて換金率を下げるという方式もあります。

そして「話が違う」と言ったら、「じゃあキャンセル料を支払ってください」といわれてしまうパターンが見られます。

このように、いずれにしてもこちらの不利な条件で安く買いたたかれる可能性は高いです。

amazonギフト券の買取サービスはネットを使った手続きのところも多いです。

自宅で手軽に手続きできるのが魅力ですが、悪徳業者の中には、amazonギフト券を引き取って買取金額を支払わないようなひどいところもあります。

このように悪徳業者に引っかかる可能性がある点に注意しましょう。

そして本来売却できない学生をターゲットにして商売している危険性も考えられます。

甘い言葉に惑わされないように気を付けることが大事です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする