JCBカード現金化を知ってる人に聞いた実践してる換金法とは!?

JCBカード現金化

取り扱える業者も多いけど利用停止のリスクが高いカードブランド

日本国内で最も普及しているクレジットカードブランドはJCBだって知っていましたか?

国際ブランドとしては

  • VISA
  • マスターカード

が主流ではありますが、やっぱり国産ブランドのJCB人気も高いんですよね。

かく言う私も、もちろんJCBのクレジットカードを持っています。

普通の買い物やキャッシングにいつも利用していますよ。

そんなJCB系クレジットカードで現金化ができるか知りたいって人は少なくないハズです。

キャッシング枠が天井近くまで行ってしまい、それでも現金が必要になればショッピング枠の現金化がお手軽ですからね。

でも、利用する前に知っておいてほしいことがあります。

それはJCBブランドのカードは利用停止リスクが高いということです。

もちろんクレジットカードの現金化は違法行為ではありません。

ココに注目!

それが事実であるのは、ネット上に現金化サイトが公式に運営されていることでも分かると思います。

つまり刑法上は問題なしと解釈されているということですね。

ですが、クレジット会社にしてみれば厄介な行為だとされています。

違法ではないけれど、積極的に認めることのできない不良利用行為という位置付けになっていますね。

その通りで、現金化を繰り返すような人が多くなれば返済が出来なくなってしまう人が増えて回収できなくなるリスクが高まります。

法的に罰することができないので、利用規約の中で禁止を条件付けているという訳なんですよね。

これが意味するところは

提供しているカードで現金化を行うと『このカードは利用できなくなります』と契約上で断っておく。

これはカードユーザーに限定して有効になりますよ。
つまりクレジット会社は強制解約権を持っているということですね。

さて、JCBは現金化利用に非常に厳しい対応を行っていますね。

日頃からユーザーの利用状況をチェックしています。

チェック方法はいくつかありますが、一つは換金率の高い高級商品の購入です。

普段では高級ブランド品を買わない方が、急に購入すれば怪しいとマークする訳です。

また新幹線の回数券をクレジットカードで購入したり、他の金券を購入する場合もチェックが入りやすい傾向にあります。

そして、これらが短期間に複数回行われれば警告されたり、いきなり利用停止処分もあります。

また特定の現金化サイトをマークしてもいるようです。

そこを利用すれば同様に利用停止になりますよ。

以上のポイントをしっかりと押さえながら、いわゆる優良な現金サイトを利用するのが賢い方法となります。

私はもっぱらキャッシュバック式現金化を利用していますが、これは買取式よりもリスクが低いといわれています。

実際に現金化の範疇に入らないとされていて、JCBブランドのカードでもこの方法を規制していないと考えています。

公式で発表されることはありませんが色々と試した感じでは確実性は高いです。

JCBブランドのクレジットカード現金化には要注意!

クレジットカードの現金化は、一般社会でかなり普及してきた感じがありますよね。

VISAやマスターカードやJCB系のクレジットカードはどなたでも1枚ぐらいは持っていて、ショッピング枠を使って現金化するケースがよく見られる様になりました。

それは貸金業法の規制強化によるところが大きく、そう簡単にキャッシングできなくなった背景があります。

また一般大衆の収入低下などで融資が受け難くなった現状もあります。

実際バブル崩壊後に繁盛していた消費者金融の多くが倒産したり、吸収合併されていきました。

それで低所得の方々の受け皿も小さくなった感じがします。

私も現金が必要な際はクレジットカードのキャッシング枠を利用していますが、利用枠がいっぱいになった場合は、やはりショッピング枠で現金化をすることを考えます。

私が利用しているのはマスターカードですが、一度だけJCBでやったことがあります。

JCBはチェックが厳しい事を知っていましたが、その時は同日にマスターカードで5万円程の現金化を行っていて、それ以上重ねるのが危険だと判断したからです。

危険とは?

ここで言う危険というのは利用停止処分だと思って下さい。

いくらガードの甘いマスターカードでも、あからさまな現金化行為を連続すればリスクが高まります。

そこで手持ちのJCBカードを使って、キャッシュバック式の現金化サイトを使ったわけなんです。

何故こんなにJCBでの現金化を警戒するかと言いますと

私の知り合いが前に利用停止処分になって、いまだにブラックリスト状態だからなんです。

友人の場合は利用停止処分がなされた2か月後に、10万円のローン申請をした際に審査に落ちたんです。

その後他のクレジットカードも停止されて、ブラック化したことを知ったそうです。

ココに注目!

こういった記録は数年間抹消されないので、彼にとっては大きな痛手になってしまいます。

この事があったので、私は停止リスクが低いと考える2つの方法

  • キャッシュバック式の現金化を選ぶ
  • 優良サイトと評判のあるサイトを探す

を実践して、ほんの3万円程度の現金化という事もあって全く問題は起きませんでした。

ちなみにJCB系のクレジットカードでは、カード現金化業者が取り扱いをしていないケースも目立ちます。

それはJCBが現金化行為に非常に厳しいからなんです。

サイトの運営側もお金になり難いJCBカードを敬遠するという訳なんですね。

またJCBカードの場合は、現金化目的以外でも利用停止になることがあります。

利用枠以内でも、大量買いや高額商品購入でストップさせるケースも見られます。

要するに返済能力に不信の出る使い方はNGなんですよね。

JCBギフトカードの利用がローリスクというのは本当

JCB系のクレジットカードで現金化をしようとする時に、絶対に注意しなければいけないのがカード利用停止処分ですよね。

経験者の中には、買取式の現金化を試みて取引エラーになったり、実際にカードの利用停止になったという話があります。

これは噂レベルの話ではありません。

JCBでは

クレジットカードの現金化行為を様々な方法でチェックし、利用停止というペナルティを課しているのは事実です。

そこで、利用停止のリスクを回避する方法を考える必要があります。

私がこれまで調べてきた中で、もっともリスクの低い方法がJCBギフトカードを利用した現金化です。

どうやってJCBギフトカードを購入するのがお得なのか!?

ネット上で検索すると出てきますが公式サイトからJCBギフトカードをクレジット決済で購入することができます。

※JCB系クレジットカード限定。

参考サイト

https://www.jcb.co.jp/voucher/gift-card/index.html
JCBギフトカード販売の公式サイト

私も公式サイトを通じて購入して換金しましたが、全く問題がありませんでした。

でも調べてみるともっとお得な方法があるみたいです。

公式サイトで購入すると当たり前ですが定価でも販売となります。

ですが、オークションやネット通販やネットショップなどでは定価以下の価格で販売されているのがほとんどです。

金券や商品券はカード決済NGでは?

本来クレジットカードでの金券・商品券の購入はNGとされるのが一般的なのですが、ネット販売サイトの中には古物商の営業許可を使って2次販売をしているケースがあるんです。

つまり普通の金券ショップが、クレジットカード決済でJCBギフトカードを転売している形をとっている訳なんですね。

ココに注目!

色々と調べてみた感じでは、JCBギフトカードを販売している代理店でのクレジットカード決済はほぼすべての店舗が応じてくれないようです。

これはJCBの販売規約で厳しく指導されている条項ともいわれています。

ただし、一旦第三者の消費者が購入したJCBギフトカードは、すでに所有権がJCBから離れているために、どのように転売されても異論をはさめないのが現在の商法なんです。

もうお分かりいただけましたよね。

ネット販売では買い取ったギフトカードを転売していて、それをJCB系クレジットカードで決済できるようにしている訳なんですね。

もちろん購入したJCBギフトカードを、その場で買い取ってくれるような現金化専門の店舗も存在します。

換金率は70~75%とキャッシュバック式よりはかなり低いですが、現金化の難しいJCBカードが利用できる上に、JCBギフトカードを転売する時間と手間が省けるので利用者はとても多いです。

これまで10年以上の間、サイトを公開して営業してきているのでそれなりに顧客が付いているというのはさすがでしょう。

換金業者に限らず長く営業を続けていくのはとても厳しいことです。

ただし手続きがちょっとややこしくて面倒だと言う声が利用者からよく出ています。

私もそう感じましたが、それでも現金化できるならば有難いと思う人も少ないくないようです。

もしJCB系クレジットカードしか持っていない方は、こちらのようなシステムを採用している現金化業者を利用すると安心できるでしょう。

誰だってカードの利用停止は絶対に避けたいですから慎重に選びましょう。

JCBカード現金化で95%以上の換金率は絶対に不可能

JCB系クレジットカードの現金化は、はっきり言って他のブランドに比べると難しいとされています。

安易な方法で現金化をしたために、カードの利用停止処分を受け、その挙句にブラックリスト化してしまったケースもよく聞く話です。

そこで今回は、ローリスクで換金率の高いJCBギフトカードの現金化について紹介します。

まず、JCBギフトカードについて押さえておきましょう。

これはJCBが発行している金券で、1000円券と5000円券の2種類があります。

どちらも

  • JCB系クレジットカード
  • 現金

でしか購入ができません。

販売先は店舗か公式ホームページになります。

でも

  • 金券ねっと
  • J ・マーケット
  • チケットレンジャー

などの金券ショップやリサイクルサイトならば、他のクレジットカードでの購入もできるようになってます。

デメリットはもちろん価格は10%以上高くなってしまうという所です。

では、JCBカードによるギフト券の現金化ですが、自分で換金するスタイルが最も換金率が高くなるというのが確実です。

ちょっと手間ひまが掛かりますが現金サイトよりもお得なのでおすすめですね。

つまり金券ショップか買取専門店に転売する方法という事です。

『でも買取による現金化はカード会社のチェックが厳しいのでは?』
と心配する方も多いでしょう。

もちろんそのリスクはありますし、無いと言ったらウソですから。

でもJCBギフトカードはあらゆるイベント・お祝い事のシーンでプレゼント用に購入されているんです。

ココに注目!

つまり誰でも頻繁に購入する金券ということで、新幹線の回数券やビール券よりも疑われるリスクが小さいんです。

それにこの金券はJCBの主力商品でもあります。

自社がクレジットカード決済で販売している以上、それ自体を疑う訳にもいかないんですよね。

自分でクレジットカード決済を勧めておいて、クレジットカードで大量購入したお客様を犯人扱いできないというのが重要なんです。

これは今流行のAmazonギフト券による現金化と同様です。

それで利用停止のリスクが比較的低いんですね。

注目すべきは換金率が思ってるよりも高い

また換金率が非常に高いのも注目点ですね。

これは私が実際に売却した実例です。

全国チェーンの買取店である大黒屋で5000円券が4800円と96%の換金率をクリアしています。

ネット情報ではアクセスチケットなんかを98%で買取ったケースもあるとの事で、基本的に95~98%ぐらいが目安になるでしょうね。

どうですか?

JCBは現金化に相当厳しいカード会社ですが、自ら墓穴を掘る商業展開をしているのは面白いですね。

つまり、JCBギフトカードでは契約違反にし難いと言うジレンマがあるということになります。

ただし、それでも利用停止になったケースもあるので、目立った現金化は控える方が良いでしょうね。

疑われただけでも利用停止になってしまう事もある

JCB系クレジットカードのユーザーの方で、返済金の遅延や滞納がないのに利用停止になった方はいますか?

実は私は以前に、いきなりカードが使えなくなってしまったことがあります。

その時はカードの現金化を始める前でしたから、急にストップされる理由がなかったハズなんです。

カードが利用できなくなってすぐにカスタマーセンターへ連絡を入れましたら、何でも『現金化利用の防犯措置として設置しているカード不正使用検知システムに反応してしまった』との事でした。

【カード利用が一時停止する主な例】

  1. 過去の不正利用と同じ、または類似した利用があった場合
  2. 高額な金額で連続した利用があった場合
  3. 同じ店で連続して何度も利用された場合

出典記事:不正検知システム|JCB公式サイトより抜粋

もちろん現金化のために購入しようとしたのではなく、実際に必要だったので購入した買い物だったとしても検知する可能性もあり、原因の特定や行動については詳しく教えてくれることはあまりないです。

不正使用検知システムはどのように気を付ければよいのか

このカード不正使用検知システムは、JCBだけでなく他のクレジット会社でも独自に設定している管理システムで、顧客ごとの商品購入履歴を主にトレースする機能になっています。

また場所や時間帯もデータ化されていて、本来は盗難による不正利用をチェックするために開発されたんですよね。

それで普段とは違う利用の仕方を察知すると、一時的に取引エラーにするようです。

これは自動検査システムですので、コンピュータがおかしいと判断すれば問答無用で作動します。

私の場合は

個人的な推測ですが初めてカードで新幹線の回数券を購入しようとしたために、取りあえずストップしたのではないかと思っています。

他にも
  • 換金率のよいブランドバック
  • 時計
  • 宝飾品
  • 金券
  • 商品券

などがチェック商品になっています

それぞれに価格設定や頻度、まとめ買いの有無などでラインを引いているという情報もあります。

また同じ商品を繰り返し購入する行為も引っかかります。

現金化サイトでは100円ぐらいの商品を1万円前後で販売&買取をしていますが、いくら金額が低くても頻度が多ければチェックにひっかっかるシステムです。

利用停止処分はカスタマーセンターで事情を説明して、それが理解されれば即解除されます。

ということで、実際に現金化で利用しようとしてストップした場合でも、初めのうちは解除が可能になる可能性があります。

それを利用している方もいることでしょう。

ただし利用停止の履歴は確実に残りますので、頻度によっては強制的に解約されてしまうことも知っておきましょう。

クレジットカード会社としては、リスク回避・不良債権化の回避は最優先事項ですから、怪しいと感じただけでも信用の欠如として契約を打ち切る可能性があるという事を忘れないでください。

利用者の傾向を年齢別・地域別・男女比で調べてみた結果分かった事は・・

必要な状況

クレジットカード現金化を利用する人の年齢層はどのようになっているのでしょうか。

ある老舗現金化業者が調べたデータによれば、

  • 利用者の年齢層に特に決まりはない
  • 20代~60代とクレジットカードを持てる年齢にあたるさまざまな人が利用している

という結果が出ています。

年齢で分けてみると、どんな状況で必要になるかが分かる

1
20代~30代

20代~30代の若い世代の利用者がどこでクレジットカード現金化の情報を得ているかと言えば、やはりインターネットを入り口としたケースが多く、リアルな情報交換を経なくても一人で十分に調べられるといった特性も関係しているようです。

この年代の利用者、近年は特に女性の利用者が急増している傾向があります。

2
30代中盤~40代

30代中盤~40代でのクレジットカード現金化の利用者は、自営業を営んでいる人が多くなっているのが特徴です。

現金化業者のなかには、自営業・会社経営者を優遇したサービスを設けているところもあるため、そのような立場の人たちの間で口コミが広がるケースもあるようです。

3
40代以上

もっと高い年齢層の利用者は、比較的経営が長い業者を選ぶ傾向があり、また横文字の名前ではなく親しみのある名称の業者を選ぶ特徴があるようです。

いずれにしても、クレジットカード現金化の利用者の年齢層は幅広く、さまざまな立場の人が利用していると考えて間違いはないでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の業者も独自にサイトを作り、換金率などについて情報を発信していることが多くなった昨今は、20代~30代の若い世代の利用者が増加傾向にあるようです。

特に今ではパソコンがなくてもスマートフォンやゲーム機でインターネットに触れる機会が増えていますから、広告媒体との相性でそのような機器の扱いに長けている世代の利用者が増えているのは自然なことかもしれません。

現在はクレジットカード現金化の利用者の年齢層に大きな偏りは見られないものの、今後は一転して若い世代の利用者が急増することも考えられます。

このような若い世代が「今すぐ現金が欲しい」という状態に陥るのには、消費面でさまざまな選択肢が出てきたということも考えられるでしょう。

昔であれば車やハイブランドの製品を持ちたいという願望で借金を重ねるケースが多かったのですが、インターネットコンテンツの普及によりデータにお金を支払うケースも増加しています。

クレジットカード全般に言えることですが、便利に使える反面、支払い時にお金を使った感覚が薄いのも特徴なので、今後の消費スタイルに傾きが見られるのであれば現金化の利用者層にも影響を与えていく可能性があります。

クレジットカード現金化の利用者傾向~男女比~

男女比較
クレジットカード現金化の利用者の男女比はどうなっているのか?
これが気になっている人も多いはずです。

女性で今度現金化を利用しようとしている場合、他にも女性の利用者がいるのか、男性の利用者ばかりなのではないかと不安に感じることもあります。

近年のクレジットカード現金化の利用者の性別のデータを参考にすると、なんと40%~50%程度は女性の利用者なのです。

女性の利用者が増えている背景にはさまざまな理由があります。

昔であればクレジットカードの現金化は

  • お金のない学生
  • 経営に行き詰った自営業者
  • お金のやり繰りが身についていない新社会人

などが大半でしたが、近年は家庭のやり繰りを考えなければならない主婦層の利用者が増えていると言うのです。

背景には

子供や家庭にお金がかかる世代の所得が全体的に減少の傾向があることも挙げられるでしょう。

以前まではお金が足りないときに工面する方法といえば金融業者からの借り入れが一般的で、「すぐにお金が借りられます」といった気軽なCMをテレビなどで目にする機会も多かったのです。

しかし、近年クレジットカードの現金化という方法が広まってからは、こちらを利用したいと考える人が増えてきました。

女性には女性独自の世界があり、お小遣いが少ないなかでママ友や近所の人との付き合いがあったり、子供の行事で急に予定外の出費がかさむケースもあります。

しかし専業主婦の場合、消費者金融からの借り入れができずに頭を抱えてしまうケースがあるのです。

そのような状況で家族に借り入れの確認をとったり、審査に時間のかかったりする金融業者からの借り入れよりも、クレジットカードを作れるという信用性があれば素早く現金を入手できる方法が好まれるようになっています。

また、最近では

女性専用車両やレディースデーと言った女性を優遇するサービスの流れを受け、クレジットカード現金化業者が何らかの特典をつけるケースが増えていて、さまざまな方法で顧客を取り込もうとしている状況も関係しているでしょう。

換金率の違いのみで利用者の興味を引く方法は既に手詰まりの空気があり、他の現金化業者との差をアピールするために女性向けのサービスやキャンペーンを打ち出して集客をはかっている業者が増えているのです。

女性でクレジットカード現金化の利用を考えている場合は、換金率などの基本的な条件はもちろん、女性優遇のサービスの有無やサービスの内容なども比較して業者を選ぶと良いでしょう。

クレジットカード現金化業者のなかには、女性の利用者のみを対象としている店舗もあるほどです。

クレジットカード現金化の利用者傾向~利用者が多い地域~

利用者が多い地域
クレジットカード現金化の利用者の年齢層や性別についてはわかりましたが、利用者の多い地域はどうなっているのでしょうか。

クレジットカード現金化を利用している人は全国に分布していますが、とりわけ多いのは南関東九州となっています。

あるデータを参考にすると南関東の利用者が約34%、九州の利用者が約20%、次いで北海道・東北での利用者が約8%、近畿地方の利用者が約8%となっています。

利用地域 地域別の割合
南関東 34%
九州 20%
北海道・東北 8%
近畿地方 8%
その他 30%

現時点では南関東の利用者が多い背景には、クレジットカード現金化の業者のリアル店舗がこの地域に集中していることも挙げられるでしょう。

しかし近年はインターネットのサイトを通じた広告や集客が目立ってきているため、今後は南関東以外の地域での利用者も増えていくと考えられます。

買い取り方式を提案している業者との取り引き商品のなかにネット発行が可能なギフトカード類が増えてきていることもあり、全てのやり取りがネットを通じたもので完結する仕組みができてきていることも大いに関係してくることでしょう。

また、さまざまなインターネットプロモーションが開発されていくなかで、利用者が検索したキーワードをもとに適したプロモーションを流す技術が進化を続けていることもあり、今まではクレジットカードの現金化を知らなかった層にまで利用が拡大する流れが起きる可能性も考えられます。

地域にかかわらず、クレジットカード現金化の業者を知るきっかけは

  1. インターネットのホームページの情報が最も多く
  2. 街の看板
  3. ダイレクトメール
  4. ポケットティッシュの広告

などリアルな情報源が続きます。

特殊な例としては

代金の支払いが滞った際の督促の際にクレジットカードの現金化という方法を聞かされたというケースもあります。

私もこの話を聞いた時に驚きました。
業者側もこの方法で確実に現金が入ってくることを理解して回収の手間が省けると考えているという事ですね。

一つ注意したいのは、クレジットカードの現金化が広まり、一般の人の間でも話題になりつつある現在でも、取り引きの方法に関してはグレーゾーンにあるということです。

クレジットカード会社や各種団体が注意を促しているものの、基本的には現金化の際は自己責任でおこなうことが求められます。

いざトラブルが起こった際に、トラブル自体の解決はうまくいくかもしれませんが、それ以降のクレジットカードそのものの利用や、利用できる範囲に制限が付いてしまう可能性はあると常に考えておくべきです。

換金率の平均や利用者の評価などでの業者の見極めはもちろん、トラブルの実例を知っておくことで危険を未然に回避する自衛が必要です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする