土曜、日曜、祝日でもAmazonギフト券を即日換金できる店舗はあるの?

日曜営業


amazonギフト券の買い取りサービスでは現金還元率の高さも気になりますが、いつお金を振り込んでくれるのか、スピーディーな対応も気になります。

少しでも早くお金を振り込んでほしいというニーズは非常に高く、買い取り業者は即日対応など振り込み手続きの速さをアピールして他社との差別化を図っています。

年中無休は受付だけ?振込みは本当にできるのか

買い取ったお金は銀行口座に振り込まれますから、銀行が営業している平日の午前9時~午後3時までに手続きを終えていれば、その日のうちに振り込むというサービスが一般的です。

しかしこの場合、平日は問題なくても、土曜日や日曜日、祝日にお金が欲しい場合に困ってしまいますよね。

そこで最近よく見かけるようになったのが土日・祝日も振り込みサービスを行う業者です。

365日24時間、いつでも振り込み対応をしている業者に人気が集まっています。

換金したい状況やお金が必要な状況だったり、アマゾンギフト券の有効期限が平日で切れる保証もありませんからお休みの需要が高まるのは当然といえば当然の事です。

銀行の営業時間外にも振り込み対応をしている業者を選ぶ場合、土日・祝日対応などのコピーだけでなく、具体的な対応時間や振込手数料は必要なのかといった細かなサービス内容までチェックすることが大切です。

買い取り業者は各社、顧客を増やすためにホームページの一番目立つところに、アピールポイントとなる宣伝文句を大きな文字で表記して集客しています。

そのコピーの一つに、土日・祝日対応や24時間対応というものがあるのですが、土日・祝日、深夜の振り込みなどに対応しているのは、インターネットバンクを指定口座にしている場合だけです。

インターネット銀行とは一般の銀行とは異なり、店舗での営業を行わず、インターネット上だけで取引を行っている銀行で、ジャパネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行などがあります。

土日や祝日や午後3時以降でも振り込んでもらうためには、これらのインターネット銀行の口座を持っている必要があります。

業者が土日・祝日に振込を行ってくれる銀行に指定口座がなければ、せっかくのサービスが利用できません。

必ず、振込対応を行っている銀行を確認してください。

インターネット銀行に口座を持っていない場合は、今はお金に困っていなくても、事前に口座を開設して、いざというときにすぐに対応できるよう準備しておくことをおすすめします。

そうすれば万が一、急にお金が必要になったときにすぐに対応してもらえます。

そして実際に買い取りを申し込むときには、念のために土日・祝日でも振り込んでもらえるのかを確認してから申し込みましょう。

今はメガバンクでも時間外対応ができるようになった

2018年10月9日から銀行振込が24時間365日対応できるようになったというのはご存知でしょうか。

今まではネット銀行などのリアルタイム送金でしか行えなかった銀行間の手続きも現在では平日15時までといった制限なく反映させることができるようにになりました。

2019年4月の現時点では国内すべての銀行が対応できているわけではないので難しいところですが有難いサービスであることは間違いなのでどんどん利用しましょう。

この送金システムを実現したのが全国銀行資金決済ネットワークの「モアタイムシステム」というものです。

このモアタイムシステムに参加している金融機関は24時間送金の反映が可能になります。

ではご自身が持っている口座の金融機関が参加しているかどうかは公式サイトから確認ができるようになっています。

モアタイムシステム参加金融機関の一覧
2019年4月時点では504の金融機関が参加しているようです。

注意

ただし、「平日24時間、土日は24時まで」「24時間365日」などモアタイムシステムに参加している銀行でも対応時間が多少異なりますので注意が必要です。

amazonギフト券の買い取りでは振込み手数料も確認しよう!

手数料に注意

プレゼントや謝礼として贈られることも多い、amazonギフト券。

amazonで販売されている商品なら、何でもギフト券で購入できるのでとても便利です。

しかし特に欲しい商品がないという場合、使わずに持っていると有効期限が切れて使えなくなってしまいます

amazonギフト券はなるべく早く使い切るか、使わないなら買い取り業者で現金に換えることをおすすめします。

amazonギフト券買い取り業者にインターネットから申し込むと、金額の80%~90%の価格で引き取ってくれます

特にamazonで買うものがない場合や、急にお金が入り用になった場合に、手軽に換金できるのでとても便利です。

買い取り業者は手数料を差し引いた金額を、指定した銀行口座に振り込んでくれます。

手数料は業者によって異なるのですが、還元率○○%という形でホームページで紹介されています。

良心的な業者の場合、還元率は80%~90%が相場です。

たとえば10万円のamazonギフト券を換金してもらう場合、還元率80%の業者なら8万円が振り込まれますが、還元率が90%の業者なら9万円。

1万円もの差が出てしまいます。

このことからもわかるように、なるべく還元率が高い業者を選ぶのが現金化のポイントとなります。

しかし還元率が高さだけで業者を選ぶと、悪徳業者にひっかかることがあるので要注意です。

業者では少しでも客を集めるために、できるかぎり魅力的な還元率を提示してきます。

どこよりも高い還元率! 還元率98%!など、利用者が思わずクリックしてしまう還元率を掲載しているホームページもありますが、あまり還元率が高い業者は注意が必要です。

最も注意しなければならないのは、悪徳業者が客集めで高い還元率を提示しているケースです。

また、たとえきちんとした業者であっても、還元率98%は有効期限が10か月以上残っているものとか、利用金額が20万円以上など、条件を設けていることがあります。

還元率が高くても、振込み手数料が差し引かれて、結果的には損をすることもあります。

ギフト券買い取りの場合、振込み手数料は業者が負担するのか、こちらが負担するのかを確認してから申し込みましょう。

振込み手数料が業者持ちの場合は、還元率だけ見て選べばいいのですが、振込み手数料を支払わなければならない場合は、還元率から手数料を差し引いた、実際に振り込まれる金額を算出して他の業者と比べることが大切です。

買取業者を選ぶときには、ギフト券の還元率だけでなく、振込み手数料が無料かどうかもチェックして、信頼のできる業者に申し込みましょう。

綺麗なサイトの店舗でも詐欺業者は存在する!騙されない為に出来ること

騙されない対応
アマゾンギフト券は、アマゾンでネットショッピングするときに大変便利です。

しかしその反面、アマゾンギフト券にまつわる詐欺という話もしばしば耳にします。

このような詐欺に引っかからないようにするために、日ごろから防止のための対策をしっかり行う必要があります。

よく見られる詐欺の手口として、アダルトサイトや出会い系サイトなどから料金をアマゾンギフト券で支払うように要求されるというものです。

もしこの話に乗っかって、アマゾンギフト券を提示すると返金することはまずできないと思ったほうがいいでしょう。

まず基本的に登録料や利用料などの名目でアマゾンギフト券による支払いを要求された場合には、100%間違いなく詐欺サイトだと思っていいでしょう。

なぜアマゾンギフト券で支払い要求しているかですが、足がつかないからです。

このことを理解していれば、詐欺被害を十分防止できるでしょう。

ではもしそのような請求をされた場合にどうすればいいかですが、最高の対策はとにかく無視すること、これにつきます。

請求が何度も来るようになれば、何かしないといけないと思ってしまうかもしれません。

しかしそれが詐欺業者の狙いです。

はっきり言っておきますが、インターネットでクリックして「登録しました」「利用料金をお支払いください」とメッセージが出た時点では、相手はあなたの住所も電話番号も全くわかっていません。

ネットを通じてしか請求できないのです。

下手にこちらから電話などで連絡を取ってしまうと、相手に自分の居場所を知られてしまいます。

無視し続ければ、請求する手段を相手は得られないのです。

もしメールなどでしつこく料金請求されたのであれば、迷惑メール設定にして、さらには受信拒否設定にしてしまうといいでしょう。

これだけで実はアマゾンギフト券に関する対策は十分なのです。

メールのメッセージを見てみると、「ご家族へ連絡させていただきます」「訴訟を起こして代金支払いを求めます」のようなことが書かれているかもしれません。

しかしこれはいわゆる脅しであって、裁判をしてもそもそも相手が詐欺をしているので勝てるわけではないですし、こちらの連絡すら知らない業者が家族にどうやってコンタクトをとるのか、という話になります。

もしあまりにしつこくアマゾンギフト券の請求を受けているのであれば、国民生活センターとか消費生活センターなどに相談してみるといいでしょう。

詐欺被害の相談に乗ってくれますし、無料で利用できるのが魅力です。

悪徳業者の危険性も!?業者を選ぶ際には口コミ評判をチェックしよう

業者をチェック
アマゾンギフト券ですがアマゾンでショッピングするときに活用できますし、換金することも可能です。

アマゾンギフト券の買取を専門的に行っている業者もいくつかあります。

もしアマゾンギフト券の買取サービスを利用するのであれば、個別の業者の評判について、口コミサイトなどを使って情報収集しましょう。

大半の業者はきちんとした営業をしていますが、一部悪徳業者もあるようです。

「買取率90%以上」とうたっておきながら、実際に買取依頼してみるとかなり低かったといった口コミもインターネット上では見られます。

悪徳業者の手口を見てみると、買取率そのものは高く設定しています

しかしたとえば買取するにあたって手数料などの名目でいろいろなコストを支払わないといけないので、実質買取率はその分下がってしまうというケースはしばしばみられます。

そのほかにも、キャンセルできないところまで話を進めてしまい、後戻りできない段階になって、買取率を下げてくる悪徳業者も見られます。

さらに、これは悪徳というよりも詐欺に近いのですが、アマゾンギフト券を先方に売ってもその買取代金が一切振り込まれないという事例もあるようです。

口コミサイトを利用すれば、個別の業者が信頼のおける業者なのかどうか確認ができます。

悪徳業者に引っかからないようにするためには、口コミの評判をしっかりチェックすることも大事でしょう。

アマゾンギフト券の買取業者の評判をチェックするにあたって、複数の口コミサイトを利用することが大事です。

口コミは匿名で気軽に書き込めるのが魅力ですが、匿名のため、誰がその評判を書き込んでいるのかわかりません。

実は悪徳のアマゾンギフト券買取業者の中には、業者のスタッフが書き込みを行っているケースもあるようです。

そして悪徳だけれども、さも評判のいい業者のように印象操作をするわけです。

しかし本業をしながらの書き込みとなるので、全部の口コミサイトに投稿するのはさすがに難しいようです。

複数の口コミサイトをチェックして、おおむね評判が良ければ、まず信頼できる買取業者と見ていいでしょう。

このような口コミサイトを見てみると被害に遭ったという投稿が何件か見られる業者の実名を掲載している所もあります。

アマゾンギフト券買取サービスを利用したい、けれども悪徳業者の被害に遭いそうで怖いという人はいませんか?

その場合口コミサイトを丁寧に洗っていけば、被害を最小限に食い止められるはずです。

24時間リアルタイム送金ができるインターネットバンクがあると便利

ネットバンク

amazonギフト券の中には自分で使うことを想定した、チャージタイプのギフト券があります。

普通のamazonギフト券であれば、チャージするアカウントがわからないので、コードを入力してチャージしなければなりませんが、チャージタイプとして用意されているギフト券であれば、自分のアカウントだけにチャージされるので、買ったその時点でチャージされます。

一部のキャンペーン期間中は、チャージタイプamazonギフト券を、インターネットバンクで支払ってチャージすると、0.5パーセントから2パーセントのポイントをもらうことができました。

インターネットバンクからの振り込みであれば、手数料はかからず家のパソコンを使って金額を支払うことができるのでとても便利です。

チャージ型のギフト券なら手数料がお得!ネット銀行を使えばポイント還元

チャージタイプ入金

チャージタイプのamazonギフト券は、15円から50万円の間で1円単位で金額を指定することができます。

商品を購入してから、チャージしたギフト券に残高があると優先的にギフト券で支払うように設定されます。

普通に買う場合と比べると、手数料がかかりません。

amazonでは、毎回の買い物の時に手数料が324円かかるようになったので、インターネットバンクを使ってチャージ型のamazonギフト券を使えば手数料を浮かせることができます。

インターネットバンクを持っていれば、amazonギフト券を買い取ってもらい換金する時だって、とても簡単です。

もちろん買取の際は換金するメリットやデメリットを考えながら行うことが鉄則です。

買い取り業者との取り引きの時には買い取った代金を指定した銀行口座へ送金してもらいます。

ところが、銀行への送金は平日の午前9時から午後3時までと決まっているので、すぐに現金が必要な時には送金されるまで待たなければなりません。

平日9時から午後3時の間に手続きができる環境の人は良いですが、日中に仕事をしている人ならば自由な時間はほぼありません。

amazonギフト券の買い取り業者にも昼休みの間に連絡することになるので、限られた時間の中で手続きをするのは大変です。

ネットバンクを使えば入金・送金がいつでもOK

この点で、インターネットバンクを持っていればとても便利で、午後3時を超えてから送金手続きをする時でもインターネットバンクならばその日のうちに入金されたか確認することができます。

インターネットバンクであれば、週末でも休日でも送金ができるのでとても重宝します。

さらに、インターネットバンクは24時間いつでも送金ができるのでamazonギフト券の買い取り業者に依頼する前には作っておいたほうが良いでしょう。

買取り業者からの振込は指定した金融機関へ

指定の金融機関

ここ数年amazonの人気が上がっているため、amazonギフト券の買い取り専門業者も増加しています。

amazonギフト券を換金できる業者も数年前までは数えるほどでしたが、今ではネット上でも約100社を超えています。

しかし、中にはだまし取ろうとする悪質な業者もいるため注意が必要です。

どんな買取業者なら安心して利用できるの?

amazonギフト券を現金に換える時には、優良店を選んで買い取り手続きを行なうようにすれば騙される心配はありません。

インターネットの買い取り事業を展開する専門店であれば、日本中どこからでもメールか電話でamazonギフト券の取り引きをすることができます。

たとえ優良店であっても換金率は90パーセントあれば良いほうです。

一部の買い取り業者は94パーセントから98パーセントの買取率を宣伝していますが、実際に連絡を取ってから15パーセントでの買い取りや、振り込む時に手数料や消費税を引いてくる悪質な買い取り業者もいるため注意が必要になります。

そもそも、優良店であれば振り込み手数料がかかることは少なく、人気の高い買い取り専門店であれば、全ての金融機関への振り込み手数料が無料です。

余計な手数料が掛らない分高い換金率を維持できるというメリットがあります。

現金を振り込む金融機関にも特徴があり、土日祭日を含む24時間対応の金融機関であれば、申し込んだその日に現金に換えることもできるでしょう。

金融機関が混雑している時には、現金が振り込まれるまでに時間かかることもあり、振り込みの時間は、金融機関によって変わってくるので一定ではありません。

買取店からの要求や公式サイトの記載に注意して!

慎重に

amazonギフト券の買い取りの時には、身分証明書を確認するように要求されますが、クレジットカードの詳しい内容を教える必要はありません

amazonギフト券の買い取り業者の多くは、元々古物の買い取りを行っていました。

amazonギフト券を買い取り現金に換える仕事は国の許可が無くても開業できます。

そのため、怪しい業者も増えているので、詐欺業者に騙されない為に出来ることをしっかりと行い、許可番号や法人名を明記して営業している買い取り業者を選ぶようにすれば、安全に取り引きができるかもしれません。

amazonギフト券買い取り業者の口コミを見ていると悪い評価が多いため、全ての業界がこのレベルかと思いがちですが、口コミも自作自演が多く、本当に質の良い買い取りを行っている店もたくさんあるので、よく調べてから利用するようにしましょう。

商店街の買物からネット通販、インターネット時代への革新

24時間対応のサイト

もともと、国内主要銀行の営業時間は世界でもトップクラスの短い時間しか営業していません。

世界から見れば日本の銀行はなんて不便なのかといわれていました。

利用者からの要望や銀行間のサービス競争や外資系のビジネススタイルなどにより窓口やATMが拡大されるようになり、コンビニでもお金の取り扱いができるように変わってきました。

その頃現金化を生業としている業者は実店舗を構えて行う営業スタイルだったため、店頭まで金券やブランド品を持っていき、その場で現金を受け取るというものでした。

しかし、2000年以降から時代はインターネットの時代へと急速に変化していきます。

自宅に居ながらインターネットで買い物ができるようになり、その決済方法も銀行振り込みやクレジットカードなど多様化してきました。

そのころ開始されたのがインターネットバンクですね。

出始めの頃は90%以上のひとが「インターネットでお金を預けるって危ない」とか「セキュリティが不安」とか「保証はどうなるの」とか思っていてだれも利用していませんでした。

なので、ネット銀行の普通預金の金利が信じられないくらい高かったものです。

たしかに当時ではセキュリティ上不安な要素はたくさんありましたが、それ以上に自宅から銀行間のネット送金やものすごく高い定期預金や外貨預金は便利で魅力的なものでした。

そういたネット銀行の努力の甲斐があってか、利用が増加していき、現在ではネット銀行のサービスが主流といっても過言ではありません。

さらに、楽天やヤフーオークションなどが国内ではトップシェアの市場に世界最大手のAmazonが参入してきます。

そのAmazonで利用できるのがamazonギフト券となります。

Amazonギフト券の価値はインターネットがなければゼロ

百貨店などの商品券は店頭に持ち込んで換金して現金を渡されるスタイルだったのですが、amazonギフト券自体がインターネット上で管理されるので実際に持ち運ぶことができない物もあります。

データ情報さえあればお金と同等の価値をもってAmazonで買い物する事ができるので利便性の高さは言うまでもないでしょう。

商品券以上に利用者がいるのは百貨店よりもAmazonの方が品揃えがあり、欲しいと思う商品が間違いなくあるという事です。

これだけの需要と供給があるのにもかかわらず通常の買取ショップで取扱いがされないのはamaoznギフト券が使用済みかどうかの判断ができないというのもありますが、amaoznギフト券の買取後の販売ルートや方法が確立できていないという理由が大きそうですね。

そのギフト券の買取を行う際に便利なのがインターネットバンクというわけなんです。

インターネットがこれだけ普及しているからネット銀行の価値が発揮できるのですからamaoznギフト券の現金化をするときに使わないのはもったいないです。

ネット送金では銀行の営業時間帯にかかわらず、24時間送金できて反映され、即ATMで引き出せます。

さらに、現在では買取店のほとんどがネット銀行を活用していますので対応可能です。

時代の変化に対応してサービスを提供しているので今後ますます便利になってくるかもしれません。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする