nanacoカードで現金化するなら【超お得】コレだけ気を付ければ大丈夫!?

nanaco現金化

nanacoカードは便利だけどこんな経験をしてる人も多いのでは?

nanacoカードはセブンイレブンが提供している電子マネーで、これに現金をチャージしておけば細かい小銭などを用意することなく、毎日手軽にセブンイレブンで買い物することができるのでとても便利なカードです。

こんな経験ありません?
  • 思っていたよりも現金を多くチャージしてしまって、セブンイレブン以外で使用する現金が少し足りなくなってしまった
  • チャージできる金額が決まってるので必要以上に入れなくてはいけない

過去にこんな困った経験をしたことが何度もあります。

そんな時にnanacoカードをセブンイレブンの公式サービス以外の方法で現金化したわけですが、実際に現金化したことでわかった注意点がいくつかあったのでご紹介します。

注意点①:換金率が大きく変わってしまう

1つ目の注意点は、買い取りショップやサービスごとに換金率は大きく変わるということです。

nanacoを現金化するためにnanacoでギフトカードを購入して、換金ショップなどで売るという方法を私は選択したわけですが、街中の換金ショップはもちろんのこと、ネット上で申し込みから振込みまですべて完結できる買取サービスなどでは、それぞれの業者によって換金率が大きく変わっていたのです。

もちろん数字上では数%の違いしかありませんが、私が過去に現金化した時には比較的額が大きかったので、この数%の差で実際に現金になる金額が1000円以上も変わりました。

なので特別な理由がないのであれば、なるべく複数の買取ショップなどを比較してなるべく高い換金率の場所を探すようにしてみてくださいね。

注意点②:サービスによりスピードに差が出る

2つ目の注意点は、現金化する際に活用するサービスによって現金化するまでのスピードに差があるということです。

nanacoにチャージされているポイントを現金化したい時というのは、私のように既に現金が足りなくなっていて困っているという緊急時のことが多いため、現金化されるまでのスピードはできるだけ早いほうがいいですよね。

ただ、Amazonギフトカードなどを購入してそれを売るときのサービスによっては、実際に現金を手にするまでの時間が大きく変わります。

例えば、最近流行っているメルカリなどで第三者に売ることで現金化するのであれば、即日に売れることもあれば、反対にいつまでたっても売れないこともあるため急いでいる人にとっては向いていません。

しかし、Amazonギフトカードなどがすでに手元にある場合には、実際の換金ショップに行けば当然その場で現金化することができますし、Amazonギフトカードの買い取りをネット上で行っているサービスの中でも即日で、早ければ数十分以内に口座に現金を振り込んでくれるところもあります。

そのため現金化を急いでる人は利用するサービスの現金化までの時間なども考慮しておくと良いですね。

私が実践したnanacoを利用して現金化する方法

  • 予定外のイベントに参加したり
  • 何らかの理由で大きな買い物しなければいけなかったり

といった事が続くと、現金が少なくなってしまって困ることがあります。

そのような時

私はセブンイレブンで利用することができる電子マネーのnanacoを活用してクレジットカードから現金化しています。

具体的なやり方としては、

  1. 持っていない人はまずセブンイレブンでnanacoを作ります。
  2. nanacoにクレジットカードを利用して現金をチャージする。
  3. nanacoにチャージを行ったら、実際にそこから現金化していきます。

\忘れがちなのがコレ!!/

ただ、クレジットカードの種類によってはnanacoにチャージすることができないため注意してください。

それとチャージする額は一度に5万円までとなっているので忘れないようにしてください。

実践して調べた中でおすすめできるのは2種類

実際に調べたり、実践した中で私がおすすめできる現金化の方法は2つあります。

1
ギフトカード購入からの買取

1つ目の方法はセブンイレブンでギフトカードを購入し、それを買い取りサービスなどを利用して売るという方法です。

nanacoで買えるギフトカードはいくつかありますが、特に換金率が高いのはAmazonギフトカードです。

私の場合は、このAmazonギフトカードを購入してネット上で申し込みを全て完了出来る買取サービスを利用して換金しました。

その時は即日で現金化できたので急いでいる人には向いている現金化の方法だと言えます。

ただし、nanacoを使ってAmazonギフトカードなどを購入するのは基本的にセブンイレブンでしかできないので注意してください。

それと買い取りショップや買取サービスはそれぞれの業者によって買い取り額に大きな差が出ることもあるので、できれば複数のサービスを比較してからギフトカードを買い取ってもらうようにすると良いです。

2
セブンイレブンのプリントサービス

そして2つ目の方法はセブンイレブンのプリントサービスを利用する方法です。

セブンイレブンのコピーサービスというのはnanacoでも支払うことができるため、それを利用します。

具体的にはセブンイレブンのカラーコピーを使ってnanacoカードでの支払いをまずは選びます。

そして100枚の枚数でコピーを決定し、実際コピーが始まってしまう前に、コピーをキャンセルするのです。

するとコピー機から返金の旨が書かれた紙が出てくるので、それをレジに持って行き現金で返金してもらうわけです。

ただし100枚でコピーをすると5万円分になってしまい、返金の理由をセブンイレブン側から聞かれることもありますが、コピーする枚数を間違えたなどの理由があれば特に問題なく返金してもらうことができます。

買い取りショップなどに行く時間がないというような人はぜひ試してみてくださいね。

相手

確かにどちらも実践できそうですけど、逮捕されたりとか不法行為ではないの?

どちらも、不法行為ではありません。

クレジットカードなどでは規約違反となる可能性もありますがnanacoで購入してるため該当するかどうかの第三者の判断はまずできません。

返金行為やギフト券の売買のみですので全く心配はいりません。

間違った金額をチャージした時って返金はできる?

セブンイレブンで提供されている電子サービスのnanacoカードは現金をチャージして便利に買い物が出来るメリットがあります。

ただ、私のように多くの現金がないのに1万円など大きな金額をチャージしてしまって困ることがありますよね。

間違ったのだから、その場で返金してもらえるのではと思う人もいるのでしょうが、私が調べて実際に聞いた時には、一度nanacoカードでチャージした金額は返金することはできないと言われました。

ココに注目!

そのためnanacoカードを利用する時にはまずチャージする際の金額やその時に現金の余裕があるかどうか、というのをチェックすることが最も重要な対策方法だと言えます。

また公共料金の支払いや普段の買い物などをチャージしてしまったnanacoの残高で購入して、普段使う現金の量をなるべく減らすように過ごすというのも有効です。

とはいえ時には何とかして、いくらでもいいから現金に戻したいということもありますよね。

私も過去に間違って手持ちが少ないのに1万円もチャージして困ったときがありました。

当然その時には先ほどお話したようにその場所で返金して現金化してもらうことができないので諦めましたが、そのあとでnanacoにチャージされているポイントを現金化したのです。

私が実践した方法はセブンイレブンで還元率の高い金券をチャージした金額分購入して、買取サービスで買い取ってもらうという方法です。

具体的に説明すると、セブンイレブンではnanacoを使えば

  • iTunesカード
  • Amazonギフトカード

などを購入することができます。

そしてネット上には本人確認からギフトカードに書いてあるシリアルナンバー等を送って買い取ってもらえる買取サービスが多く存在します。

もちろん

そのようなサービスでギフトカードを換金すると100%ではありませんが90%近い換金率で現金化することができるんです。

私も実際に90%近い換金率を経験してます。

ちなみにメルカリやヤフオクなどでも購入したギフトカードを販売し、うまく売ることができればより高い還元率で現金化することもできます。

ただしメルカリやヤフオクなどでの販売は販売手数料が必要となり、また実際に売れるかどうかは確実ではありません。

ですので、私のようになるべく早く現金化したいという人は買取サービスを探して実際に申し込む手間が少しだけ必要になりますが、上記で説明したようなギフトカードの購入から買取サービスで現金化というような方法を試してみてください。

実際に試してよかったnanacoカードの上手な使い方

セブンイレブンで小銭などを出すことなくスムーズに買い物ができる電子カードのnanacoは、セブンイレブンで作れることからセブンイレブンの通常の買い物でしか使えないと考えている人も少なくないですよね。

でも実際は現金化するような使い方もいくつかあります。

私が実際に試して良かったと思った現金化できる使い方は主に3つもありました。

公共料金や税金の支払い

1つ目の方法は公共料金や税金の支払いです。

現在では昔と違って、銀行だけでなく、セブンイレブンを含むコンビニでも公共料金の支払いができるようになっていますが、実は現金でなくてもセブンイレブンであればnanacoカードでも支払いをすることができます。

私はnanacoカードに必要以上に現金をチャージしてしまった時などは、比較的高い金額が必要なこの公共料金の支払いによくnanacoカードを利用しています。

ちなみにクレジットカードからnanacoにチャージしておけば、公共料金を支払うだけでもクレジットカードのポイントを貯めることができるメリットもあるので、コンビニで公共料金を支払っているという人はぜひ試してみてくださいね。

百貨店やスーパーでの買い物

2つ目の方法は百貨店やスーパーでの買い物です。

普段どおり生活していれば百貨店やスーパーで日常生活に必要な食材などを買う機会は多いと思いますが、実は特定の百貨店やスーパーでもnanacoカードが使えるのです。

具体的には

  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • 西武そごう

などです。

これも公共料金と同様に通常の現金のように利用することができるので、nanacoカードにチャージされている金額が多いときによく利用していました。

やっぱり実際に現金化する

3つ目の方法は実際に現金化するという方法です。

これはここまでご紹介したような現金のように使用するのではなく、実際に現金が手元に欲しい時などに利用しています。

具体的なやり方としては、まずセブンイレブンでAmazonギフトカードなどの換金率の高い金券を購入します。

そしてその金券を買い取りショップやインターネット上の買取サービスを利用して売り、現金化するだけです。

約90%前後の換金率なので、チャージされている金額が全て現金化できるというわけではありません。

しかし、なるべく早く手元に現金が欲しいというような緊急時には役に立つ方法という感じなので最終的に迷ったらコレ。

ただし、利用するサービスやショップ、また購入する金券の種類などによって、換金率というのは大きく変わることもあるので注意してください。

どの使い方が正解なの?換金した方が良いの悪いの?

セブンイレブンの電子マネーのnanacoは、現金をチャージしておくことでいつでも財布なしでスムーズに支払いができるのでとても便利です。

ただ、時には必要以上に現金をnanacoにチャージしてしまったり、気づいていないうちに思っていたよりもポイントが貯まることがありますよね。

そんな時に考えるのがやっぱりnanacoの現金化です。

でも少し調べてもらえればわかるように、nanacoの現金化というのはセブンイレブンの公式サービスでは行われていません。

ただ実際には公式サービス以外の方法であれば、いくつか現金化する方法はあるので使ってみるのもオススメです。

前述でもご紹介してきましたが、現金化以外にも十分活用できる支払い方法などがあって現金化すべきかどうかは一概には判断できません。

なので現金化することでメリットやお得感が実感できると思えば検討してみて下さい。

例えば、私が一番簡単だと感じた方法としてAmazonギフトカードを購入してからそれを現金化する方法。

nanacoの電子マネーを使えばセブンイレブンでAmazonのギフトカードを買うことができます。

ただし、Amazonギフトカードというのは、一般的にデパートに入っている換金ショップで買い取ってはくれません。

理由は割愛しますが、ネットの換金ショップなどを利用するのが主流です。

100%の金額で換金されないというデメリットはありますが、比較的すぐに現金化できる方法ですので、私の場合にはこの方法を選ぶことが多いです。

ネット買取サービスとは

ネット上のギフト券などの買取サービスというのは業者ごとに具体的な買い取り方法は変わりますが、基本的にはネット上で免許証などの本人確認書類等を提出し、あとは自分の手元にあるAmazonギフトカードのギフトコードをこれまたネットを通じて業者に伝えるだけで、早ければ数十分以内に指定の口座に現金を振り込んでもらえるのです。

この方法であれば、nanacoをAmazonギフトカードに変えてさえいれば、わざわざ店舗に足を運ばなくても即日に現金化することができます。

ネット上でのやりとりなので私も最初は多少不安でしたが、実際に現金化することはできますし、他にも多く現金化している人がいるので、忙しい人だったり、めんどくさいなぁって思ってる方はぜひ試してみてください。

ただ、換金ショップであっても、ネット上の買い取りサービスであっても、それぞれの業者によって換金額に差があります。

数%の差がありますが、1万円以上など大きな金額を換金するのであればその差も当然大きくなるので、出来るだけ換金率の高いサービスを利用するといいでしょう。

時間を有効に使うために現金化が利用される理由

時間の有効活用

日常生活に使っている時間を金策に費やしてしまうほど勿体無いことはありません。

お金が必要になったとしても時間はとても大切です。

とにかく時間を無駄にしたくないとか、有効に使いたいという人ほどクレジットカード現金化がおすすめ。

サクッと現金が欲しいなら有効活用するのがおすすめ。

貸金業法が改正されて、いままで可能だったクレジットカードのキャッシングが利用できなくなっている方が増えています。

これまでならほとんど審査もなく簡単にキャッシングが利用できていたのに、いつのまにか調べてみるとその貸付枠が0円になっていることに気がつき、非常に驚いたという方もいます。

私の場合はその時、2社からクレジットカードのキャッシング枠を利用するには審査が必要だと言われたのを覚えてます。

その時は必要ないと思っていたので断ってしまったのですが、急にお金が必要になるのはよくあることです。

私も、急な出費があってこれまで何度か使ってきたクレジットカードのキャッシングはもう使えないですし、どうしたらいいのだろうかと考えていて探していたところでした。

最初に考えたのが

クレジットカードでギフトカードを購入し、それを現金化するというものです。

まず

  1. クレジットカードを使ってギフトカードを購入
  2. ギフトカードを買取しているところを調べる
  3. ギフトカードを買取ってもらう
  4. ギフトカードをその業者に届ける又は伝える
  5. そのあと指定口座に入金される

ギフトカードを買取ってもらってから、現金が振り込まれるまでに数日間必要だったので、本当にすぐに現金が必要な場合には間に合わないことを実感しました。

ですから、自宅で申込みが可能で即日振り込みできるというのは考えている以上に魅力的です。

それに、かなり買取価格がシビアだったので、そんなに差し引かれてしまうのかと思ったほどです。

ギフトカードを購入し、そのギフトカードを買取ってもらう方法は、何度も繰り返していると、クレジットカード会社にチェックされて、最悪そのクレジットカードが使えなくなる恐れがあるというのも大事なところです。

幸いにも私の場合は、急な出費で悩んだのは1度だけだったので、クレジットカードでギフトカードを購入したのは1度きりでそんなことは起こりませんでしたが、もしこれからクレジットカードの現金化を考えるのなら常識の範囲内で行うべき。

また、時間を有効に利用できるということはお金よりも貴重なことかもしれませんね。

現金に換金する方法は探せばいくつでもあります。

しかし、換金率に大きな差が生じることはよくあることです。

しかもカード会社からのリスクも大きくなるようですので目に余るような手段は避けたほうがいいと思います。

業者の大部分は24時間受付で即日入金

クレジットカードの現金化は、今では大体の業者が24時間の対応になっています。

営業時間が終了した真夜中であっても、オンラインですぐさま申し込みができるので現金化までが非常にスピーディー。

しかし、24時間申し込みに対応しているとはいえ、営業時間外や休業日に申し込むと、当然ながら処理は翌日以降の営業時間内にずれ込みます。

したがって、「今この瞬間に現金が欲しい」と思っても、場合によっては入金まで1日以上待たなければいけないこともあります。

平均的な営業時間はない

営業時間や休業日は業者によってまちまちで、土日祝日は休みのところもあれば、年中無休で365日営業しているところもあります。

また、普段は土日に関わらず営業しているところでも、ゴールデンウィークなどの長期の休みの時は休業するところもあります。

そういうわけですから、すぐにでも現金が必要な時に備えて、業者の営業時間はあらかじめチェックしておいた方がよいでしょう。

ココに注目!

上記のような事情はありますが、現在は業者同士の競争が激化しているため、即日で現金化できるところが非常に増えています。

昼間に申し込みができない場合でも、夜中に申し込んで翌朝には入金が完了するわけですから、現金が必要になりそうな数日前に申し込んでおけば確実にその日に間に合います。

このように即日でクレジットカードを現金化できると、たとえば出張先での急な出費にも対応できます。

特に地方に行くほどその利便性は威力を発揮します。

クレジットカードを持っているなら、そのまま決済すればいいのではないか

と、思われるかもしれませんが、地方にはまだまだクレジットカードに対応していないお店がたくさんあります。

たとえガソリンスタンドのような、都会ではほぼすべてクレジットカード対応になっているお店であっても、地方の個人で営んでいるところでは、いまだに現金のみの受付というところも少なくありません。

それを考えると、いざというときにスピーディーに入金してもらえるクレジットカードの現金化は、インターネットがつながる場所であればどこに行っても安心です。

クレジットカードに対応してくれないような田舎に行っているのに、そもそも現金化なんて、できるのか?
と疑問に思う方もおられるかもしれませんが、ネット環境がある限りほぼ大丈夫と考えてOK。

クレジットカードに対応している店が少ない地方であっても、郵便局などATMを備えた施設はあるはずですよね。

つまり、クレジットカードの現金化は、すぐに現金が必要な方にとって、どんな地域でも利用できる利便性の高い手段ということです。

いざという時の金策は、クレカの早い現金化が有効

日々の生活の中で、急にまとまったお金が必要になることが、たまにあるものです。

その時、

  • 貯金が全くない
  • 頼れる人が周囲にいない
  • 給与も前払いは不可

こんな場合、どこから金策してくればいいのか…、途方にくれてしまうはず。

そんな時、もしクレジットカードを何枚か持っているなら、そのショッピング枠を現金化するのが一番有効です。

クレジットカードの現金化は、数ある金策の手段の中でも特に役に立ちます。

通常、お金に困ったときの金策の手段としては、民間の金融業者に頼るのが普通だと思います。

消費者金融などの支店は街中に複数ありますから、こういったところを利用するという選択肢だってもちろんあります。

ですが、消費者金融の場合、一定の審査があるため、経済的に厳しくて追い詰められている状態の人だと、審査が通らないケースが多いです。

つまり、何かあったときに頼れるのか?
というと、そうでもない場合がありますよね。

その点、クレジットカードを用いた現金化なら、カードを持っていて、ショッピング枠の上限に達していなければ、利用に際してまったく問題ありません。

本人確認書類とカードさえあれば

後は素早く現金を手に入れることができるので、スピードという点で言えば、一番と言えるでしょう。

専門の業者は多く存在していて、ウチが一番入金までが早いと銘打っているところも多いです。

ですので、万が一、金策が必要になったときは、よさそうな現金化業者を見つければ、あとはスムーズに進むということになります。

急遽、お金が必要になったときの、早さという点では、クレジットカードの現金化がトップクラスと言えますが、もちろん欠点もあります。

たとえば、業者に払うお金(手数料)がそのうちの一つです。

同じ金額を入手するのに、カードの現金化と消費者金融では、どちらが業者にお金を多く払うことになるか計算してみると、実は、カード現金化のほうが多いと言われています。

消費者金融は、テレビなどで多重債務問題が紹介され、怖いイメージがありますが、利用者が払うお金という点では、カード現金化のほうが多いというのは意外な部分ではあります。

また、カードの現金化で一時的に金策ができたとしても、それは近い将来、返済しなければならないお金です。

そういった意味で、スピード自体は早いですが、経済的問題が解決されたわけではなくて、先送りしているだけに過ぎないという点でもあります。

ただ、何かあったとき、すぐお金が必要というシーンは存在するので、そういった時には、カード現金化も候補の一つとして考えておくと良いでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする