VISAを現金化してわかった絶対にこれだけは守ったほうがいい事

VISAカード現金化

VISAカードで多くの人が試しているのはこの3つ

急なイベントや用事があるとどうしても現金が足りなくなってしまう時がありますよね。

そんな時私はVISAを現金化する方法を実行していました。

私が試した方法は主に3つあります。

1
1つ目の方法

1つ目の方法はブランド品を購入して、それを買い取ってもらうという方法です。

具体的なやり方は簡単で、

  1. まずVISAを利用してカバンや時計などのブランド品を購入します。
  2. そのブランド品を買い取りショップやヤフオク、またメルカリなどで売るだけです。

ただ、買い取りショップであればその場で現金化することができますが、ヤフオクやメルカリについては当然、売れなければ現金化することができないため注意が必要です。

またブランド品の人気度などによって換金率も大きく変化することがあるため、できれば事前に人気のある物は何かを調査しておくのが鉄則。

2
2つ目の方法

2つ目の方法は業者に依頼して即日現金化してもらうという方法です。

現在日本ではVISAのクレジットカードを利用して即日現金化してくれる業者が存在します。

そのような業者に依頼すれば、高い確率ですぐに現金化してくれます。

ただしこの方法には1つ大きな注意点があります。

それはVISA自体はショッピング枠を現金化することを禁止しているということです。

そのため、場合によってはクレジットカード会社からカードの利用を停止されてしまう可能性もあるんです。

私の場合はどうしても即日必要だったため利用停止も覚悟で使ったのですが、結果的には今でも問題なくカードは使えてます。

しかしそのようなリスクはゼロではないということを、この方法を実行する時には理解しておきましょう。

3
3つ目の方法

3つ目の方法はVJAギフトカードを購入し、それを金券ショップなどで換金してもらうという方法です。

VJAギフトカードとは、VISAが発行している商品券のことなのですが、実はこのVJAギフトカードは96%から98%前後という非常に高い換金率を誇る商品券なのです。

もちろんギフトカードを購入してから手元に届き、それを持って金券ショップに行くまでの時間がある程度かかるというデメリットがあります。

しかし、ある程度現金化するまでの時間に余裕がある場合には、比較的高い率で換金ができるこの方法がお勧めです。

ちなみにVJAギフトカードでなくてもAmazonギフト券も比較的高い換金率を誇る商品券となっていますが、このAmazonギフト券は基本的に金券ショップでは売ることはできず、ネット上の買取サービスを利用するしか方法がありませんので注意してくださいね。

体験してわかったVISAを現金化した時の返済方法や注意点

現在日本ではVISAのクレジットカードのショッピング枠などを利用して現金化することができます。

私も過去にどうしても現金が足りなくなってしまった時に利用したことがあるのですが、実際にショッピング枠を現金化したことで具体的な返済方法やそれに関わる注意点があることが分かりました。

まずはショッピング枠を現金化した時の返済方法についてですが、これは様々な方法があります。

まず最もポピュラーな方法としてあるのが、一括払いです。

一括払いは文字通り、現金化した分の金額を期日に一括で支払う方法となります。

ただし、ここで注意しなければいけないことがあります。

ココに注目!

それはサービスを利用して現金化し、手元に入ってきた現金の100%以上を支払う必要があるということです。

なぜなら、ショッピング枠を現金化する時、業者が手数料を抜いた分のみを現金として渡してくれているからなんです。

つまり

5万円現金として手元に入ってきたのであれば、実際にはクレジットカードでは5万円以上の請求額ということになります。

これを間違えてしまうと一括払いが出来なくなってしまうことになりますので注意してください。

一括払いの他には、

  • 複数回に分けて返済していく分割払い
  • 毎月支払う金額を固定して支払っていくリボルディング払い
  • ボーナスが会社から入る月を指定してその月に一括で返済

という方法があります。

その他にも

余裕があれば決められた額よりも多く返済することもできるフレックス払いなどもありますよ。

先ほどもお話したとおり、私も過去に現金が足りなくなってしまう時にショッピング枠を現金化したことがありますが、その時に注意しなければいけないと感じたポイントがあります。

その注意点とは一括払いだと人によっては支払いがきついと感じることもあるということです。

ショッピング枠の現金化では平均して20%前後の手数料が業者によって徴収されています。

つまり5万円だと約1万円前後の手数料をプラスしてカード会社に返済しなければいけないのです。

もともと現金が足りないことが原因で現金化していることが多いので、この大きな手数料を含めた支払いが難しいと感じることがあります。

ちなみに私の場合は最初に一括払いで現金化していたのですが、途中で支払が厳しくなるとわかったためすぐリボルディング払いに支払いを変更しました。

ただし、リボ払いでも限度額が来ていると変更することができなくなることもあるため、その点については注意してください。

VISAの現金化で利用停止にならないようにするためのポイント

参考サイト

https://www.visa.co.jp/legal.html
気になる方はVISA公式サイトのご利用規約ページをチェックしてみて

何らかのイベントや用事などが急に入ると現金が足りなくなってしまうことがありますよね。

そのような時に現金を調達する1つの方法としてあるのが、VISAのクレジットカード利用した現金化です。

私も過去に現金がどうしても必要になってしまいクレジットカードを使って現金化したことがありますが、実はこの現金化というのは基本的にはVISAの利用規約に違反しているのです。

私が利用停止にならないために、意識したいくつかのポイントを紹介します。

1
利用限度額

1つ目の意識したポイントは限度額に余裕があるかということです。

現金化する時に業者に現金化してもらうためには、基本的にVISAのショッピング枠を使って現金化してもらいます。

ただ現金化する時には手数料として約20%前後を追加した額が実際には利用されるので、キャッシング枠の限度額に余裕がない場合に、この現金化のサービスを利用してしまうと、限度額を超えてしまってクレジットカード会社から注目されてしまうこともあるわけですね。

私の場合はそれを避けるために、なるべく限度額に余裕あるVISAのクレジットカードを利用しました。

2
業者選び

2つ目の意識したポイントは業者選びです。

現在日本ではVISAのショッピング枠を現金化することができる業者は数多くありますが、中にはいわゆる悪質な業者も存在します。

そのような業者で現金化すると業者側の不手際によってクレジットカード会社から怪しまれてしまう可能性が高くなってしまうこともあります。

そのため私がVISAのショッピング枠を現金化した時には、なるべく実績があり信頼できる業者を探すために、複数の業者をピックアップして口コミなどをチェックしてから利用するようにしました。

3
自分で行う現金化はなるべく避ける

3つ目の意識したポイントは自分で行う現金化はなるべく避けるようにしたということです。

VISAのショッピング枠は金券やブランド品、新幹線の回数券などの換金率の高い商品を購入することで、自分で現金化することもできます。

しかし、ショッピング枠を利用した金券やブランド品などの購入は、これまでにも多くの人が実践しているため、自分で高い換金率で現金化しようとするとどうしてもクレジットカード会社から怪しまれてしまうことになるのです。

特に最初に話したような限度額が近いときにこのような商品を購入するとより怪しまれます。

そのようなことを避け利用停止にならないためにも、私は自分自身での現金化はなるべく避けるようにしたわけなのですね。

VISAの現金化をして利用停止になってしまった時の対処法

VISAのショッピング枠を利用して現金化することは基本的にVISAの利用規約に違反しているため、バレてしまうと最悪クレジットカードの利用停止になってしまうことがあるのはご存じですよね。

私の場合も過去にどうしても現金が必要になってしまい、業者を利用して現金化したことがあります。

その時には幸いにも利用停止になることはありませんでしたが、もし利用停止になってしまった時にはどうするべきか、事前にその対処法を2つ練っていました。

私は考えていた対処法の1つ目の対処法

クレジットカード会社に利用停止になってしまった理由を確認し、それが限度額オーバーや返済の延滞が理由なった場合には、なるべく早く支払いを済ますようにするという方法です。

これはVISAの現金化に限らず、通常のクレジットカードの利用をしていたとしても起こりうる利用停止の理由なので、基本的にはできるだけ早く支払いを済ませることで、その利用停止を解除してもらえると考えたわけです。

実際この方法で利用停止が解除になっているという話も聞いていますので、もしクレジットカードの利用が停止されてしまった時にはまずこの方法で取り組もうと考えていました。

私が事前に考えていた2つ目の対処法

クレジット会社に利用停止を解除してもらうように連絡するという方法です。

VISAのクレジットカードは第三者から利用されたなどの疑いがある時には、自動でそれ以上利用されないようにロックがかかることがあるようです。

もしこの自動でのロックが原因で利用停止になっていた場合には、クレジットカード会社に連絡をすれば利用停止を解消できることもあるようなので、この方法も1つの対処法としては考えていました。

ココに注目!

私の場合はこのような対処法を考えていましたが、利用停止が解除されるまでにはすぐに解除されるケースもあれば、数週間後に解除されるようなケースもあるようです。

これはクレジットカード会社によって異なるため、現金化をするときには注意が必要だと対処法を考えている時に感じましたね。

ただいずれにしても基本的に、VISAのクレジットカードではショッピング枠を利用した現金化は禁止されています。

もしクレジットカード会社からショッピング枠を利用した現金化を本当に疑われてしまった時には、強制的に利用が停止されてしまい解除が不可能になることもあるようなので、どうしても現金が必要な時であってもある程度のリスクがあるということを認識してから、現金化を実行することが重要だと言えますね。

VISAで現金化を行う時の業者選びのポイント

現在日本ではVISAのクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行ってくれる業者がたくさん存在していますよね。

私も急な出費があり、どうしても現金が足りなくなってしまった時に、このショッピング枠を利用した現金化を業者を利用して行ったことがあります。

ただ、業者の数が多すぎたので主に3つのポイントを意識しながら業者を選ぶようにしました。

キャッシュバック方式を採用している業者を選んだ

私が意識した1つ目のポイントは、キャッシュバック方式を採用している業者を選んだことです。

VISAのクレジットカードを利用して現金化する業者の中には換金率が高い商品を購入し、それを買い取る形で現金化する買取方式を採用している業者もあれば、クレジットカードを使って購入した商品代金の一部をキャッシュバックの形で現金化するキャッシュバック方式を採用している業者もありそれぞれです。

ただこの中で、高換金率の商品を購入することで疑われてしまい、最悪の場合クレジットカードの利用停止になってしまうことがあるのです。

その確率を低くするためにも、私はなるべくキャッシュバック方式を採用している業者を選ぶようにしました。

換金率以外の手数料がどくらいか調べた

私が意識した2つ目のポイントは、換金率以外の手数料がどの程度なのかということです。

現金化を行っているような業者の中にはホームページなどでは換金率が記載されていることがほとんどですが、実は業者によってはその換金率以外に手数料が発生することもありえます。

もし記載されている換金率の数字が良かったとしても、その他の手数料が高く設定してある場合には、結果的に思っていたよりも少ない金額しか現金化できないということも起こり得るのです。

そのため私は納得できる割合で現金化できるように、手数料が含まれた換金率なのか、それとも換金率以外に手数料が設定されているのであればそれはどの程度なのかをチェックした上で業者を選ぶようにしました。

とにかく長く営業している店舗を選んだ

私が意識した3つ目のポイントは、どれだけの長い期間サービスを提供してきているのかという実績の部分です。

VISAの現金化を行っている業者というのは先ほども話した通り数多くありますが、一般的な企業と同様に利益を上げることができずに撤退するような業者もあるのです。

そのような業者を利用してしまうと、手続きの途中で利用していたサイトが閉鎖されてしまうというようなリスクもあります。

私の場合できるだけそのようなリスクも避けたかったため、なるべく長い間サービスを提供している実績のある業者を選ぶようにしたわけなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

外出しないで手続きができる金策法は他にない

自宅で申込める

インターネットの普及により

  • ネットショッピング
  • ネットオークション
  • フリマアプリ

といった自宅に居ながら買い物ができるといった方法に注目や人気が集まってきております。

もちろんその場に行くことで価値を提供できるものも必要ですから無くなったりはしませんが、どこでも申込みができるというのは金策業界についても変わってきているように感じています。

大きな買い物から、小さな買い物まで、金額を問わずにクレジットカードを使うことによって、さらにそのカードに付随されているポイントも貯める事ができるので多くの人がこのクレジットカードを使って毎日、買い物を利用しています。

では、自宅で申し込みができるクレジットカード現金化とはどうゆうものなのでしょうか?

良い意味でとれば、カードは現金と同様の使い方ができるという意味にもなりますが、これは本当の意味ではないと思います。

クレジットカードではその限度額によって、キャッシングと言ってお金を借りる事ができるのです。

この借り入れは暗証番号を入力するだけで、とても安易に借り入れをすることができるシステムになります。

その為、本人にはあまり借金をしているという感覚もなく借り入れをすることができているのです。
(これが問題ではありますが…。)

ある意味で、現金と同様に使えるようにも思えます。

ただし、このクレジットカードのキャッシングで気を付けたいのが本人に利用しているという自覚が薄れてくると、その借入額が多額になってしまうという事です。

ココに注目!

もちろん収入に比例してキャッシングできる限度額というのが設定されていますので無限に借金が増えることはありませんが、返済金利もあって容易に返済できる金額ではなくなることもありえます。

さて、本題に入りますが前述までのキャッシングとは違って、クレジットカードに備わっているショッピング枠を使って金策をする手段をクレジットカード現金化とよんでます。

自宅のパソコン、スマホから申し込む事ができるので外出することなく完結することが可能です。

  1. お店に何度も足を運んで説明を受けて契約・審査などで時間を取られるという面倒なことはありません。
  2. ネット銀行やオンライン銀行などを利用している方であれば全て自宅にいるだけで振り込までできて、なおかつ支払いまでできちゃいます。
ちょっと待って

ただしそれはこのネット時代特有の手軽さですが、時として犯罪に使われるケースもあるという事は忘れないでください。

左近では情報がインターネット上で簡単に盗まれてしましますので十分な注意が必要になります。

また、返済が滞っている人などにクレジットカードを作成させて、それを受け取るといったケースもあるで気を付けなければなりません。

仕組みを理解し、トラブルの対策をしつつ、自分の返済できる枠内で上手に利用しましょう。

借りたら返す!必ず返済の義務が生じる

借りたお金は返さなければなりません。

返済方法としては、

  • 一括返済
  • 分割払い
  • リボ払い

などそれぞれのメリットもありますが、一括返済以外の返し方を選べば利息が掛かるといったデメリットも出てきます。

その利息額は、私の感覚では高利息となっているので、月々の返済額のうちの数パーセントは利息となっているのです。

その事をきちんと認識してから現金化を利用しなければなりません。

そもそもショッピング枠でお金を手に入れてしまうとキャッシングと違って借金をしているという認識が薄れる人も少なからずいます。

なので、最短で翌月には返済の義務が生じてしまうという事をしっかりと認識したほうがいいです。

クレジットカードを提示するだけでの買い物や換金、そしてクレジットカードを使ってのキャッシングなど、カードにはとても便利な使い方もありますがそれは使い方次第ということです。

まとめ

安易に換金できる分だけ、返済するのが難しくなる。

実際のご収入と返済額の割合を考えないと次の換金を行うようになってしまいます。

そのあたりは事前の返済計画や自己管理が必要です。

グローバル経済でのお金の入手方法

インターネットも今ほど普及しておらず、電話回線を使ってインターネットを利用していた時代が昨日のようです(笑)。

大体のお宅がそのせいで「電話が繋がらない!」っていうこともしばしばあったのではないでしょうか。

そんな懐かしい時代からは考えられないくらい

  • インターネットの高速化
  • ネットの低価格化
  • 掲載電話の普及
  • スマートフォンの普及

によって考えられないくらいリアルタイムでの世界中の情報を入手することが出来るようになりました。

小さい買い物から大きな買い物まで全てがインターネットで完結していしまいます。

そんな世の中だからこそ自宅で全てが完結してしまう方法が出来るようになったのです。

ここで言いたいことは、もちろん家や車もネットで購入出来てしまう時代ですから、お金の調達も可能だという事です。

もちろん、キャッシングなどで振込などを利用すれば出来ない事ではありませんが手間と時間がかかります。

ネット決済のできるクレジットカードを利用して行える現金化であれば即座に自宅に居たままお金を手にする事ができます。

基本的に銀行への振込みという形で現金を業者からお申込者へ移行します。

しかし、通常の口座では銀行業務の時間の縛りがあり、祝日などの連休の場合では数日遅れて自分の口座へ入金されるようになります。

そういった点ではキャッシングの方が店舗へ行けば当日に現金が手に入ることもありますから不便に感じるけど利用する人が多かったことも納得できます。

ですが、このグローバル経済の中で生まれたインターネットバンクといわれるネット銀行を利用すれば休日も営業時間も関係なくリアルタイムに入金が反映されるシステムになっております。

つまり

曜日も時間も気にすることなく自宅に居たまま、ご自身の口座へ入金することが可能になったというわけです。

これは考えるととても凄いことです。

となると俄然クレジットカード現金化の利用価値は上がります。

但し、返済しなければならないということは全く変わりません。

勿論返済も自動引落しなどの手続きをすれば可能です。

支払い方法もカード会社で利用できるものなら全て大丈夫です。

また、利息も同じです。

この条件を応用して考えると、

  • 友人宅
  • 旅行先
  • 出張先
  • 海外

でも利用できるということがおわかりいただけますでしょうか。

どこに居ても利用できるというわけです。

もっというと現在ネット銀行では海外ATMの利用も出来るようになっております。

為替もカード会社で定める数字となりますが、海外のATMで現金が現地のお金で利用できるんです。

世界中どこにいても使えるというのは考えられないくらい便利なことなんです。

このグローバル経済での成長は計り知れませんね。

自宅に居ながら申込む事ができるのはネット銀行だから

クレジットカード現金化を利用するためには、銀行口座があった方が便利です。

もちろんどんな金融機関の銀行口座でも問題ありませんが、一番良いのはネット銀行の口座を持っていることです。

ネットバンクには他の銀行にはない特徴があり、それが現金化にはピッタリなのです。

ではネットバンクでのメリットとデメリットについて考えていきましょう。

まずもっとも大きなメリットは、24時間365日入金が可能という点です。

クレジットカード現金化を利用する人は、今すぐに現金が欲しいという方が多いものです。

現金化の一番の利点は、カードのショッピング枠を現金として受け取れるということなのです。

そしてここにネット銀行の口座が加われば、とても便利な現金調達方法となります。

というのは、メガバンクであれ地方銀行であれ振り込まれた金額が口座に反映されるまでにしばらく時間がかかります。

特に銀行は通常午前9時から午後3時までの営業なので、午後3時以降に振り込まれた金額は当日には反映されないのです。

したがって、もしどうしても現金が欲しくて夕方に現金化を利用したとしても、即日現金を受け取るのは難しいでしょう。

その一方でネット銀行であれば、入金されてすぐに口座に反映されるためコンビニなどで現金をおろすことができるのです。

注意

2019年からモアタイムシステムというのを導入し、全銀ネットにより加盟店は時間に関係なく振込みが即座に反映されるようになっております。

都市銀やメガバンクや地方銀行ネット銀行を含め現在500行以上の銀行がモアタイムシステムに参加しております。

参考サイト

https://www.zengin-net.jp/company/pdf/more-member1.pdf
モアタイムシステム参加金融機関が掲載されているのでご不明な際は検索!

さらに別のメリットは、ネットバンクの手数料は優遇されているケースが多く見られることです。

現金化業者の多くはネットバンクに対応しており、出金に際しても手数料が他の銀行よりも安くなっていることが多いです。

何度も現金化を利用しようと思っている方は、出金の手数料も気になるものです。

しかしネット銀行であれば手数料についてそこまで心配しなくても大丈夫かもしれません。

月に数回までであればATM利用手数料が無料というケースもあり、お得に現金化が利用できます。

加えて現金化業者がネット銀行にお金を入金する際にも手数料が少なくなり、それが換金率に反映されるケースもあります。

一度に得するお金は100円程度ですが、より多くのお金を手にすることができるのであればネットバンクを利用する価値はあるといえるでしょう。

ネットバンクはクレジットカードの現金化を利用する人にとってぴったりの銀行です。

もし今ネットバンクの口座がない方でも、これから現金化の利用をしていきたいと考えているなら、少しだけ時間を取ってネット銀行の口座を開設してはいかがでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする