立川市エリアで現金化するなら地元のおすすめ店舗を教えて【東京都】

立川市エリア

立川エリアの実店舗で営業しているところは少ない

立川エリアでクレジットカードを現金化する場合、店舗型の業者はある程度限られます。

すぐにキャッシュが必要な場合は店舗型の業者で、店舗型の業者の利用が難しいならネットの業者を選ぶのがセオリー。

立川エリアの店舗型の現金化業者のひとつが新和チケット立川店です。

どんな店舗?

名前の通り金券業者という立ち位置ですが、実際にやっていることはクレジットカードの現金化と変わりはありません。

新和チケット立川店は、JR立川駅の北口からほど近いところにあります。

親和チケットアクセス

立川市の交通の要所ともいえるJR立川駅なので、アクセスしやすいのが良いところですね。

私がオススメする理由としては、来店後にすばやく現金が手に入るという点と、業者の実態がわかりやすいという事。

実店舗は詐欺にある確率は低いんですよね。

ココに注目!

ただし、換金率が低い傾向にある(全国的に)ので納得できる金額で申込んでください。

新和チケット立川店は、立川店以外の店舗は今のところありませんが、創業20年の歴史があるため非常に安心できる存在感。

利用者の増加具合によっては、今後、支店が増える可能性もあるかもしれない・・・。

「来店型」「振込型」のどちらでも選択が可能

親和チケット公式サイト

新和チケット立川店では、店頭での申し込みだけでなく、ネット経由の現金化も行っています。

申し込みから即日振込で、しかも、最低換金率80%保証、最大90%の換金率を売りにしているのも頼もしいところですね。

新幹線チケットなど高価買取の商品の場合、普通に90%越えが期待できますから、素早く現金が欲しい場合に活用してみると良いです。

年中無休で10時から19時までの受付となっています。私が買う場合もやはり新幹線チケットが多いです。

それ以外にも基本的には金券ショップのような感じなので買取はしてくれますがどのくらいの金額になるかは調査しないとわからないので現在は不明です。

知っておくべき事
  • 実店舗は換金率が低め
  • ブラックな感じは拭えない(笑)
  • 詐欺にあう可能性は極めて低い
  • その他買取もあるがクレジットカード現金化がメイン

これらを理解したうえで利用するなら行ってみて下さい。

新和チケット立川店を利用するのが難しい場合、ネットの現金化業者などもオススメできますね。

全てではありませんが、複数の法律専門家によるチェックやカードトラブルへの万全の配慮、個人情報の守秘などがセールスポイントの現金化業者もあるくらいです。

安心して使える業者を選べば、困った時に迷わず利用することができるようになります。

公式サイトで換金率の高さや振り込みの早さをメインで押し出している店舗よりも、カード現金化に伴う不安な部分に配慮している点が重要なポイントです。

変に現金化を煽られるより、安心して利用しやすいですし、偽りなく対応してくれる可能性が高いと思います。

新規利用の場合、顧客を集めるためにお得なキャンペーンを行っていることが多くあります。

新規の現金化に際し、クオカードの贈呈だったり換金率がアップという特典が受けられるようになります。

ココに注目!

キャンペーン情報も「過大広告」だったり、「○○円以上でなければ適用されない」といったトラブルもありますので気を付けましょう。

一般的には利用プランや換金額に応じて、換金率が変わります。

正味の換金率は実際に見積もりを出してもらうことでわかりますので、ネットを利用する場合、すぐに現金化するのでなく、事前に見積もりを出してもらって検討すると良いですよ。

立川で現金化する時に使いたい優良業者

切手・古銭しみず店舗写真

東京の立川エリアで店舗型の現金化業者は数が限定されます。

チケットなどの買取業者を利用するか、ネットを中心に展開している現金化業者を利用して現金化することになります。

立川エリアの店舗型の業者のひとつとしてオススメなのが、切手・古銭しみずです。

店舗名に「切手・古銭」と入っているので、骨とう品中心の買い取りのような印象を受けますが、実際には様々な金券をメインに買取・販売を行っている業者です。

JR立川駅の北口から徒歩3分のところにあるため、立川エリアでは足を運びやすいと言えますね。

切手・古銭しみずアクセス

どんな店舗?

水曜日が定休日となっており、それ以外の日は、10時から19時30分まで営業をしています。

切手・古銭しみずは、全国展開や複数店舗展開をしている業者ではなく、立川駅限定の個人商店といった感じの業者です。

私はこのお店の雰囲気の良さが気に入っています。

スタッフさんが親切だったり、アットホームで過ごしやすいという評価が複数あり、個人経営ならではの良さが最大の特徴と言って良いです。

クレジットカードの現金化を少し後ろめたく感じる方も多く、店頭での換金はややハードルが上がりがちですね。

ですが、切手・古銭しみずのようなアットホームな業者なら、気持ち的に利用しやすいです。

気軽に入れるお店なので、とても利用しやすいですよ。

ココに注目!

ただ、正規のカード現金化業者ではないので、事前に買取可能な金券をカードで購入して、持っていく必要がありますね。

立川の店舗型現金化業者とオススメのネット業者

東京の立川市でクレジットカードの現金化を行うなら、

  • 金券業者を活用するか
  • ネットの現金化業者を活用するか

の2択となりますね。

クレジットカードの現金化に利用できる金券業者のひとつがチケット大黒屋立川店です。

JR立川駅南口から徒歩2分と非常に便利なところにあるため、立川エリアの中では利用しやすい業者として私は重宝しています。

定休日は月曜と第3木曜となっており、それ以外の日は土日でも祝日でも営業しています。

火曜から土曜までが11時から20時まで、日曜と祝日が11時から18時となっています。

チケット大黒屋立川店は、正規のカード現金化業者ではないため、事前に買取可能な商品をクレジットカードで購入して、店頭までもっていく必要があります。

金券業者なので、商品券やプリペイドカード、ビール券などの金券を買い取ってくれます。

他にも、高価なブランド品や電化製品、ゲーム機などの買い取りも可能なので、これまでのカードの利用履歴によってはこういった、金券以外の商品のほうが良いケースもありますね。

買い取り品の大まかな査定金額は電話で聞くことができるため、金券などの買い取り額が気になる場合は、電話で事前に確認しておくほうが良いです。

買い取り額は、店舗のチケット在庫の状態などによって微妙に変動します。

よくあるチェーン展開している有名店舗なのでおすすめはしません。

思っている以上に金額はシビアなんですよね。

チケット大黒屋立川店などの店舗型業者を利用するのに抵抗がある場合、ネットの現金化業者を活用すると良いです。

一定の運営歴があるネット現金化業者は、ネット上でカードの現金化を考える場合、利用してみる価値がありますね。

私も生活費が不足したときに何度かお世話になったことがあります。

例えばあんしんクレジットなどは、創業12年以上と長い運営歴があるため、安心して利用しやすいです。

長い運営歴がおすすめ

もちろん、新規参入業者の方がキャンペーンなどで換金率が高いこともあります。

ですが、それなりに長い期間運営している実績は凄いことですし騙されるリスクはかなり少ないです。

しかも、24時間365日受け付けているため、急にキャッシュが必要になった場合、とても助かりますね。

業者によっては15時以降の申し込みは後日対応になるケースもあります。

ですが、あんしんクレジットでは15時以降の振込にも対応しているため、この部分の違いは大きいと言えます。

法人の資金繰りにも対応しているため、困ったときにまとまった金額を用立てるのに役立つ業者のひとつです。

申し込みからスピーディーに指定口座に入金してもらうことが可能。

身分証明書とクレジットカードさえあれば、すばやくお金を用立てることができるので、急にキャッシュが必要になったときに備えて、日頃からチェックしておくのはオススメですね。

立川市のクレジットカード現金化に使えるおススメ業者情報

東京の立川エリアにはカードの現金化に特化した業者はなく、店頭で現金化を行う場合、金券業者を活用する必要があります。

金券業者での現金化は換金率こそ高いものの、カード停止のリスクも高いです。

そのため、金券業者の利用に抵抗があるなら、ネットの現金化業者がオススメですね。

ネットの業者は多すぎて探すのが大変だし、どの店舗がいいのか判断がしづらいと思います。

探したり調べたりする時間がもったいないという方は安心の業者をまとめておきましたのでどうぞ!

立川市でネット型を選ぶメリットとデメリット

クレジットカードの現金化は消費者金融や銀行から借りる場合と異なり非常に簡単にできるというメリットがあります。

何が違う?

消費者金融等から借りる場合は、審査があり信用情報機関への照会も行われますが、クレジットカードの現金化の場合はそれがありません。

クレジットカードと身分証明書さえあれば現金を手に入れることができます。

ですから信用情報機関に債務整理などの事故情報が残っている場合でも利用できます。

また、銀行や消費者金融などから借りる場合には審査に時間がかかり、現金を手にするまでに数日かかることがありますが、クレジットカードの現金化ならすぐにお金を受け取れるというメリットがあります。

在籍確認もないので、周囲にバレることもありません。

総量規制の問題もありませんから、年収の3分の1を超える金額でも利用できます。

また、返済に関しては

  • リボ払い
  • 分割払い
  • 一括払い

の中から自分の状況に合った返済方法を選ぶことができます。

クレジットカードの現金化は業者を通さなくても自分でもできます。

  • 全国百貨店商品券
  • QUOカード/li>
  • 図書カード
  • 新幹線の回数券

は交換率が非常に高く、購入してから金券ショップで売れば90%~100%の交換率で現金に変えられます。

デメリットは、現金化のために高額な商品を購入すると多額の負債を抱えることになるという点です。

支払いができなくなれば、債務整理を余儀なくされることもあります。

債務整理をすると?

債務整理をすると少なくとも5年間はその情報が信用情報機関に登録されることになるので、その間はクレジットカードを新しく作ったり、お金を借りるためにローンを組むことはできなくなります。

また、自己破産して債務を無くしたいと思っても、自己破産の申請の際にカードの現金化をしたことがわかってしまうと、免責不許可事由に当てはまり、自己破産が認められません。

クレジットカードの現金化はクレジット会社の規約に反することなので発覚すれば解約させられ、残高を一括返済しなければならなくなるというデメリットがあります。

さらに、現金化の際に悪徳業者を利用してしまうと、商品を購入したのに現金を受け取れなかったり、約束の金額よりも少ない金額しか振り込んでもらえないといったトラブルに遭うこともあります。

申し込みの際に提出した個人情報を悪用されることもあるでしょう。

業者を通さず個人で現金化する場合でも、市場での商品価値が低い商品の場合は、購入金額よりも安い金額でしか買い取ってもらえないというデメリットがあります。

そうすると当てにしていたお金を手に入れることができません。

音信不通!現金化業者の詐欺の手口と優良業者の見分け方

クレジットカードの現金化の際に、悪徳業者を利用してしまうと大きな被害に遭うことになります。

悪徳業者の詐欺の手口の1つは申し込みをした後に、送金の連絡をすると言われたものの、換金手続きもされないまま音信不通になるというものです。

こちらから連絡をしても担当者が不在と言われ取り合ってもらえず、やがて連絡が取れなくなります。

ホームページも削除されて、音信不通のままカードの限度額まで勝手に使われてしまうということもあります。

このような詐欺業者に騙されないためには、優良業者の特長を知っておく必要があります。

創業からの歴史が長い業者は信頼できる業者です。

詐欺を働いて摘発されるような業者は屋号をたびたび変えて営業しているので、創業からの期間が短いことが多いのです。

また、公式サイトがしっかりしているかどうかも詐欺業者かどうかを見分けるポイントになります。

ココに注目!

詐欺目的の業者は会社の住所や固定電話の番号を掲載していませんし、警察の手を逃れるために連絡先も携帯電話の番号しか載せていません。

スマホなどに対応したページも準備していない場合もあります。

ホームページが手抜きだと感じるなら連絡を取るのはやめましょう。

ホームページに住所が載っていたとしても実際には存在しない住所である場合もあります。

ですから地図サイトなどで本当に存在しているかどうかを確認をしましょう。

優良業者の場合は、現金化の換金率などに納得できない時には無料でキャンセルできますが、悪質な業者は問い合わせをしてるだけなのに、断ろうとするとキャンセル料を支払うように要求してきます。

電話をした時に、業者名を名乗らなかったり、威圧的で対応が悪い業者も悪質業者である可能性が高いです。

カードの現金化の換金率は80~95%が相場ですが、そこから大きく外れる場合は、詐欺目的の業者である可能性があります。

また、悪質業者はクレジットカードの両面のコピーの提出を求めてきます。

絶対に!絶対に!両面のコピーは提出してはいけません。

セキュリティコードを盗まれてしまいます。

現金化に必要なのは本人確認書類だけなので、カードのコピーを送る必要はありません。

現金化には審査も必要ないので、審査料を請求してくるのも悪質な業者です。

中には、高い換金率を謳いながら、実際の振り込みでは審査料を差し引いた少ない金額を振り込んでくる業者もいます。

業者を通してクレジットカードの現金化をしようとして商品を購入したもののその後音信不通になってしまった場合には、すぐに消費生活センターなどに相談してください。

参考サイト

http://www.kokusen.go.jp/map/13/center0246.html
立川市消費者センターのお問い合わせ先一覧【公式サイトより】

「お金が振り込まれない」「電話に出ない」というトラブルを回避する方法

クレジットカードの現金化を業者に申し込んだ後に生じるトラブルの一つに「決済をしたのに現金が振り込まれない」というものがあります。

現金化の会社が指定した商品を購入すると、だいたい5~15分程度で現金が指定の口座に振り込まれるのが一般的。

ただ、業者によって多少の違いがあるので、取引の前に確認が必要です。

また、確実に振り込んでもらうにはカードのショッピング枠残高の確認も忘れずに行う必要があります。

優良業者であっても振り込みのタイミングが多少遅れるのにはいくつかの原因があります。

高額なクレジット決済だった場合や銀行提携のカードだった場合、月末など忙しい時期で業者の対応が遅れた場合などです。

15時以降の申し込みや土日祝日の申し込みの場合には即日入金されないという業者もあります。

しかし、最短5分で振り込まれると言われていたのに、いつまでたっても振り込まれないということがあります。

電話を何回かけても誰も電話に出ないといった状況であれば、騙された可能性があるでしょう。

また、申し込みの際に現金の振り込みは2回に分けて行われると説明され、1回目は振り込まれたものの2回目が振り込まれないということもあります。

連絡しても業者が電話に出ないため、そのまま泣き寝入りすることも多いです。

振込は必ず1回でされるので、2回と言われた場合は悪質な業者の可能性が高いでしょう。

現金が振り込まれない、連絡しても電話に出ないというトラブルに遭っている人たちは、ホームページの内容をよく確認せずに、焦って申し込んでいる場合がほとんどです。

お金が振り込まれないという状況になって改めてホームページを見てみると

  1. 住所が記載されていない
  2. 架空の住所だった
  3. 電話番号がなかった
  4. 本当の換金率が小さな字で書いてあった

などといったことが結構多いです。

最初に信頼できる業者かどうかを確認していれば避けられたはずですが、切羽詰まっている時にはどうしても、冷静な判断ができないものです。

ココに注目!

お金の工面で焦っている時には一呼吸おいて、冷静に考えることが必要です。

現金が振り込まれないというトラブルを完全に避けるには、クレジットカード現金化業者を利用しないことです。

現金化にはリスクが伴います。

クレジットカードの現金化をしたことで、消費者が逮捕されたことは今のところありませんが、横領罪や詐欺罪が適用されるリスクはゼロではありません。

また、現金化したことがカード会社にわかれば、規約違反ということで強制的に解約になります。

現金化して被害に遭っても相談しにくいという面もあり泣き寝入りするケースが多いのです。

現金化かキャッシングか?キャッシング返済の実態が知りたい

お金を工面したいときには、クレジットカードの現金化以外に、カードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。

ただ、メリットとデメリットがあるのでその点を慎重に考慮すべきです。

まず、キャッシング枠についてですが、クレジットカードには利用限度額が設定されてその中にショッピング枠とキャッシング枠があります。

金額はショッピング枠が40万円、そしてキャッシング枠が10万円などと設定されます。

しかし、ショッピング枠の一部がキャッシング枠となっているため、もし、ショッピングに35万円使ったとすると、キャッシングできるのは5万円までです。

また、キャッシングに10万円使えば、ショッピングに使えるのは30万円ということになります。

ちなみにキャッシング枠の設定は任意なので0にすることも可能です。

クレジットカードのキャッシング枠のメリットは、お金が必要になった時にすぐに現金を手に入れられるということです。

海外旅行をした際には、現地通貨を引き出せます。

デメリットは総量規制の対象になっていることから、年収の3分の1を超える金額は借りられないという点です。

また、カードローンのキャッシングよりは金利が高くなります。

カードローンのキャッシングなら金利は4.5~14.5%程ですが、クレジットカードのキャッシング枠を利用すると金利は15.00~18.00%程度に設定されています。

そのため返済シミュレーションをきちんとしてから利用しないと、返済が困難になってしまう可能性があるでしょう。

ショッピング枠も利用していれば、両方の返済が必要になるので、その点も考慮すべきです。

表面金利は低くても実際の返済金利は高い?

クレジットカードのキャッシング枠の金利と、クレジットカード現金化の換金率を金利に換算した場合の数字を比較すると、現金化した方が金利は高くなります。

例えばカード現金化のために50万円の商品を購入して40万円を受け取った場合、1ヵ月を30日として金利に換算すると年利304%ということになります。

利息制限法や出資法の金利の上限は20%なのでこれをはるかに上回っています。

ただ、カード現金化業者は貸金業ではなく古物商として営業しているため貸金業法の対象とならず、金利換算して利息制限法や出資法で定められた金利を上回っているとしても処分されません。

金利面でのメリットのみを考えるなら、カードローン、次にクレジットカードのキャッシング、そしてカード現金化の順になります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする