利用者の傾向を年齢別・地域別・男女比で調べてみた結果分かった事は・・

必要な状況

年齢での現金化利用者を分けてみるとどのような状況で必要になるかが分かる

クレジットカード現金化を利用する人の年齢層はどのようになっているのでしょうか。

ある老舗現金化業者が調べたデータによれば、利用者層の年齢層に特に決まりはなく、20代~60代とクレジットカードを持てる年齢にあたるさまざまな人が利用しているという結果が出ています。

20代、30代の若い世代の利用者がどこでクレジットカード現金化の情報を得ているかと言えば、やはりインターネットを入り口としたケースが多く、リアルな情報交換を経なくても一人で十分に調べられるといった特性も関係しているようです。

この年代の利用者は、近年は特に女性の利用者が急増している傾向があります。

30代中盤~40代でのクレジットカード現金化の利用者は、自営業を営んでいる人が多くなっているのが特徴です。

現金化業者のなかには、自営業・会社経営者を優遇したサービスを設けているところもあるため、そのような立場の人たちの間で口コミが広がるケースもあるようです。

もっと高い年齢層の利用者は、比較的経営が長い業者を選ぶ傾向があり、また横文字の名前ではなく親しみのある名称の業者を選ぶ特徴があるようです。

いずれにしても、クレジットカード現金化の利用者の年齢層は幅広く、さまざまな立場の人が利用していると考えて間違いはないでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の業者も独自にサイトを作り、換金率などについて情報を発信していることが多くなった昨今は、20代~30代の若い世代の利用者が増加傾向にあるようです。

特に今ではパソコンがなくてもスマートフォンやゲーム機でインターネットに触れる機会が増えていますから、広告媒体との相性でそのような機器の扱いに長けている世代の利用者が増えているのは自然なことかもしれません。

現在はクレジットカード現金化の利用者の年齢層に大きな偏りは見られないものの、今後は一転して若い世代の利用者が急増することも考えられます。

このような若い世代が「今すぐ現金が必要」という状態に陥るのには、消費面でさまざまな選択肢が出てきたということも考えられるでしょう。

昔であれば車やハイブランドの製品を持ちたいという願望で借金を重ねるケースが多かったのですが、インターネットコンテンツの普及によりデータにお金を支払うケースも増加しています。

クレジットカード全般に言えることですが、便利に使える反面、支払い時にお金を使った感覚が薄いのも特徴なので、今後の消費スタイルに傾きが見られるのであれば現金化の利用者層にも影響を与えていく可能性があります。

クレジットカード現金化の利用者傾向~男女比~

男女比較
クレジットカード現金化の利用者の男女比はどうなっているのか?これが気になっている人も多いはずです。

女性で今度現金化を利用しようとしている場合、他にも女性の利用者がいるのか、男性の利用者ばかりなのではないかと不安に感じることもあります。

近年のクレジットカード現金化の利用者の性別のデータを参考にすると、なんと半数以上は女性の利用者なのです。

女性の利用者が増えている背景にはさまざまな理由があります。

昔であればクレジットカードの現金化はお金のない学生や経営に行き詰った自営業者、お金のやり繰りが身についていない新社会人などが大半でしたが、近年は家庭のやり繰りを考えなければならない主婦層の利用者が増えていると言うのです。

背景には、子供や家庭にお金がかかる世代の所得が全体的に減少の傾向があることも挙げられるでしょう。

以前まではお金が足りないときに工面する方法といえば金融業者からの借り入れが一般的でした。

すぐにお金が借りられます、といった気軽なCMをテレビなどで目にする機会も多かったのです。

しかし、近年クレジットカードの現金化という方法が広まってからは、こちらを利用したいと考える人が増えてきました。

女性には女性独自の世界があり、お小遣いが少ないなかでママ友や近所の人との付き合いがあったり、子供の行事で急に予定外の出費がかさむケースもあります。

しかし専業主婦の場合、消費者金融からの借り入れができずに頭を抱えてしまうケースがあるのです。

そのようななかで家族に借り入れの確認をとったり、審査に時間のかかったりする金融業者からの借り入れよりも、クレジットカードを作れたという信用性があれば素早く現金を入手できる方法が好まれるようになっています。

また、女性専用車両やレディースデーと言った女性を優遇するサービスの流れを受け、クレジットカード現金化業者が何らかの特典をつけるケースが増えているのも関係しているでしょう。

換金率の違いのみで利用者の興味を引く方法は既に手詰まりの空気があり、他の現金化業者との差をアピールするために女性向けのサービスやキャンペーンを打ち出して集客をはかっている業者が増えているのです。

女性でクレジットカード現金化の利用を考えている場合は、換金率などの基本的な条件はもちろん、女性優遇のサービスの有無やサービスの内容なども比較して業者を選ぶと良いでしょう。

クレジットカード現金化業者のなかには、女性の利用者のみを対象としているところもあるほどです。

クレジットカード現金化の利用者傾向~利用者が多い地域~

利用者が多い地域
クレジットカード現金化の利用者の年齢層や性別についてはわかりましたが、利用者の多い地域はどうなっているのでしょうか。

クレジットカード現金化を利用している人は全国に分布していますが、とりわけ多いのは南関東九州となっています。

あるデータを参考にすると南関東の利用者が約34%、九州の利用者が約20%、次いで北海道・東北での利用者が約8%、近畿地方の利用者が約8%となっています。

現時点では南関東の利用者が多い背景には、クレジットカード現金化の業者のリアル店舗がこの地域に集中していることも挙げられるでしょう。

しかし近年はインターネットのサイトを通じた広告や集客が目立ってきているため、今後は南関東以外の地域での利用者も増えていくと考えられます。

買い取り方式を提案している業者との取り引き商品のなかにネット発行が可能なギフトカード類が増えてきていることもあり、全てのやり取りがネットを通じたもので完結する仕組みができてきていることも大いに関係してくることでしょう。

また、さまざまなインターネットプロモーションが開発されていくなかで、利用者が検索したキーワードをもとに適したプロモーションを流す技術が進化を続けていることもあり、今まではクレジットカードの現金化を知らなかった層にまで利用が拡大する流れが起きる可能性も考えられます。

地域にかかわらず、クレジットカード現金化の業者を知るきっかけはインターネットのホームページの情報が最も多く、以降は街の看板、ダイレクトメール、ポケットティッシュの広告などリアルな情報源が続きます。

特殊な例としては、代金の支払いが滞った際の督促の際にクレジットカードの現金化という方法を聞かされたというケースもあります。

一つ注意したいのは、クレジットカードの現金化が広まり、一般の人の間でも話題になりつつある現在でも、取り引きの方法に関してはグレーゾーンにあるということです。

クレジットカード会社や各種団体が注意を促しているものの、基本的には現金化の際は自己責任でおこなうことが求められます。

いざトラブルが起こった際に、トラブル自体の解決はうまくいくかもしれませんが、それ以降のクレジットカードそのものの利用や、利用できる範囲に制限が付いてしまう可能性はあると常に考えておくべきです。

換金率の平均や利用者の評価などでの業者の見極めはもちろん、トラブルの実例を知っておくことで危険を未然に回避する自衛が必要です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする