未成年でも出来るって本当?カードさえあれば誰でも簡単にネット申込みが可能

借入じゃないから未成年も可能

借入ではないから未成年でも可能になる

クレジットカード現金化を行いたいと思う人は沢山いるでしょう。

ここで気になるのが未成年は利用できるのかという点です。

未成年は金融業者からの借り入れを行うことが出来ないので、即日現金が必要になったときに行える手段といえば、クレジットカードの現金化です。

結論から言うと、クレジットカードを所持していればクレジットカード現金化は可能です。

クレジットカードを作るにはいくつかの条件があります。

18歳未満では作ることができない

まず第一に18歳未満は作ることができません。

そのため、未成年はクレジットカード現金化をすることが出来ますが、高校生や18歳未満の方はクレジットカードを作ることはできません。

デビッドカードは高校生でも作ることができますが、これは銀行口座から引き落とす形で使えるカードなのでクレジットカードとは違います。

20歳未満でも親権者の同意書がなければつくれない

次に20歳未満がクレジットカードを作る場合は親権者の同意書が必要となります。

そのため、クレジットカードを作るときには親などの承諾が必要になるのです。

この場合、クレジットカードを作るときに親が同伴して署名をするなどの必要はありません。

契約書類に署名と捺印をするだけでいいので問題はないでしょう。

親が難しい場合は親戚など、親権者の同意が必要となります。

一番の問題は安定した収入が必要という事

第三に安定した収入が必要という点です。

こちらはアルバイトでも問題ありません。

特に最近は学生でもフリーターでも作りやすいクレジットカードが増えています。

審査の甘いクレジットカードであれば、そこまで固定収入にこだわらない場合が多いです。

特に大学生や専門学校生などの学生の場合はまだ親の扶養の範囲となっている可能性が高いので、固定の収入がなくてもクレジットカードの審査に受かる可能性は高いでしょう。

学生じゃない場合でも、ある程度の収入があればクレジットカードを作ることが出来ます。

ちなみに、親権者が保証人の場合のみ、収入なしでもクレジットカードは作りやすいです。

基本的に、

必要な事とは
  • 18歳以上であること
  • 未成年の場合は保護者の同意書が必要であること
  • そしてアルバイトでもいいので収入がある
    ※もしくは親権者が保証人になってくれること

これらが未成年でもクレジットカードを作る条件です。

また、これらの条件を満たしていても作れないクレジットカードはあります。

クレジットカード会社は沢山あるので、出来るだけ審査の緩い、学生やフリーターでも作ることが出来るクレジットカード会社を選ぶようにすれば問題はありません。

未成年のクレジットカード現金化はリスクが高い!

未成年の利用はリスクが高い
クレジットカード現金化はクレジットカードを所持していれば問題なく利用をすることができます。

しかしクレジットカード現金化業者を利用して行う場合は注意が必要です。

ほとんどのクレジットカード現金化業者は、未成年はお断りしているのです。

なぜ未成年がクレジットカード現金化を利用することが出来ないのかというと、これにはさまざまな理由があるからです。

まず第一にトラブルが起こる可能性が高いという点です。

未成年の方は学生の方が多いです。

働いている人でも実家に住んでいる場合も多いでしょう。

クレジットカード現金化をする必要があるということはお金に困っているということです。

親に相談をすることが出来ないという事情があり、クレジットカード現金化を行うということは、業者側もトラブルに巻き込まれる可能性が高いのです。

クレジットカード現金化は犯罪ではありませんが、決していいことではありません。

クレジットカード現金化業者も不要なトラブルに巻き込まれたくないので、お金に困っている、親を頼ることが出来ない未成年とは取引をしたくないのでしょう。

また、トラブルが起こる可能性が低かったとしても、未成年は成人に比べるとどうしても支払い能力が低い方が多いです。

そのため、クレジットカード現金化をしてもクレジットカードの返済が滞ってしまう可能性があります。

支払い能力が不十分な可能性があるので断られる可能性があります。

次に、18歳未満は古物営業法で買取を拒否されてしまうものがあります。

たとえば高額になりやすい車やバイク、その部品、ゲームソフト、CDやDVD、文庫書籍などは未成年から買い取ることは出来ず、買取をお願いするときは親の同意書が必要となります。

クレジットカード現金化は金券などが多いのでこれらは該当しない場合がありますが、それでも、未成年との取引は親権者の同意書が必要な場合が多いため、古物営業法に違反しないためにもお断りをする可能性があります。

最後に利益が少ないからです。

未成年が使えるクレジットカードはショッピング枠が少なく、沢山のクレジットカード現金化を行うことが出来ません。

クレジットカード現金化の金額が少ないと業者側の儲けも少なくなってしまいます。

未成年と取引をしてもハイリスクローリターンなので、業者側としてはメリットがほとんどないのです。

そのため、最初から未成年との取引を断っているパターンが多いです。

クレジットカード現金化業者も商売なので、利益になりにくい相手とは取引をしません。

法律の改定で未成年もクレジットカード現金化をしやすくなった?!

法改正により利用しやすくなった
実は将来的に18歳19歳の現状未成年とされている年齢の方でも、クレジットカード現金化をしやすい世の中になるかもしれません。

なぜなら成人の年齢が引き上げになるからです。

2022年4月1日からは、18歳が成人の年齢となります。

満20歳が成人とされたのは1876年からで、成人の年齢が変わるのは142年ぶりです。

成人と未成年の年齢が変わり、変化する部分もあれば変化しない部分もあります。

たとえば、18歳から出来るようになることは、親の同意書なしでもクレジットカードを作れるようになる、ローンを組めるようになる、パチンコで遊べるようになるという点です。

これらは今までは成人しか出来なかったことが、法改正により18歳の成人から行えるようになります。

逆に成人の年齢が18歳になっても変わらないこともあります。

たとえばお酒や煙草は20歳からで変わりありません。

公営ギャンブルの利用、養子縁組で養子を取ることなども、20歳からしかできません。

しかし、クレジットカード現金化において大切なことはクレジットカードを所有できるかどうかです。

古物取引が出来るかどうかはまだわかりませんが、成人の年齢が引き下げられることにより、18歳からクレジットカード現金化がしやすい世の中になるのではないでしょうか。

現在、18歳19歳の未成年の場合は消費者金融からお金を借りることは出来ません。

クレジットカード現金化も断る業者が多いです。

これは何をするにも親の同意が必要な年齢であることと、トラブルが多いから、そして支払い能力に不安があるからです。

しかし18歳から成人になると親の同意が不要になります。

クレジットカード現金化で18歳19歳が断られていた理由の一つが解決するのです。

もちろん支払い能力がないという点には代わりありませんが、その点さえクリアできればクレジットカード現金化も夢ではないでしょう。

2018年現在、18歳19歳はクレジットカード現金化をすることは難しいです。

クレジットカードを持っていても断られる可能性があります。

しかし18歳19歳も成人と認められる時代になれば、現金化も難しくはないでしょう。

注意

ちなみに、現状未成年でも快くクレジットカード現金化を引き受けてくれるという業者は悪徳業者の可能性があるので注意をしてください。

知識のない未成年をだまして詐欺を働く可能性もあります。

未成年のうちは、まだクレジットカード現金化を利用しないほうがいいでしょう。

もし利用したい場合は信頼の出来る業者を頼るようにしてください。

フリーターが現金化を利用する場合

フリーターでも利用
今ではフリーターとして、いろいろな職場を転々としているという方も少なくありません。

正社員のように決まった時間働かなくてすみますし、休暇も自由に取ることができるため、フリーターをあえて選択している人もいるのです。

ではフリーターの方も、現金が急に必要になった場合にはクレジットカードの現金化を利用できるのでしょうか。

結論から言えば、問題となるのはその後の返済でしょう。

フリーターの方でもある職場にすでに長期にわたって勤務しているという方であれば問題ありませんが、短期間に職場を転々としている方の場合、翌月もしくは翌々月のクレジットカードの支払いができないということが生じ得ます。

現金化を利用するときには、必要最低限だけ使うようにすることが重要です。

さらに翌月や翌々月にどのように返済するかをあらかじめ計画しておいた方が賢明です。

クレジットカードの現金化はあまり率の良くない換金法であるにもかかわらず、フリーターや無職の方でも利用できるものです。

計画的に利用することによって、クレジットカード自体が使えないという最悪の状況を避けるようにしましょう。

クレジットカードの現金化は、フリーターの方が利用できる金策の一つですが、実は正規の貸金業者の中にもフリーターを対象に融資をしてくれるところがあります。

確かに金利は通常の貸金業者よりも高めであることが多いですが、それでも利息制限法などの法律に則った貸金業です。

現金化業者はこうした利息制限法などに従う必要はないので、法外な金利を取るところも少なくありません。

フリーターの方が現金を必要とする場合、まずはこうした正規の消費者金融などで融資を受けることも検討すべきでしょう。

消費者金融とクレジットカードの現金化を比較して、ぜひ賢い金策方法を選ぶようにしてください。

社会人も学生もクレジットカードの現金化で金欠を乗り切れる!

学生向けカードで検索
クレジットカードの現金化は、年配者や主婦、フリーターの方も利用することができる方法です。

すぐに現金が欲しいという場合にも、現金化ができれば審査なども受けずにすぐにお金が受け取れます。

では一般的に社会人よりも信用が低いとされる学生についてもクレジットカードの現金化はできるのでしょうか。

まず大学生や専門学校生など、未成年の学生であってもクレジットカードを持つことは可能です。

それが学生向けカードです。

【学生向けカードとは】

基本的には18歳以上(高校生を除く)の方の学生でも持つことができるクレジットカードとなっております。
未成年の学生でもOKです。

学生限定!年会費無料やポイントの優遇など大人もうらやむサービスが満載のクレジットカードをご紹介します。「クレジットカードは社会人になってから」なんてもったいない。学生だからこそのサービスを活用し、友達との旅行や毎月のショッピングなどでおトクにポイントをためることができます。

※JCBの学生向けカードより抜粋
学生向けカード特集|JCBカード

JCBのラインナップ
  • JCB(各種)一般学生CARD
  • 慶應JCB(各種)学生カード
  • 早稲田カードJCB(各種)学生カード

学生は交際費や生活費など、何かとお金が必要になります。

そんな時には学生カードのショッピング枠を用いて、クレジットカードを現金化することができます。

というのは、学生カードにはキャッシング枠がないことが多いからです。

学生でも親からの仕送りやアルバイトなどにより定期的な収入があるという場合には、未成年でもクレジットカードを作ることはできるのですが、キャッシングはできません。

したがって、クレジットカードで現金が欲しいという場合には現金化を利用するしかないのです。

しかし学生のクレジットカード現金化には注意が必要です。

なぜならたとえ自分名義のクレジットカードが使える人であっても、現金化に年齢制限が設けられていることがあるからです。

現金化を手掛ける業者の中には受け入れる年齢を20歳に設定しているところがあります。

その場合商品を購入できたとしてもその商品を現金化することができないということになります。

学生の方がクレジットカードの現金化を利用する場合には、必ず利用しようと思っている業者で年齢制限があるかどうかを確認してからの方が良いでしょう。

もし18歳の方は現金化できないという場合には別の業者を探さなければなりません。

学生の方が現金を調達する方法が別にあります。

それが学生ローンです。

学生ローンは主に学生を対象にしているもので、親の承諾や保証人が必要ないケースがあります。

そのため学費が足りない学生などが利用することも多いのです。

ただし学生ローンは普通の借金よりも金利が高い傾向にあり、社会人になっても返済し続けなければなりません。

一方でクレジットカードの現金化は審査や手続きがほとんどない分、金利は学生ローンよりも高くなります。

そこで学生の方は数十万円単位の金額の現金が必要という場合には学生ローンを使い、数万円程度の少ない金額が必要な場合にはクレジットカードの現金化を利用するといった、必要な金額によって手法を変えるということができるのです。

学生も社会人の方も、ぜひ賢い利用方法で金欠を乗り切るようになさってください。

返済できない人は現金化の前によく検討すべき

返済を検討してから
クレジットカードの現金化は特にクレジットカードのキャッシング枠を持っていない方にお勧めの現金調達法です。

今のところ違法行為とはされていないので、ちょっとお金が必要になったり、給料日までわずかに金欠といった場合には便利な方法となります。

しかしクレジットカードの利用規約には「現金化目的でクレジットカードを使わないこと」と明記されているのです。

ではその理由について考えてみましょう。

なぜ本来は現金化目的でクレジットカードを使ってはいけないのでしょうか。

そのもっとも大きな理由は、現金化を利用した後、返済できない人が出てくる可能性があるからです。

例えばある人が10万円の商品を購入して8万円の現金を手に入れたとしましょう。

通常クレジットカード現金化を利用する人はクレジットカードのキャッシング枠がないか、すでに使い切っている人です。

つまりクレジットカードを作るときに審査によって決まった上限を超えて現金を手にしているということになります。

現金化のために商品を購入した場合、請求は現金化を手掛ける業者ではなくクレジットカード会社に行くことになります。

そのため頻繁にクレジットカードの現金化を利用されてしまうと、返済能力以上に商品を購入してしまい返済できない人が出てきてしまうのです。

さらにクレジットカードの現金化には詐欺まがいの行為も横行しているため、利用に際しては十分な注意も必要です。

こちらの「悪徳・詐欺業者が使う最新手口の情報が集まったので公開します」でも詳しく解説してます。

実際こうした状況はすでに生じています。

現金化のメリットでもあるのですが、クレジットカードの現金化は多重債務者でも、借入の審査に通らなかった人でも利用することが可能です。

そのためそもそも返済できない人がクレジットカードを使って現金化することも多く、クレジットカード会社が大きな損失を被ることになっています。

こうした返済能力の低い人は、現金を手に入れることを重視するあまり返済のことをあまり考えない傾向にあります。

通常クレジットカードの支払いは1ヶ月後もしくは2ヶ月後に来るので、最大でも2ヶ月の猶予しかないことになります。

リボルビング払いや分割払いを選択している場合でも、金利を含め毎月決まった金額を必ず返していかなければなりません。

一括で返済できない人は、金利を含めて元の商品の値段以上の返済が必要になるのです。

これからクレジットカードの現金化を利用しようという方は、ぜひ現金化だけでなく返済についてもよく検討したうえで必要な時にだけ利用するように心がけましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする