危ないって言うけど実際はどうなの?本当に使ってはいけないその理由とは

実際の被害は減ってない

被害を訴える人が少なくなっただけで、実際の被害は減ってない

クレジットカードの現金化については以前から問題視されているように、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる行為が法に触れるというのは、すでに周知の方もたくさんいるのではないでしょうか。

社会問題にもなっていることから、クレジットカード会社自体も警鐘を鳴らしていますが、残念ながら利用者が減る傾向は見られません。

クレジットカード会社も現金化をすることにおいては利用規約に違反すると謳っていますから、万が一危険な目にあったり危ない目にあったとしても自己責任となるのは言うまでもありません。

さらに、クレジットカード会社に仮に現金化をしたことが判明してしまった場合、強制的に解約という手段がとられてしまうケースもあるため十分に注意しなくてはなりませんし、利用するには覚悟が必要になるのです。

クレジットカード現金化では、クレジットカードの利用停止という最悪の状態を招くほかにも、悪徳業者に引っかかってしまった場合、クレジットカード決済をしたにも関わらず現金が振り込まれない、実際に振り込まれるであろう金額よりもかなり少ない額が振り込まれたという事例が多発しています。

クレジットカード会社は現金化することは利用規約に反するといっているわけですから、助けてくれるわけはありません。

一定の基準があり、ここの業者は危ない、ここの業者は安心ということが分かればいいのですが、現金化においては残念ながら悪徳業者が多い状況です。

現金が欲しい、ほかでは借り入れができない方が利用されることが多いというのも、悪徳業者が減らない理由の一因です。

一目で危ないかどうかがわかるに越したことはないのですが、それが難しいのですから、しっかりと情報を収集し納得、覚悟をしたうえで利用するしかないのです。

クレジットカードの現金化をおススメするわけではありませんが、現金が欲しい方などにとっては助かる存在である部分も実際にはあります。

ですが、利用にあたってはすべて自己責任であること、仮に何かトラブルに巻き込まれたり問題が発生した場合はだれも責任を取ってくれないということをしっかりと念頭に置いておきましょう。

一時期よりも落ち着きを取り戻しているように思われがちなクレジットカード現金化ですが、水面下ではまだまだトラブルが多いのも事実です。

それくらい、クレジットカードの現金化はリスクが高く、想像できる範囲のトラブルも多いということなのです。

クレジットカード現金化が問題になっている理由

問題になる理由
本人名義のクレジットカードさえあれば、ショッピング枠を利用して現金化ができてしまう時代です。

クレジットカードの現金化という方法で出てくるようになって何年も経過するわけですが、問題視されているのは長年変わっていない部分の一つとなります。

すぐにお金が手に入るというメリットがある反面、大きなリスクを背負っているのも事実です。

クレジットカード現金化が問題視されている理由の一つとして挙げられるのは、クレジットカード会社の利用規約に触れるということはもちろんのこと、負債するということに変わりがないからです。

その時はショッピング枠を利用して商品を購入して代わりに現金を振り込んでもらうことができるのでお得なように感じますが、返済するのは自分ですし、ショッピング枠を利用して現金化をした場合、手にできる現金というのは購入した額よりも確実に少なくなります。

換金率の相場が7~8割ですから、5万円分クレジットカードで購入したとしたら3万5千円~4万円程度の現金にしかなりません。

しかしながら請求される額が7~8割に減るわけではないので、かなりのリスクを背負うことになります。

また、クレジットカード現金化はすでに債務を抱えている人、金融機関等で借り入れができない人などをターゲットにしています。

どこも貸してはくれない現金をクレジットカードさえあれば現金にすることができるわけです。

業者側もそこに目を付けていますから、利率が多少悪くても借り入れるであろうという考えがあります。

実際にそういう方にとって利率が悪くても現金が手にできるということは、利率よりも大きなメリットになってしまっています。

返済能力がない、ほかにも債務を抱えている方は現金化をすることでさらに債務を抱えることになります。

よって、多重債務者となり収入よりも支出や支払いが多くなり、最悪の場合自己破産に陥ってしまうリスクも抱えているわけです。

カード会社にとって自己破産は借りた分、使った分を戻してもらうことができなくなります。

カード会社側にとっても、クレジットカード現金化はリスクが多いため、クレジットカード現金化が誕生して何年も経過しますが、問題が解決されることがいまだにないのです。

現金を手に入れられるため利用したくなるのもわかりますが、利用するうえではこれらのリスクがあることをしっかりと踏まえ、自己責任であるという覚悟をもって利用するほかありません。

クレジットカード現金化の業者を使わないで現金を手に入れられる方法はある?

現金入手法
クレジットカード現金化においては、リスクが高いこと、トラブルが多いこと、社会問題化されているということもあって利用しないでくださいとクレジットカード会社も注意喚起しています。

しかしながら、いまだにクレジットカード現金化という方法ができるということは、悲しいことに利用されている方がいるという事なのです。

トラブルに巻き込まれたくない、最悪の事態を回避したいというのであれば、クレジットカードを使った現金化をしないのが一番に決まっています。

だからといって、現金が必要な方にとってほかの方法があるかといえばあまり思い当たらない、という方もたくさんいます。

ですが、一つだけ、クレジットカードの現金化を使わないで現金を手に入れることができる方法があります。

それはクレジットカードを使って実際に高値で売れる商品を購入し、それを売る方法です。

この方法は運が良ければ元値に近い金額で売れます。

しかしながら、現金化と違うのがいつ売れるかわからないため現金が手元に届く日が未定であること、売れないかもしれないというリスクを背負っているという点です。

そのため、家電製品やゲーム、ギフト券や商品券などを購入し、それらを専門のショップに持っていて売る方もいます。

これなら現金化にあるデメリットを回避できますし、必ず買い取ってもらうことができます。

ただ、ゲームや家電製品については相場もあったりその時の需要などもありますので、査定額が下がってしまうこともあるのです。

悪徳な業者がいて、万が一利用した場合に自分が引っ掛かってしまうという一番危険な部分を考慮すれば、同じクレジットカードを使う方法でも、こちらの方が安心です。

クレジットカードの現金化は利用規約に触れること、最悪の場合は強制解約に至るケースもあること、法的にもグレーゾーンであることから使わないに越したことはありません。

もちろんこの方法は手にしたい現金の額が少ない、今後はこのような方法を利用することはないであろうときには便利です。

しかしながら、高額になる場合や利用頻度が多くなりそうな可能性がある場合は、クレジットカード現金化にしても、クレジットカードで実際に商品を購入し自分自身でショップに持っていて売る方法にしても、購入した額よりも手にできる現金は少ないこと、返済するのは自分であるということを忘れてはいけません。

わざわざ危険だと言われる方法に手を出すようなことは本来してはいけないのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする