ギフト券の換金ではリピーターへの入金が早いけど換金率が下がるって本当?

急いでいるなら換金率

急いでいる時こそ見落としがちな換金率

今すぐに現金が必要という場合、多くの人が最初に思い付くのは消費者金融でしょう。

今の消費者金融は町のいたるところに無人契約機を設置しているので、これまでのように人目を気にしたり消費者金融のスタッフと対面したりといった心配がなくなりました。

ところが、無人契約機ならすぐに現金が手に入るだろうと期待して行くと、意外と手間も時間もかかることがわかります。

消費者金融ですから身分証明書や収入証明書の提出が必要ですし、それを審査する時間もかかります。

スタッフとの対面はなくても無人契約機内の電話で会話する必要はあるので、なかなか気軽に利用できるものではありません。

Amazonギフト券換金サイトでは、消費者金融のような審査などがないため、インターネット環境さえあれば簡単に現金を手にすることができます。

「最短10分のスピード入金」などと期待を煽るような宣伝文句もあちこちのサイトで見かけるので非常に便利に見えるでしょう。

しかし、初回の利用では、その最短の時間で手続きが完了することはまずありません。

初回の利用なら換金の仕組みや手順の説明が必ずありますし、身分証明書や銀行口座の確認も必ずあります。

そういう手続きに必要な時間がかかるため、スピード入金が売りのAmazonギフト券換金サイトでも数十分はかかる覚悟が必要です。

ところが、同じ換金サイトを2回目以降利用する際は、初回の手続きが省略できるため、宣伝文句通りの最短時間での入金も期待できます。

スピード入金の換金サイトなら、長くても30分あれば振込手続きまで完了するでしょう。

このように、入金までのスピードという点では同じ換金サイトを2回目以降に利用する方が便利ですが、入金スピードだけに囚われると思わぬ損をすることがあるので注意が必要です。

というのも、ほとんどのAmazonギフト券換金サイトでは、顧客開拓のため、新規利用者のみに通常より高い換金率でサービスを提供しているからです。

サイトの全面に大きく宣伝している換金率は、新規利用者限定ということが多いです。

2回目以降の利用では通常の換金率になるため、同じ額面のAmazonギフト券を換金してもらう場合、受け取れる金額は初回より少なくなってしまいます。

ただし、なかには、キャンペーン用の換金率ではなく、何度目での利用にも適用される通常の換金率を表示している換金サイトもあります。

そういう換金サイトを最初に探すか、1回利用したら違う換金サイトに乗り換えるか、というのもAmazonギフト券の換金を考えるうえで検討するポイントです。

入金までの時間がスピーディーなAmazonギフト券換金サイトを見つけるには

スピーディーな店舗
どのAmazonギフト券換金サイトでも、初回の利用時より2回目以降の方が申し込みから入金までにかかる時間は短くなるということはお話しました。

なぜなら、初回利用時には本人確認や口座確認が必要ですが、2回目以降ではその手順が省けるからです。

ですので、どのAmazonギフト券換金サイトを利用するにしても、2回目以降の申し込みでは初回よりスピーディーに入金されることを期待してよいでしょう。

ただし、Amazonギフト券換金サイトによって入金までの処理にかかる時間は異なるので、とある換金サイトの初回利用時の入金までのスピードと、別の換金サイトの2回目以降の利用時の入金までのスピードを比べると、必ずしも前者の方が入金までの時間が長くなるとは言えません。

初回の入金に何日もかかった換金サイトなら、2回目以降は時間が短縮されるといっても手続きの処理にはやはりそれなりの時間がかかるでしょう。

初回の利用でも1時間以内に入金まで完了するAmazonギフト券換金サイトもありますので、スピードを重視するなら、必ずしも前回利用した換金サイトを利用するのが賢明な選択とは言えないわけです。

なぜサイトによって入金までの時間が大きく異なるかは、サイトのスタッフの人数と利用者の人数に関係しています。

換金率の高い人気のある換金サイトだと、それだけ買取を申し込む人が多く集まるため、時間帯によってはかなり待たされることもあるでしょう。

それでもスタッフを十分に配置しているサイトなら迅速に処理はできますが、なかなか何十人も申し込みの手続きに当たるスタッフを配置できるようなサイトはないものです。

大型の金券ショップが運営する換金サイトであれば、それなりにスタッフの人数も多いとは思われますが、それでも一度に業務に当たるのはせいぜい数人でしょう。

もう少し規模が小さくなると、一人のスタッフがすべての申し込みに対応するような換金サイトもあります。

そういうサイトに同時に何人も換金を申し込めば、入金完了までに時間がかかるのは当然です。

「最短10分で振込」、「最短5分のスピード入金」など手続きにかかる時間が短いことを謳うAmazonギフト券換金サイトは多いですが、これは「最短」での時間を表しているだけであって、たとえ入金まで何日かかろうが間違いではありません。

ですので、入金までのスピードを重視するなら、「最短」という曖昧な表記で宣伝するサイトではなく、問い合わせて最長どのぐらいの時間がかかるかを尋ね、その時間を比較して最適なサイトを選ぶといよいでしょう。

Amazonギフト券の換金サイトを2回目以降に利用するときの注意点

2回目以降の注意点
Amazonギフト券換金サイトは、どこも2回目以降の利用時の方が入金までのスピードが速くなるのは確かですが、入金時間にばかり囚われていると損をすることもあります。

それを承知で利用するのならかまいませんが、入金された金額を確認してから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、同じ換金サイトの2回目の利用だからと安心せず、事前に十分な確認をしてから申し込むことがAmazonギフト券換金の注意点です。

多くのAmazonギフト券換金サイトでは、初めてそのサイトを利用する人が最も優遇されています。

たとえば、新規利用者は90%の換金率で買い取るが、2回目以降の利用者は85%の換金率に下がるといった具合です。

Amazonギフト券換金サイトが乱立している今では、どこの換金サイトも新規顧客をどうやって増やすかに苦心しています。

そのため、どこでも「初めての方ならこんなにお得ですよ」ということをアピールして集客しているわけです。

ただし、その換金率は初回だけの特別キャンペーンであって、2回目以降は通常の換金率に戻ってしまいます。

それを大々的に宣伝してくれれば誤解は少ないのですが、ほとんどのAmazonギフト券換金サイトでは、さまざまな条件を満たした瞬間最大的な換金率だけ大きく表示して、それ以外の条件での換金率についてはパッと見ではわからないことが多いです。

そのため、「最初に利用したときにあの換金率だったのだから」と安心して2回目を申し込むと、前回より大幅に換金率が下がっていたということになってしまうわけです。

また、同じ換金率でずっと換金を続けているようなAmazonギフト券換金サイトは存在しないことも注意点として挙げられます。

業界内の相場なのか、何らかの要因でAmazonギフト券の換金率は日々細かく変動しています。

ですので、初回の換金率が良かったからという理由だけで短絡的に申し込むのは、やはり注意すべきなのです。

なお、Amazonギフト券の換金は、ギフト券の額面が大きくなるほど換金率も高くなる傾向にあります。

そのため、10万円以上の換金では90%以上の高い換金率で取引可能というサイトでも、1万円以下での申し込みなら換金率が70%以下に下がるということもよくあるのです。

したがって、換金率を見るときは、初回か2回目以降かだけでなく、換金を申し込む額面にも注意しなければなりません。

以上がAmazonギフト券換金サイトの2回目以降の利用時の注意点です。

これらを参考にしてあなたに最適の換金サイトを見つけてください。

今までは諦めて購入できなかった時の活用方法を紹介

旅行
アマゾンギフト券は、amazonのさまざまな商品を購入する時に使えるアイテムです。

皆さんも知っての通り、amazonではいろいろなジャンルの商品を販売しています。

しかし、旅行関係の商品は取り扱っていないので、アマゾンギフト券はあまり活用できないと思っている人もいるでしょう。

確かに現在では、日本国内のamazonの商品をチェックしてみると、バッグや衣類の圧縮袋、変換プラグなどの旅行用品を購入するのに限られています。

しかし将来もしかすると、旅行関係の費用をアマゾンギフト券を使ってまかなうこともできるかもしれません。

amazonの本場はアメリカですが、アメリカの北東部と南カリフォルニアエリア、太平洋岸北西部の3地域で、「アマゾン・デスティネーションズ」というサービスを開始しています。

こちらは旅行関係のサービスになっていて、ホテルの手配ができるサービスになっています。

ホテルの他にも、アメリカの民宿であるイン、宿泊と朝食のみを提供するB&Bといった施設を紹介しています。

大手の有名チェーン店ではなく、独立系のホテル会社を中心とした手配を行っています。

アマゾン・デスティネーションズの特徴として、他の旅行会社のようにパッケージ価格とか大幅値引きの案件を取り扱っている一方で、ホテル側に対して価格を柔軟に対処してもらえるようなシステムも採用していることが挙げられます。

amazonを普段利用している人や通販サイトの情報についてよく知っている人でも、アマゾン・デスティネーションズの存在については知らないという方も多いかもしれません。

実はamazonでは、アマゾン・デスティネーションズについてプレスリリースなど大々的な宣伝を行っていません。

最近、新聞などの記事で徐々にアメリカ本国でも取り上げられるようになってきて、やっと注目されるようになりました。

旅行ビジネスは利益の出るジャンルであることは、世界的に証明されていることです。

ですからもしアマゾンがこの旅行ビジネスに本腰を入れていけば、旅行業界で決して無視できない存在になっていく可能性も高いです。

ネットの旅行ビジネスの中では、まだ端役の存在ではありますがそのポテンシャルは高いとアメリカの経済の専門家の間で注目を集めています。

アメリカのアマゾン・デスティネーションズの業績が順調にいけば、もしかすると日本でもこのサービスが導入される可能性はあります。

そうなると、アマゾンギフト券を使ってホテルを予約するとか、パックツアーを購入することもできるようになるかもしれません。

メリットはプレゼントにも自分用にもできる柔軟性

メリットは柔軟性
クレジットカードがあればアマゾンで手軽に買い物ができますが、アマゾンギフト券を使って購入するメリットはいろいろあります。

クレジットカードは貯金残高に関係なくどんどん購入できてしまいますから、気が付いたら収入をオーバーするほど買い物をしてしまうリスクがあります。

プリペイドカードタイプのamazonギフト券を使えば、1カ月の予算を決めることができ、買い物のし過ぎを防げます。

クレジットカードで支払うと請求書が来るまでタイムラグがありますが、アマゾンギフト券で購入すればリアルタイムで利用履歴と残高を確認でき、家計の管理もスムースです。

クレジットカードを所有していない人、インターネットでの購買にクレジットカードを使いたくない人にとっては、amazonギフト券はクレジットカードに匹敵するメリットを持っています。

アマゾンギフト券には定額がチャージされているプリペイドカードと、1円単位で好きな金額だけチャージできるバリアブルカードがあります。

amazonギフト券はコンビニやスーパー、ATMやネット銀行で購入できます。

バリアブルカードを使えば残高も残らず、クレジットカードを持たない人でもクレジット決済のみを対象にした商品を購入できるのです。

代引と違って手数料がかからないのも魅力です。

いろいろな会社がギフト券を発行していますが、アマゾンギフト券で購入できる商品は1億種を超え、高級品から廉価品まで自分の好みに合った物を選べるので、プレゼントにも最適です。

amazonギフト券をプレゼントに贈るメリットは、なんといってもそのオリジナル性でしょう。

カードやパッケージのデザインには豊富な種類があり、相手の好みや贈るシーンに合わせて選べるのは魅力です。

また、オリジナルの写真とメッセージを使って、世界に1つだけのオリジナルギフト券を作ることもできるのです。

アマゾンギフト券は購入から発行までのスピードもメリットに挙げられるでしょう。

Eメールタイプのamazonギフト券の場合、思い立ってからスマホを使ってデザインと金額を選び、送信ボタンをタップするまで30分もかからないでしょう。

誕生日のプレゼントなど日にち限定のプレゼントを間に合わせなければいけない時には重宝します。

アマゾンギフト券にイラストではなく、アニメーションやオリジナル写真を使っても追加料金がかかりません。

雪やケーキなどおしゃれな形のパッケージに入れてもらっても追加料金がかかりません。

もちろん、配送料も無料です。

アマゾンで買い物をするなら、ぜひamazonギフト券を活用しましょう。

規則・細則を理解したうえで利用しよう

規則の理解
アマゾンギフト券を購入するにあたって、利用規約や細則がアマゾンのホームページなどに記載されています。

アマゾンギフト券を利用するにあたってのルールになりますので、これを順守したうえでショッピングを楽しみましょう。

利用規約の中にはアマゾンギフト券を使用するにあたって、禁止行為もいくつか記載されています。

もしこのルールを破るといろいろなペナルティを科せられる可能性も出てくるので注意しましょう。

結構アマゾンギフト券のユーザーの中には、この利用規約や細則を確認せずに使っている人もいるようです。

アマゾンギフト券ですが、インターネットで検索をかけてみると「アマゾンギフト券を換金する方法」といったサイトがヒットします。

アマゾンギフト券をアマゾンでショッピングするのではなく、このように現金化することは規則違反ではないのかと心配になる人もいるでしょう。

実はアマゾンギフト券の細則を見て見ると、

「ギフト券の金額を補充する、ギフト券を対価でもって譲渡すること、換金することはできません」

「アマゾンサイトのアカウントのみ使用残高は譲渡できない」

と記載されています。

ちょっと難しい言葉が含まれていますが、簡単に言ってしまうとアマゾンギフト券は再販売とか換金することを禁止しているわけです。

ちなみにもしアマゾンギフト券の規則に違反する使い方をした場合には、ペナルティが課せられます。

このペナルティについても細則の中で記載されていて、アマゾンアカウントの剥奪もしくはギフト券の無効かと記載されています。

となると、現在アマゾンギフト券の換金を実施しているマッチングサイトなどはすべて無効にされる恐れがあるわけです。

ではなぜこの手のマッチングサイトがアマゾンギフト券の規則では認められていないことを行えているかですが、アマゾンの規則では禁止にしているものの、実際には規制に乗り出していないからです。

たとえば車を運転していて、駐車違反やスピード違反をした人が片っ端から全員反則切符を切られることはありません。

つまり厳密にいえば違反を起こしても、その程度の問題で実際にペナルティが課せられないこともあるわけです。

インターネットの情報を総合すると、アマゾンがアマゾンギフト券の現金化・換金をすべて規制するとは考えにくい状況といえます。

ただし、万が一アマゾンギフト券の換金サービスを利用するのであれば、このようなリスクもあることも頭の中に入れたうえで利用するかどうか検討しましょう。

アマゾンギフト券を利用するのは損?得?

どっちがお得
アマゾンギフト券をお得に利用したいと思っている人が大半のはずです。

しかし実際にアマゾンギフト券を使ってショッピングをしている人の中には、結局損をしているというケースもしばしばみられます。

アマゾンギフト券でショッピングして損しないようにするためにポイントになるのは、お釣りです。

このお釣りをいかに無駄なく活用できるかが、アマゾンギフト券でお得にショッピングするためのコツです。

990円の商品を買物して、1000円札を出せばお釣りとして10円戻ってきます。

これと同じことがアマゾンギフト券を利用した場合にも起こります。

ただし通常のショッピングとは違って現金でお釣りを手に入れることはできません。

アマゾンギフト券を利用するにあたって、アカウントに登録するはずです。

このアカウントの中にお釣りが入る仕組みになっています。

もしアカウントを持っている人がいれば、一度自分のお釣りを確認してみましょう。

何度もアマゾンギフト券を使ってショッピングをしている人は、それなりにアカウントの中にお釣りのたまっている可能性もあります。

もしアカウントにお釣りがあれば、できるだけ早く使い切ってしまったほうがいいでしょう。

というのもアマゾンギフト券同様、お釣りにも有効期限が設けられているからです。

法人向けギフト券は2年・シートタイプは3年間ですが、そのほかの主要なアマゾンギフト券の有効期限は、そのギフト券が発行されてから1年間となります。

注意

2017年4月24日以降はすべての種類の有効期限が10年となっております。

もし1年経過してしまうと、アカウントの中のお釣りは無効となってしまいます。

これは大変もったいないことです。

アカウントのお釣りを確認して、ショッピングするときにどんどん活用することがポイントです。

お釣りをゼロにすること、これがお得にアマゾンギフト券を使ってショッピングするための基本です。

そのためには、ほかの支払い方法と併用して代金を払う方法がお勧めです。

アマゾンギフト券のお釣りですが、チャージタイプのギフト券や電子マネー、代金引換などと併用して支払いをすることも可能です。

その中でも特におすすめの方法として、クレジットカードと併用して代金支払いをするものがあります。

クレジットカードと併用すれば、カード情報をアカウントに登録して自動的にお釣りだけでは支払代金全額支払いきれない時に、クレジットカードに切り替わって決済することができるからです。

手数料なども発生しませんし、スムーズにお釣りを使い切ることができるわけです。

ただし、誤解が多いですがクレジットカードとの併用ですがクレジットカードで行う現金化とは全く違うものになります。

クレジットカードが無くても大丈夫!?

ショッピング

巨大通販サイトとして日本に定着しているamazonですが、一部の商品はクレジットカードがなければショッピングできないシステムになっています。

たとえばマーケットプレイスという方法で販売されている商品は、クレジットカードなしでは買えないことがあります。

マーケットプレイスは、amazon本体が倉庫から出荷して販売するのではなく、amazonにネット店舗を出している販売業者の集まりです。

希少価値の高い本やCD、DVDなどが売られています。

特に、中古品の販売ではマーケットプレイスは利用価値が高く、全国各地に点在する中古販売店から品物を買うことができます。

ところが、このマーケットプレイスではクレジットカードでなければ決済できないものがあります。

こういった商品は、たとえば学生や収入の少ない社会人でクレジットカードを所有していない場合には手が出ないことがあります。

たとえクレジットカードを持っていても、オンラインでカードを登録することに不安を覚える人もいます。

そこで活躍するのがamazonギフト券です。

amazonギフト券を使うと、マーケットプレイスなどで販売されている商品も購入可能です。

ギフト券はamazonのサイトで買うこともできますし、コンビニやスーパーマーケットで購入することも可能です。

大きくカードタイプとシートタイプの2種類があります。

カードタイプは3000円から2万円まで幅広く提供されており、1円単位での購入も可能です。

期限は購入してから1年です。
amazonギフト券そのものには期限が記載されていないので使うには注意が必要になります。

シートタイプも多くのコンビニで取り扱いがあります。
2000円や3000円のものが良く売れています。

それ以上の金額は、5000円から1万円、2万円、2万5000円まで設定されています。

販売店舗によって多少のばらつきはありますが、おおよそ2万円程度までと考えれば良いでしょう。

シートタイプは3年の期限があります。これは購入日ではなく、発行日から起算するので注意しましょう。

amazonギフト券を使う大きなメリットは、手数料がかからないということです。

amazonでは現金支払いのときに代金引換を利用できますが、このとき代引き手数料として約300円かかります。

amazonギフト券を使えば、この手数料はかかりません。コンビニに行って購入する手間はかかりますが、無駄な手数料を支払わずに済むので便利です。

使い方は簡単で、ギフト券に記載された番号を、アカウントの登録窓に入力するだけで使えるようになります。

現金化は審査も来店も不要?

手元に現金がないのに急にお金が必要になることは珍しいことではありません。

緊急で実家に帰る必要ができることもありますし、急な飲み会や会合があることもあります。

手元に現金がなく、銀行口座の残高も少なく現金を工面しなければならないというときに、まず頭に浮かぶのは消費者金融機関という人も多いでしょう。

銀行のキャッシングサービスも近年は充実しており、テレビなどで盛んにCMが流れています。

こうした金融サービスを利用するには、一定のリスクがあります。

大きなものとして審査があります。

金融機関に融資を申し込みすると必ず審査があります。

年齢、住所、会社への勤続年数、住居は持ち家かどうかなどを厳しくチェックされます。

また実際にキャッシングを利用するにあたっては、カードの発行などで来店する必要が出てくることがあります。

近くにその金融機関の窓口がなければ、わざわざ遠出しなければいけません。

また、消費者金融業者からの借入には必ず金利があります。

利息として毎月決まった額の金利を返済しなければいけません。

多くの消費者金融で採用されているのは年利18%です。10万円を借りたら1万8000円の年利になります。

これを365日で日割り計算して、それに30、もしくは31を掛けた額が毎月かかる利息です。

およそ1479円程度になります。そこでamazonギフト券の現金化という手段が有効になります。

近年ではamazonギフト券を買い取る業者が増えており、利用価値が高いとして話題になっています。

銀行や消費者金融などで必要とされる審査はありません。メールタイプでやり取りすれば来店の必要もなく現金を手にできます。

多くの業者でギフト券が到着して当日または翌日に利用者の口座に現金を振込みます。

amazonギフト券はクレジットカードで買うことができます。

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にできることになります。

キャッシング枠を設定していない人、改めて審査を受けるのは嫌という人には利用する価値は高いと言えるでしょう。

ネットには多くのamazonギフト券専門の換金業者が存在します。

店舗によって換金率に差はありますが、amazonギフト券は人気の高い商品であるため、90%以上になっていることが多く、素早く現金化できるので便利です。

クレジットカードのショッピング枠を使った現金化は、金券ショップを利用するという方法もありますが、ショップそのものに来店しなければならないというデメリットがあります。

手間もかかりますし、交通費がかかることもあるでしょう。amazonギフト券の専門換金業者ではそういう手間は必要ありません。

資金調達としても利用できる

資金調達の利用法
急な出費が重なって生活資金が足りなくなることは珍しいことではありません。

遊びやギャンブルでお金を使ってしまったときに限って冠婚葬祭が重なるというのは、良くあることでしょう。

資金に余裕があれば何でもないことが大きなピンチを招くときがあります。

そういった際には、何らかの方法で資金調達をしなければいけません。

資金調達で真っ先に思い浮かぶのは消費者金融という人も多いでしょう。銀行からの借入という手段もあります。

しかし、金融機関からの借入には大きな壁があります。

金融機関からお金を借りる際には必ず審査があります。

社会人であれば、会社の規模から勤務年数、年収などが審査の対象になります。

固定電話のあるなしも審査にかかわります。
また、以前に金融機関からの借金で返済不能に陥った場合にはブラックリスト入りしているので、審査には通りにくいでしょう。

このような場合に、amazonギフト券を利用することができます。

amazonギフト券は利用価値が高いため、高い換金率で現金化することができます。

銀行や消費者金融から借入するには必ず審査がありますが、amazonギフト券を売る分には審査はまったくありません。

古物商との取引にあたるため、身分証明書の提示も必要ですし、住所や年齢といった個人情報も通知する必要がありますが、借入の審査ではありません。

無職の人でも、amazonギフト券を用意できれば現金化できます。

銀行などから借入する際には家族に発覚する可能性がありますが、amazonギフト券の現金化ではそのような心配はありません。

また、消費者金融などからの借入には金利がつきます。

ほとんどの業者が採用しているのが年利18%です。

10万円を借りたら、1万8000円の利息が自動的につくことになります。

amazonギフト券の現金化では、業者にもよりますが最高で90%程度の換金率になります。

10万円分のギフト券で9万5000円を手にできます。金融機関からの借入よりもお得ということになります。

ただし、近年ではクレジットカードの現金化を行う業者が多数amazonギフト券の換金業に乗り出しています。

中には悪質な業者もいるので注意しましょう。

目安となるのは古物商の認可番号です。

amazonギフト券の換金は金券ショップや古本屋と同様に、公安委員会から古物商としての認可が必要です。

認可を受けている業者は必ず分かりやすい場所にそれを表示する義務があります。

公式サイトにも分かりやすいところに表示されているはずです。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする