貯金がないのに学費が支払えた方法とは

学費の支払い

学費などの支払いに困ったら

専門学校や定時制の高校、通信制大学などに働きながら通っている方は意外に多いです。

昨今の家計状況をみても夫婦で働いて通常の生活ができるような物価状況や生活水準になっているように感じますし、離婚も非常に多く「3組に1組は離婚している」という統計も出ているようです。

そのためか、片親だけで学業だけに専念できる環境というのは厳しい状況となっているようです。

また、公立以外の学校はどこもお金がかかります。

働きながら、といってもフルで勤務できるわけではないので、月々の収入はあまり多くありません。

学費は大体一括払いですので、あと10万円、20万円足りずに困っている方もいると思います。

そのような時に利用できる方法の一つに、クレジットカード現金化があります。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化するというサービスです。

通常、お金を借りるためには銀行などの金融機関、消費者金融などの貸金業者を利用しますが、クレジットカード現金化は金融機関でも貸金業者でもありません。

ショッピングで購入した商品を換金し、現金を手にするという方法またはサービス業者のことであり、基本的にキャッシングではなくショッピングとして扱われます。

そのため、信用情報に借金をしたという情報が載ることはなく、就職の個人調査で信用情報をチェックされても不利になりません。

一応、信用情報は金融機関以外に確認できないようになっていますが、興信所などを利用するとなぜか消費者金融の利用履歴などが把握されてしまいます。

社会的信用の高い職種に就職したいと考えているなら、消費者金融を迂闊に利用することはできません。

しかし、クレジットカード現金化はショッピングですので、信用情報に記録されません。

また、書類審査や在籍確認などが一切なく、年齢や職業を問わず誰でも利用できるというメリットがあります。

すべてのクレジットカードにはショッピング枠が付帯しているので、キャッシング枠のないクレジットカードでも利用できます。

ただし、ショッピング枠の限度額の範囲内でしか現金化することができないため、まずはいくら限度額があるのか調べましょう。

クレジットカードの裏面に記載されている番号に電話すれば、すぐに限度額を教えてくれます。

限度額が30万円で、未払いのショッピング代金などがない場合は、30万円までクレジットカード現金化することができます。

ただし、業者によって手数料が発生するため、実際に受け取る金額は30万円以下となりますので注意が必要です。

サービスを行った後は、クレジット会社にショッピング代金を支払う必要があるので、無理のない返済計画を立てることも大切です。

一応、学生相談所で融資を行っているかどうか確認してから利用するようにしましょう。

貯金が全然ない!そんな時でも諦めない

貯金がない
ローンの支払いがあったり、アルバイトやパートで生計を立てていたりすると、その月の支払いで精一杯でなかなか貯金が貯まりませんよね。

そんな時に病気になって入院したり、冠婚葬祭が重なったりすると、どうしてもお金が足りなくなってしまいます。

生活費を切り詰めてもお金を捻出できない時にこそ、頼りになります。

クレジットカード現金化は、カードで特定の商品を購入し、その商品を換金したりキャッシュバックを受けたりすることで、今すぐ現金を手に入れる方法です。

クレジットカードにキャッシング機能が付帯していない方、キャッシングの審査に通らずショッピングしかできない方でも現金を手に入れられる裏ワザです。

違法行為ではありませんが、クレジット会社の利用規約で禁止されているという事も理解しておくことが必要です。

しかし、クレジットカード現金化の手続きは普通のショッピングと変わりがないため、クレジット会社が現金化かどうか判断することは非常に困難であり、不審な買い方をしなければ問題視される可能は非常に低いです。

不審な買い方というのは、一人で商品券を何十枚も購入したり、新幹線のチケットを何万円分も購入したりするような買い方です。

金券類は換金性が高いので、クレジット会社からチェックされる可能性が高いです。

そのため、現金化では電化製品やブランド品、貴金属などを購入することが多いですが、何を購入してどこに売ったらいいのか分からない方も多いと思います。

お金がないのに高額の買い物をして、高値で売れなかった場合はショックですよね。

そのような失敗をしないためには、現金化のサービス業者を利用するとよいでしょう。

サービス業者を利用すれば、インターネットで簡単な手続きを済ませるだけで、即座に現金化することが可能です。

インターネットに不信感がある方は、直接店舗がある業者の窓口に行って取引するとよいでしょう。

クレジットカード現金化のやり方は業者によって異なりますが、一般的には消費者が購入した商品を業者に持ち込み、商品と引き換えにお金を貰うという流れになります。

インターネット取引の場合、商品は郵送し、銀行口座に送金という流れになります。

業者に届いた商品は、そのまま業者の店舗で販売されることもありますし、他の古物商に転売することもあります。

他の古物商に転売する場合、中間マージンが発生するため、現金化率は低くなります。

少しでも現金化率の高い業者に売りたい場合、自社の店舗を持っている業者を利用することをおすすめします。

1年間で100万円の貯金ができるようになる為に実際にやった事

実践したこと
貯蓄なんてしたくないって思っている人も、貯蓄をしたくても家計の理由からできない人も、切詰めながらもコツコツ貯蓄をしている人もそれぞれが居て経済が成り立っているんです。

貯蓄をすると不景気になるなんて事も耳にしますが、必ずしもそうではないと私は考えています。

しかしながら貯蓄税なるものが政府内で検討されているなんてことがインターネットやTVのニュースなどでも取り沙汰されているようでは真面目に貯金なんてしたくなくなります。

この貯蓄税なるものは『個人での貯金額が1000万円を超える預金に対して毎年2%の税金を課税する』と具体的な想定される内容まで出来上がっておりますから遠からず近からずといったところでしょう。

実はこの個人での貯蓄額が国に把握できるようになる仕組みこそがマイナンバー制度というわけです。

このマイナンバーが税金や社会保障費などと紐付され始め、今後は金融資産にも関連付けされるのは間違いありません

預貯金や借入なども管理されてしまうという事です。そのシステムから富裕層といわれる1000万円以上の貯蓄があるかを把握し課税しようという想定なのでしょう。

実際問題この様な課税方法が施行されることは無いとは思いますが政府の管理下ではすべて把握されてしまうという事です。

だからといって、タンス預金などではやはり想定されるリスクが高く現状では金融機関への貯蓄が一番信頼性が高いと思いますから、1年間で100万円の貯金ができるようになる為にも金融機関はとても大切なパートナーと言えでしょう。

貯金が無い事は恥ずかしい事ではありません。逆に貯金があるから偉いわけでもありません。

でも、あって損をすることはありませんし、生活や人生の選択肢が増えますから頑張ってみてはいかがでしょうか。

まず、簡単に1年間に100万円を貯めるためには1ヶ月に83,400円が必要になります。

この金額をコンスタントに貯蓄することができれば100万円も夢ではありません。

例えば、銀行口座で自動積立を行う事も手段としてはとても良い方法です。

銀行に行かないでコンビニのATMなどで数千円や数万円を使うたびに小出しにして利用している人などにはお勧めです。

小出しにしていればその都度手数料が取られていたりしませんか。

100円や200円だからと何回も利用していては年間で1万円近い金額になってしまいます。

また、支払いなどの洗い出しが有効です。

毎月の収支を見える化してどこからお金を捻出すればよいかを考えることも必要です。

現在の生活において水道光熱費のように「かかってしまうお金」については節約が可能ですが、自分に「かけるお金」については投資と考えることも必要です。

この辺りは将来的な収入増が見込めるのでは削ることは避けた方が良いでしょう。

但し見栄を張るような物については控えるようにしましょう。

経験上、0円~100万円がとても難しいし厳しいです。

100万円を超えることができれば200万円~300万円は達成することが容易にできるはずです。

大きな金額を目指すよりもコツコツと続けられる金額で行う事が最短の近道だと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする