1万円程度の小額でも現金化業者を利用することは可能なのでしょうか?

現金化業者に申し込むのは10万円とか20万円ぐらいじゃないとダメという事はありません。

店舗ごとに定められた最低利用額がありますので確認して利用することができます。

少額での現金化の取扱いは各店舗の裁量で決めている

少額での現金化
クレジットカードの現金化は、いざという時に助けになるものです。

現金化を希望の方は「せめて1万円何とかならないか」と小額を希望している場合が多いのですが、世の中の現金化業者を見渡してみると、最低利用金額が10万円など小額での利用ができないところが多いのです。

では、1万円程度の小額から利用できる現金化業者はあるのか、あるなら利用する際の注意点は何か、また、なぜ小額で利用できる現金化業者が少ないのか、といったことを見ていきましょう。

結論から言ってしまえば1万円程度の小額でも現金化が可能な業者はあります。

すべての業者が可能とは言いませんが、ネットを探せば見つかるはずです。

ショッピング枠が残り少なくても1万円程度の余裕なら比較的誰にもあるでしょうから、これは助かります。

業者が見つかれば、あとは申し込みをして振り込まれるのを待つだけです。

スムーズに進めば30分ほどでお持ちの銀行口座などに振り込まれるでしょう。

小額なら一括での返済が可能ですし、利息額も少ないためリスクがあると言われる現金化を利用するのも気軽です。

ただし、小額での現金化の利用は注意が必要です。

なぜなら小額での現金化を受け付けている業者でも、換金率は高額での申し込みに比べると総じて低いからです。

換金率の高い業者なら申込金額の95%以上も可能だというところがありますが、そういうところも利用金額が少なくなるに従い、換金率も低くなっていきます。

最高95%の換金率の業者でも、小額での利用は80%程度にまで下がることは珍しくありません。

というのも、小額でも高換金率で現金化を受け付けていては、業者にとって儲けが少ないからです。

100万円の申し込みなら95%でも5万円の取り分がありますが、それが1万円ならたったの500円になってしまいます。

たとえ80%の換金率だとしても、1万円の申し込みなら業者の儲けは2千円にしかならないわけです。

このことから、小額での申し込みが可能な業者が少ないことも納得いただけるでしょう。

小額での現金化業者の利用は可能ですが、以上のように差し引かれる割合が多くなることに注意してください。

つまり、1万円を希望するなら、それ以上の額面で申し込まないと手元に1万円は届かないということです。

しかも、たいていの業者で申し込みは少なくても1万円単位です。

1万円を希望する場合、最低2万円分の申し込みが必要になります。

このように、小額での利用は可能であるものの、効率が悪いということを知っておきましょう。

小額での現金化が可能な業者を利用する際の注意点

少額利用の注意点
クレジットカード現金化業者には、小額から受け付けるところも見つかることがわかりました。

ただし、その場合でも、換金率が高額での利用に比べかなり低いことにも注意しておかなければなりません。

1
少額での現金化を利用するとき

では、実際に少額での現金化を利用する際の注意点を紹介します。

現金化業者を選ぶ際は、誰しも換金率に注目すると思いますがいかがでしょうか。

これは当然なのですが、問題はいくらの申し込みに対してどのぐらいの換金率が適用されるかということまで抑えておかなければならない点です。

たとえホームページのトップにでかでかと「換金率95%!」と表示されていたとしても、それは申込金額にかかわらずに適用される換金率ではない場合が多いです。

よくよく見ると「申込金額○○万円以上の場合」などと但し書きがあります。

ですので、小額での利用なら、たとえばショッピング枠を1万円分現金化したいとすれば、1万円分で何%の換金率になるかという具体的なところまでしっかり見ておく必要があるのです。

現金化業者によっては5万円以上や10万円以上という申込金額の最低条件がありますし、申し込みできる金額の単位も1万円からというところが多いでしょう。

ネットで見かけた広告の謳い文句に釣られるのではなく、ちゃんと自分の目で詳細まで確かめてから利用を決めてください。

2
少額での現金化が可能な業者を見つけたとき

次に、実際に小額での利用が可能な現金化業者を見つけた場合の注意点です。

現金化で利用した金額は、業者ではなくクレジットカード会社に返済することになりますが、返済方法は必ず1回払いを選択してください。

小額での利用で分割払いやリボ払いを選択してはもったいないからです。

なぜなら、クレジットカードの返済は支払い回数が増えるほど利息が発生し、たった1万円の現金化のために返済の利息がかかっては、非常に効率が悪くなります。

1回払いならカードの手数料もかからないので小額でもお得に利用できます。

また、小額での利用を希望するなら、その意志を貫くことが大切です。

業者に問い合わせたところ、「10万円以上の利用なら換金率をアップします」と言われたからといって、迂闊に乗らないことです。

確かに現金化業者は高額での利用の方が換金率がお得ですが、予定外に高額を現金化すると、今度はカード会社への返済が苦しくなることも考えられます。

現金化した分は必ず返済しなければならないことを忘れないでください。

一見お得に思えたからといって、自分のクレジットカードのショッピング枠を切り崩すだけのことですので、利用すればするほど得をするというわけではありません。

小額で事足りるなら最低限の利用に留めた方がリスクが少ないです。

小額で現金化業者を利用する前に検討したい他の方法

検討したい他の方法
クレジットカードの現金化は、1万円程度の小額でも利用可能です。

しかし、換金率が低くなることなど、高額での利用に比べてデメリットも大きくなります。

そこでおすすめなのが、他の手段による現金の調達です。

1~3万円程度の小額が早急に必要だとします。

現金化業者を利用すれば、早ければ即日に希望の金額がご自分の銀行口座に振り込まれることも可能です。

しかし、先に触れたように、この程度の小額で現金化業者を利用すると、かなり低い換金率が適用されます。

業者によっても違いますが、少額ならだいたい70~80%です。

もし85%もの高換金率の業者が見つかったら幸運ぐらいに考えてください。

ということは、1~3万円の現金を手にするために何千円もの手数料を取られるのと同じことです。

それならわざわざ現金化業者を利用するのではなく、キャッシングを利用した方がよいのではないでしょうか。

もちろんクレジットカードのキャッシング枠が限界に達しているからこそのショッピング枠の現金化ですから、クレジットカードでキャッシングしろというわけではありません。

しかし、今なら即日でお金を用立ててくれる消費者金融も増えています。

高額での利用が怖いとしても、1~3万円の小額なら返済も楽ですし、消費者金融の無利息期間サービスなどを利用すれば金利の心配もいりません。

現金化業者に多額の手数料を取られるよりずっとお得です。

もちろん、消費者金融も利用できないほど切羽詰まっているからこそ、現金化業者の利用を考えているという方もいるでしょう。

そういう場合でも別の方法があります。

現金化業者を介さずに、自力でクレジットカードの現金化を行うのです。

やり方は簡単で、高く売れる物をクレジットカード決済で買って買取店に売り払います。

発売直後の新品のゲーム機なら、買取店次第では換金率にして80%を超えることもあるのではないでしょうか。

もちろん何台もカードで購入して一気に売り払っていては、カード会社にも不審に思われます。

しかし、1~3万円の小額でよいのであればゲーム機1台で事足りるはずです。

それでも、転売が発覚すればペナルティーを受けるリスクはありますが、それは現金化業者の利用でも同じです。

常習的に繰り返すのはリスクが高いですし、乗りもしない新幹線の区間回数券を大量に購入するなどは非常に危険ですが、ゲーム機などの転売なら1回限りの急場しのぎとして十分に使える方法だと言えるでしょう。

高い換金率で現金化するなら家電がおススメ

高い換金率は家電がおすすめ
クレジットカードで、少しでもお得に現金化するなら、専門業者ではなく自分で換金する方法も検討してみましょう。

需要が高い商品をクレジットカードで購入して、インターネットのオークションや、中古買取店などで転売すると、専門業者を利用するよりも高い価格で売れることがあります。

しかし、自分で商品を購入して現金化する場合は、どの商品を購入するかがとても重要になります。

金券などおすすめの商品はいろいろありますが、そのなかでも特におすすめなのが家電です。

家電はインターネットでも、家電店でも販売しているので、購入しやすいというメリットがあるからです。

しかし家電といっても、その種類はさまざまですね。

大型のものでは冷蔵庫やクーラーなどもありますが、これらの商品は最新モデルで人気のある商品であっても、おすすめできません。

その理由は大きいので、運搬や設置に費用・手間などがかかるからです。

なるべく購入しやすく売りやすい、ミニサイズのものがよいでしょう。

特におすすめなのは・・・
  • ゲーム機
  • ゲームソフト

ゲーム系の商品は子どもはもちろんのこと大人にも人気があります。

また、最新ゲームや売れ筋の商品はすぐに売れてしまいますから、少々高値でも購入したいというファンも多いのが特徴です。

このため、売れ筋商品を見極める目さえあれば、実際に購入した金額よりも高値で売れることは少なくありません。

購入した商品を販売するルートが豊富で、手軽に販売できるのも家電製品の魅力です。

インターネットにはさまざまな中古買取サイトが、ゲーム機やゲームソフトの買い取りを行っています。

インターネットから申し込んで、商品を宅配で送るだけで買い取ってくれるのでとても便利です。

より高値で売るなら、インターネットのオークションに出す方法もあります。

インターネットのオークションは個人と個人の取引です。

人気の商品や売れ筋商品は高値で買う人が多いですから、実際に還元率100%以上も期待できます。

ただ、インターネットのオークションの場合、入札から落札まで多少時間がかかります。

より高く売るためには、ある程度の出品期間を設けて、一人でも多くの人に見てもらう必要があるでしょう。

また、買い取りサイトの場合も自分でお店に持ち込めば、その場で査定してもらえます。

しかし買取サイトの場合は、宅配便で送ってから査定完了までに日数がかかります。

今日すぐに現金がほしい!というときには、家電の買い取りによる現金化はあまりおすすめできません。

このような場合は、即日振り込んでくれる専門業者を利用する方が確実です。

カード決済による家電の現金化を成功させる方法

家電のカード決済
クレジットカードで現金化する際に、自分で商品を購入して転売するなら、家電がおすすめです。

家電はインターネットでも、町にあるリアルな店舗でも販売されているので、購入しやすいという利点があります。

また、家電量販店では商品を購入するとポイントが貰えます。

商品を購入するとクレジットカードのポイントが貯まりますし、インターネットのECサイトから購入しても、ポイントを貯まるところが多いですね。

商品の中には大量のポイントが付くものもありますから、ポイントを使って商品を購入すれば、実際の価格よりも安い値段で手に入れることができます。

つまりポイントを使えば、より少ない金額で家電が購入できるので還元率が高くなるわけです。

このようにクレジットカードの現金化で家電を転売するのは、大きなメリットがあります。

しかし家電による現金化には、いくつかの注意点もあります。

まず、もっとも大切なことは、高く売れる商品を選ぶことです。

例えばクレジットカードで5万円の商品を購入して、80%の4万円以下でしか売れないのなら、専門業者を使った方が手間も少なく、素早く換金してくれるのでお得です。

売れ筋の商品を選ばないと、5万円で購入した家電が2万円程度しか売れないなど、大損をすることがあるます。

くれぐれも注意しましょう。

家電は比較的高く売れる商品が多いのですが、モデルチェンジが頻繁に行われますし、どんどん新製品が登場します。

つい一週間前までは最新モデルで高く売れたのに、新しいモデルが登場して型落ちになり、売値がグーンと下がるということは日常茶飯事です。

家電を現金化する場合は、情報を集めていつごろ新商品や新モデルが登場するのかなどを常にチェックしておく必要があります。

また、どのような商品が人気なのかなど、トレンドに関する情報も不可欠です。

家電を高い換金率で現金化する場合は、情報を収集したり、どの商品が人気なのかを知っておく必要があります。

家電に詳しい人、家電の情報を集めるのが好きな人には向いていますが、情報を集める時間がない、手間暇はかけたくないという方には、自分で家電を購入して現金化するのはおすすめできません。

インターネットでも家電を購入できますが、少しでも利益を上げるなら、実店舗に出かけてみましょう。

繰り返しお店に足を運んでいると、店舗の品ぞろえや陳列を見るだけで、どの商品が人気があるのかがわかるようになります。

また、そのお店が独自に値引きしている商品もありますから、このような商品を購入すると、他のお店よりも安い値段で手に入れることも可能です。

インターネットだけでなく、実際の店舗でセール商品を探したり、どの商品にお客様が集まっているのかを見たりして、情報を集めましょう。

家電のクレジットカード現金化では自分の好きな分野を極めよう

家電の現金化
クレジットカードで家電を現金化する際に、少しでも高い換金率で現金化するにはどうすればいいのでしょうか。

家電といってもさまざまな種類がありますが、その中でも現金化に最適な商品を選ぶことが大切です。

テレビや冷蔵庫など高価な商品は、現金化した際に手に入るお金も多くなります。

しかしその一方で、配送費などの手数料がかかることもありますから、結局はをすることも少なくありません。

家電は、取り扱いやすく送料も安い小型のものを選びましょう。

ゲーム機やゲームソフト、スマートフォン、デジタルカメラなどの商品がおすすめです。

しかしこれらの商品の中には、人気の高いものもあれば、人気のないものもあります。

また、家電は新モデルが次々に販売されますから、どんどん古くなります。

最新モデルまたは人気の高い商品を選ばなければ高い値段で転売することはできません。

人気の高い商品は高値で買い取ってもらえますが、人気のない商品の場合、二束三文で買い叩かれることが多いのです。

ゲーム関係やモバイル関係などの情報を集めて、どの商品が売れ筋かを見極めましょう。

また、中古買い取りサイトなどで買い取ってもらう場合は、事前に査定金額を確認しておくことも大切です。

LINEなどで画像を送ると、おおよその買取価格を教えてくれる事前査定サービスを行っている買い取りサイトも多いので、複数の買い取りサイトで事前査定をしてもらって、最も高い金額をつけたお店に売るのがポイントです。

また、商品を高く売る自信がある人は、インターネットオークションを利用するのもおすすめです。

何が売れるのかを見極める力があれば、売れ筋のゲーム機やスマートフォンだけに商品を限定せずに、ポータブルDVDプレイヤー、ドライブレコーダーなど、美顔器などさまざまな小型の家電から、高く売れそうな商品を見つけるのもおすすめです。

家電を高く売るためには、モバイル、ゲーム、カー用品、美容系など自分の興味のある分野を選んで情報を収集して、その分野に対する知識を得て理解を深めましょう。

家電全般について詳しく調べるのは大変ですが、自分の興味のある分野に限れば、リサーチするのはそれほど苦痛ではないはずです。

電車の待ち時間など隙間時間にスマートフォンで情報を収集して、知識を蓄えましょう。

そうすれば、最新機種の販売などを見逃すこともないはずです。

いち早く最新モデルを購入して転売するなど、高い換金率での現金化が可能です。

家電を購入してのクレジットカード現金化では、家電のなかで自分が得意とする分野を見つけることが、高く売るためのカギとなります。

クレジットカードで購入した家電のはどこに売るのがお得なんだろうか?

クレジットカードで家電を購入して現金化する場合、どこに売ればいいのでしょうか。

家電を買い取ってもらえる場所は、いくつもあります。

  • 中古品買い取りのリサイクルショップ
  • 不用品を個人間で取引するフリマサイト
  • ネットオークション
  • 家電買い取り専門店
  • 地域などで開催されるフリーマーケット

この中で最も高く売れる可能性があるのはネットオークションですが、オークションでの売買に慣れていないと難しいですし、落札までに時間がかかります。

また、人気のない商品の場合は、まったく買い手がつかない……というケースもあるでしょう。

リサイクルショップの場合も売れ筋商品以外は、安値での買い取りが多くなります。

ただ、インターネットから申し込めば、自宅に宅配業者が荷物を取りに来てくれるので、手軽に売れるというメリットがあります。

フリーマーケットやフリマサイトなどを利用しての売買では、高値で売れる可能性もありますが、その商品を欲しいと思っている人が現れないと売れません。

インターネットと異なり、リアルでのフリーマーケットでは地域の人たちなど限られた人しか訪れないので、お客さんを見つけにくいというデメリットがあります。

これらのことを考えると、家電専門の買い取り店に売るのがおすすめです。

家電を専門に買い取っている業者なら、幅広い商品を買い取るリサイクルショップよりも高い値段で買い取ってくれからです。

家電買い取り業者はインターネットで、買い取り値段などの実績を公開しているお店が多いので、これらの情報を参考にして、どの商品がどのくらいの値段で売れるのかをチェックしてみましょう。

インターネットから買い取り申込みをすれば、トラックで集荷に来てくれるお店もあるので、多少かさ張る家電でも転売することが可能です。

家電はどの商品が高値で売れるのかを見極めるが難しいのがデメリットです。

売れる商品を選ぶためには、知識が必要となります。

また、少しでも安値で仕入れることも大切です。

高く売ることばかりに神経を向けがちですが、安く仕入れることにも同じくらい神経を配りましょう。

家電店に足を運んで値下げ交渉をする、セールをしているお店を探すなどの努力も必要です。

家電は買う場所も売る場所も豊富で、知識さえあれば高い換金率で転売できるのがメリットです。

しかしその反面、高く売るためには知識が必要というデメリットもあります。

家電を転売する時間と労力を考えると、還元率90%前後で買い取ってくれる専門業者を利用する方がはるかにお得で楽ということも多いのです。

家電での現金化は、メリットとデメリットを良く考えて利用しましょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする