もしもリストラされたら?再就職に向けての資金繰り

リストラされたら

再就職にもお金がかかる 雇用保険だけでは厳しい現実

1
事業再編によるリストラが増えている

長引く不況、経済不安など、日本社会をとりまく問題は山積しています。

そんな中、生き残りに必死な国内企業の多くが、事業再編のために社員のリストラに踏み切っています。

企業が生き残りに必死なことも理解はできますが、リストラをされる身としたらたまったものではありません。

自分の都合や責任で辞めるのではなく、会社の都合で辞めさせられるのです。家族を抱えてどうやって生活をしろというのでしょうか。

家族の生活費、子どもの学費、住宅や車のローンなどをこれまで通りにまかなっていくには、どのような対策をとればいいのでしょうか。

2
どうにもならない?そんなときには現金化

「リストラをされてもしばらくの間は失業保険がある」とはいっても、金額が増えることはありませんし、受給には面倒な手続きが必要です。

しかも、もらえる期限には限りがあります。

家の都合でまとまったお金が必要になっても、失業中では銀行から融資を受けることもできません。

「もう何も手の打ちようがない」という場合に思い出してほしいのは、クレジットカード現金化です。

もしクレジットカードを持っていて、ショッピング枠に余裕があるのならば、現金化を検討することができます。

3
カードの現金化は危なくないの?

クレジットカードの現金化に抵抗のある人は多いと思います。

違法だと唱える人もいますし、今のところはグレーゾーンだとも言われています。

また、悪質な業者がいることも事実なので、うっかり引っかかってだまされるというリスクもあります。

では、安全な現金化はないのでしょうか。

たくさんある業者のなかには、良心的で長い実績のある業者ももちろんあります。安心できる業者と出会うこと、つまり見つけておくことで、急な出費にも対応することができるのです。

4
新しい旅立ちを成功させるには?

運悪くリストラされてしまったという人にも、これからまだまだやり直すチャンスがあります。

再就職を勝ち取るためにも、当座の資金が必要になるでしょう。

今の時代、新卒や第二新卒での就活も大変ですが、中途採用の就活はもっと厳しいものがあります。

就職するための費用が足りないという場合には、カードの現金化が役に立つかもしれません。

クレジットカードの現金化なら審査もいりませんので職業は気にしなくても大丈夫です。

また、急ぎの場合でもすぐに現金を手にすることができます。

新しく借金を重ねるのではなく、カードを現金化するという方法もありかもしれません。

融資が受けにくくなった時代の新しい現金調達法

融資が受けにくい
経済状況の変化により、現在、銀行ではなかなかお金が借りられない時代になりました。

一時は日銀の緩和措置などにより恩恵があったかのようにも感じられましたが、実際は末端の職業及び末端の人間には恩恵すらこないまま終わってしまったようにも思えるくらいです。

これは消費者金融でも同じことで、以前は手軽にお金を借りることができたのに、パートやアルバイトの人にはお金を貸し渋るようになりました。

総量規制が施行され、グレーゾーン金利が廃止された現在では、消費者金融としてもできるだけリスクを少なくしたいという思いから、確実に返済が見込める相手にしかお金を貸さなくなったのです。

50万円や100万円ならすぐに消費者金融で借りることができた時代は過ぎ去りましたが、その代わりに今、注目されているのが、クレジットカードの現金化です。

実際にクレジットカードの現金化サービスを利用している人は増えていますし、サービスを提供する業者の数もそれに比例して増えています。

現金がすぐにでも手元に必要だという人には、一番手っ取り早い方法でしょう。

クレジットカードの現金化が、消費者金融より便利な点は、審査がないという点だと思います。

銀行はもとより、信販会社や消費者金融でも、お金を借りるには厳しい審査をクリアしなければならない時代です。

勤務先、勤続年数、年収、延滞や破産などの過去に起こした金融事故などの審査項目があり、それぞれ既定の水準をクリアしていなければ融資を受けることができません。

しかし、ショッピング系のクレジットカードなら、それほど厳しい審査はなく、パートやアルバイトの人でも比較的簡単に作ることができます。

そのクレジットカードのショッピング枠に空きがある状態なら、それを現金に換えることで、審査の必要なく現金を手にすることができるというわけです。

現在、借り入れが多すぎて新たにキャッシングできないというような経済状況の人でも、クレジットカードの現金化サービスを利用することで、すぐにお金を用立てられるわけですから、メリットに感じる人も多いことでしょう。

クレジットカードの現金化サービスを行っている業者は多いですが、注意しなければならないのが悪徳業者の存在です。

すぐにでもお金が必要なほどに逼迫した経済状況にある人の心理を利用して、詐欺を働くような輩も存在します。

つまり、クレジットカードの現金化はどこでやってもOKというわけではなく、ちゃんとした業者を選ぶ必要があるということです。

クレジットカードを現金化したい場合、おいしいことばかりを吹聴する業者は避け、ちゃんとデメリットについても説明してくれる業者を選ぶことが大切でしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする